信州人の趣味と雑談

三河生まれだが、もう信州暮らしの方がずっと長くなってしまったサラリーマンがのらりくらりと綴る日々生活の与太話

クラウドストレージのバックアップ 2

そんなときに見つけたのが、「cloudHQ」って所。
2つのクラウドサービスを互いに連動させるっていうサービス。

ちょっと考えると、同期させる2つのアカウント情報を入力して同期させる仕組みだというのはなんとなく理解で来る。こういったサービスは個人のアカウント情報が抜かれるのでは無いかと心配になったりするが、そこは割り切って使いましょう。

無題

最初にクラウドを同期させるイメージが表示されるので、この場合、複数アカウントでの複数クラウドサービスを同期したいので右側のサービスを選ぶ。

無題2

クラウドサービス同士の更新の内容は互いの同期なので左側を選ぶ。

無題3

利用出来るクラウドサービスが出てくるので私が使いたかった「box」と「GoogleDrive」を選択する。

無題4

おそらく、ここが大事なところなのだが、双方向の同期を行ってしまうと、どっちがオリジナルなのか訳解らなくなるので私の場合はメインを「box」で同期先を「GoogleDrive」とし、一方通行の同期(One Way Sync)とした。

まあ、5G以上有るので一日や2日では同期されないだろうと、一週間後くらいに確認してみたところ、しっかりと内容は同期されておりました。

その後も更新分は同期されます。

ちょっと私が心配だったのは、このサービスには「有料サービスがあること」です。私の語彙力で読み取った限りでは「同期指定のフォルダが1つのみならば無料」だという。

実際に同期フォルダは一つのみ(もちろんサブフォルダは沢山存在する)で運用しているが、数ヶ月後の今もきちんと同期はされている様子です。

せっかく無料で利用出来るのだからクラウドデータのバックアップとして利用しては如何だろうか。

あと、バックアップに「GoogleDrive」を利用することの重要な理由として、無料の「box」には存在しない、「ゴミ箱」が有るからだ。
この「ゴミ箱」よって、「GoogleDrive」にバックアップしておけば、万が一、「box」で削除してしまっても、「GoogleDrive」でも削除されるのだが、容量の許す限り「ゴミ箱」から復旧が可能になることがありがたい。

クラウドストレージのバックアップ

珍しく、前回からパソコンの記事が連続してる。

「クラウドストレージのバックアップ?」というと変な感じがするが、その通りである。

自宅のPCを2重化してバックアップを取ってという事も当然しているけど、今後の期待も含めてクラウドサービスの運用を色々とやっている。

最近の私がよく使うファイル一式というか、自宅のメインPCのマイドキュメントはクラウドストレージに同期している、その同期先は「BOX.net」だ。

以前は「GoogleDrive」を使っていたけど、以下の様な事が理由でBOX.netへ移行した。

自宅メインPCでのみ利用している分にはPCのバックアップだと思えば何の問題も無いが、それを外出先で使おうとした時、問題が発生した。

GoogleDriveの使い方としては基本「同期」だ。メインPC以外でもデータを同期させて、大事なファイルの複製が沢山出来る。余り気持ちの良い物では無い。
しかも、使い方に問題があったのかもしれないが、同期エラーが頻繁に発生する。別のPCで同じデータを修正したら、同期エラーで同期されないってことが繰り返された。

そんなことで別の再ビスを探していると、WebDAVという仕組みを見つけた。WebDAV(Web-based Distributed Authoring and Versioning)はMicroSoftの開発した仕組みで、歴史は意外と古く2007年頃〜技術としてはあったらしいが、インフラの関係で一般的な利用が出来なかったんだろうと思う。

一言で言うと「WebDav」はhttpプロトコルを使ってWebサーバー上のファイルを直接編集出来るという仕組みだ。

また、マイクロソフトの製品だけ有って、WindowsOSと親和性も良く、標準機能で「ネットワークの場所の追加」や「ネットワークドライブの割当」でフォルダとしてWeb上のフォルダを接続することが出来る。

そうすれば、少々レスポンスの悪さは感じるが、操作性はローカルのHDDと同じだ。

なので、「WebDav」の仕組みを持っているクラウドストレージサービスを探すと幾つか出てくるが、容量など比較したところ「BOX.net」だったと言うわけ。

Microsoftの技術なので当然Microfostも提供しており、それが「OneDrive」だ。こちらは無料だと5Gと容量が小さく、10Gの「BOX.net」を選んだわけだ。
ただ、何故かWindowsでは「WebDav」の仕組みは利用せずに「デバイス毎に同期して利用する」方法を取っている。※設定すればWebDav方式で利用出来る(Win7で確認済)事は解っている。

こうして使うと外出先のPCでもアカウントさえ入力すればファイルをダウンロードせずに自宅PCのマイドキュメントが使えるようになる。これはすごい便利だ。

が、あちこちに複製が無くなった分、バックアップの必要が出てくる。万が一間違って削除してしまうと「BOX.net」上の同期フォルダもPCのフォルダも全部削除されてしまうので危険だ。(有料版だとゴミ箱を利用出来るからお金払えよ!と思うが・・・)


ということで「オンラインストレージのバックアップ」という発想になってくる。
と、長文になってきたのでこの記事は続く。

GHのバッテリ交換

グランドハイエースのバッテリー交換備忘録

4月に購入したけど、以外にバッテリ大丈夫だと、放って置かれた可哀想なバッテリーの交換をした

ATLASBX [ アトラス ] 国産車バッテリー [ Dynamic Power ] AT (MF) 90D26R

6,628円

at-90d26r

AMAZONにて購入


前回は2012/04/08だったんで、4年経過、こんなもんだろう。

グランドハイエースのバッテリー交換備忘録
90D26R アトラス 自動車 用 バッテリー ATLAS
7,480円
at-90d26r

楽天にて購入

ペットボトルの進化

ペットボトルは超便利だ。

調べて見ると、日本での初登場は1983年らしい、私が中学校の頃だ。確かに小学生の頃は近所の団地などをうろついたりしてコカコーラの1L瓶を探しては店に売りに行った記憶がある
確か30円/本だったはずなので、10本空き瓶を集めると300円、小学生にとっては結構な大金だ。

コーラ瓶1L
こんな奴だよ。

話しを元に戻し、ペットボトルだけど、1983年の初登場から、形が変わったり、耐熱容器が出たり色々と技術革新は多くあったかもしれないけれども、「飲み物を飲む」という行動に対してのスタンスは基本的に何も変わっていない・・・と思う。

自販機やお店で購入してフタを開け、中の飲み物を飲み、また蓋をしめて飲み残しを保存する事が出来る。・・・・ というスタイルでしょ?


で、先日電車に乗った際にホームの自販機で購入した水の入ったペットボトルに画期的で人に優しい、しかし極シンプルな仕組みが組み込まれていた。

それがこれ。

IMG_20160904_065534
その空になったペットボトルを家に持って帰ってきて、写真を撮った。


私は乗車後、しばらく経過してからペットボトルの水を飲もうと電車の中でよそ見をしながら蓋を開けていたが、何か違和感が有り、蓋は開くのだが、がなかなか取れない。というか外れない。

強引に引きちぎろうしたが、ちょっとだけ思いとどまり、「何が引っかかったのか?」と調べて見た。

よく見てみると引っかかっているのでは無く、何かが細工してあるせいで、外れないのだ。でもよく見てみると直ぐにその理由は分かった。

それがこれだ!!

IMG_20160904_065550

なんと、蓋が全開の状態で、微妙に固定される様になっているのだ。

この蓋はただ外れないだけでは無く、微妙な角度で止まっているので、口に付けた状態でも邪魔にならない。再びしめるときには違和感なく、閉められる。・・・・・画期的だ!

タダでさえ物を置くところが少ない電車で、さらに揺れる車内で、「開けた蓋の置き場が無い!」という状態を回避してくれる仕組みだ。


気になるのが「一体、いつからこの蓋はあるのか?」となるのだが、調べて見るとこの蓋は「JR東日本ウォータービジネス」が2012年3月に発売した「フロムアクア」で採用した「落ちないキャップ」が初めてらしい。

初ペットボトル発売から30年も経過して初めての劇的進化!?
まさに私が購入したミネラルウォーターが、元祖だったらしいのだが、もう発売後4年も経過しているじゃないか!!

こんな画期的な製品が何故一般的に成らないのか?・・・・がきになるが、大人の事情とか色々ありそうなので、それについては追わないことにした。


もっと普及してくれないかな〜。

上越ハッピーオープン!

7/12オープンして初めての週末だが、HPを見てみると13〜15日迄はタンカーの入港などで休みだったので、本日16日は結局オープン2日目と言うことだ。

4:30オープンの所をタンカーが出港できていないと言うことで7時オープンということで6:30頃到着。まあ、想定内の待ち行列でざっと50台くらいだろうか?
これくらいならけっこう好きなところで釣りが出来そうだとわくわくしながら解錠を待つ。

7時頃になってようやく入れるぞ!!なんて期待しつつ門をくぐり堤防に出ようとしたときになんだか突然の雨と風。

あれ?さっきまで何ともなかったのに・・・・・
IMG_20160717_064303
ほら、何ともない30分前の様子。

堤防に守られていたから風よけだったのか?いいや、そうじゃない様子、本当に突然降り出した風と雨。
先頭に入場していた人々もみんな戻ってくる。

私も雨に濡れながら風に吹かれながらどうしようか考える。あいにくカッパなんか用意してきていないし、傘も無い。夏だと言っても、この天気で濡れれば寒くなるのは必至。

ここでもう少し待つか?それとも返金してくれるというので別の場所で竿を出すか・・・10分ほど考えるが、雨風も収まりそうに無いので直江津港内へ移動。

そのまま結局なにも釣れないまま昼まで竿を出したが気力を失い納竿。

翌日の釣果情報では有料釣り場では順調に釣れていたららしい、痛恨の判断ミスだ。

がっかりと肩を落とす私だった。

特定のデバイスを「有効/無効」するバッチファイル

会社のパソコンで広告などをクリックして不用意に音楽が流れたりして驚いた事はない?
広告のBGMならまだ救われますが、女性の怪しい声なんか流れたら目も当てられません(何やってんだ?)。
とにかく、ブラウザでは何が起きるか解らないので、特に会社PCでは心臓の為にも、音声は出ないようにしておくのがベターだと思います。

まあ、そもそも、パソコンで操作毎に鳴る効果音がするのは好きではありません、パソコンは無音で使いたいのです。

しかし、最近はWEB会議なんかで音声とマイクが必要な事もしばしば有ります。基本的に社用のOCでは音は不要ですが、この時ばかりは必要になります。


なので、音声のオンオフの切換を行いたいのだが、その方法は2つほど考えられます。

1. ボリュームコントロールで音声を停止しておく。
 まあ、これが一般的でしょう。ただ、キーボードでも音量調整機能が有ったりするので、何かの拍子に音声が大きくなる事が有ります。

2. オーディオのデバイスを無効にしてしまう。
 この方法で音声を切っておくと、まず音が出る事はあり得ません。

ということで、以前はWeb会議の度にデバイスマネージャを開いてデバイスのオンオフを行っていたけどこれがめんどくさい。

バッチファイルでも作れば良いんじゃないと思い探してみると「Windows Driver Kit (WDK) 」に含まれる「devcon.exe」というものをコマンドで操作すればいいようです。

もう、本当にどんなマニアックな事でも検索するとgoogle先生は答えてくれます
Gogole 万歳!!

早速WDKをインストールしてこんなバッチファイルを作成。


echo off

rem devcon.exeのパス(OSの64bit/32bitでパス分ける)
@set DEVCON="C:\Program Files\Windows Kits\10\Tools\x86\devcon.exe"

set /p KEY="デバイス「Realtek High Definition Audio」を有効にします、よろしいですか?(y/n)"

if "%KEY%" == "y" (

rem オーディオデバイスの無効と有効
rem Realtek High Definition Audio

%DEVCON% enable "HDAUDIO\FUNC_01&VEN_10EC&DEV_0293&SUBSYS_3265028C&REV_1000"

echo 「Realtek High Definition Audio」を有効にしました
pause

) else (
rem 何もしない
)

いちおう、デバイスを有効にするときは「yes」「no」メッセージで会話形式にしておきました。本バッチファイルの性質上、不意に実行させては困りますからね

また、「DEVCON」を実行する際の引数には有効 / 無効を変更したいデバイスの「デバイスID」という物を指定します。「デバイスID」はデバイスマネージャーで確認することができます。

解ると思いますが、「enable」を「disable」にすると無効に出来ます。

これで一気に便利になりました。あとは洒落たアイコンでも作成してタスクバーに入れておけば完璧
オンオフ


そうそう、Windows7以降でこのバッチファイルを実行するときは「管理者として実行」が必要なので、本体を実行するのでは無く、ショートカットを作り、ショートカットの「プロパティ」→「ショートカット」→「詳細設定」→「管理者として実行」をチェックしておいてください。

この様に管理者で実行しないと何故かパソコンの再起動を要求されたりと、良くわからない動きをします。

ついに「デュアルアクティブ」なスマホが登場!!

結局私のモバイル環境は現在どんなに成っているかというと

「通話専用ケータイ(docomo)」 + 「通信専用スマホ(MVNO)」の2台での運用中。
そもそも、なんで2台必要なのかと言うことのおさらい。

docomoの携帯とメールを利用していて、機種変更時、スマホでも良いかぁ、と思ったが、思った以上に料金が高額だと気がつく。

私がネットを必要とするときに利用する環境として、会社でも家でも常時PCが使える環境なのでスマホで調べ毎をしたり音楽聴いたり動画を見たりすることは殆ど無い。

ということはスマホにすると必然的に発生する月々の6,000円程の通信料は殆ど無駄にされることとなる。なんとももったいない話しだ。

とはいえ、いざというときにスマホの気軽さや瞬発力には魅力を感じている。なんとかして安くスマホを利用出来ないかと言うことの結論が「2台持ち」だ。

そんな中、相次いで画期的なスマホが発売されたらしい。

Xiaomi Mi 5

ASUS ZenFone3


言い方は色々あるかと思われるが、「デュアルアクティブ」という機能を持ったスマホ。簡単に言うと
2枚のSIMカードを同時に待受が可能になる機能だ。これまでも「デュアルSIM」という呼び名のスマホはあったがアレは「2枚のSIMを切換式で運用できる」という物。私が利用しているスマホ(fleaz F4)もこのパターンだ。


具体的に「デュアルアクティブ」なスマホで出来ることはこんな感じだろう。

キャリア(docomo)のSIMを通話専用で利用し、同時にMVNOの格安SIMでデータ通信する。
これはドコモで言うところの「カケホーダイ(2,700円)」を利用しながら、0円SIMを利用出来るという訳だ。

メールだけなら0円SIMの500M制限で余裕なのでキャリア通話し放題でメールもネットも出来るスマホが2,700円/月で持てるという事になる。スマホでの通信に重要性を感じない私の様な人には朗報だ


また、どうしてもキャリアメールを維持したいと言う人はあと300円を支払ってキャリアメールを維持し、送受信はMVNOで行えばそれも可能だ。
※ただ、MVNOでキャリアメールの送受信を行うには面倒な準備と設定が必要となる。


大きな問題として、日本国内では正式な認可が下りていないんだとか。
ただ、外国人旅行者が持ち込んだスマホはどうするんだ?とかが厳しく規制できない分野なので、絶対に使えないと言うことでもない様だが、現時点では並行輸入したスマホをこっそりと使うしか無い状態。

今後の動向が気になるところだ。

家系図を作る(2)

さて、家系図を作るといてもどうするのか?

なにも知らなくとも、「役場で戸籍(証明書)を貰えば家系図を作ることが出来る」ということくらいは解る。
なので、とりあえずは自分の戸籍を貰おうかと思った。
私は愛知県で生まれて、現在長野県に住んでいるので私が掲載されている戸籍は少なくとも二通あるはずだ。
でも、自分が生まれてからの戸籍なんか、別に知っていることしか掲載されていないので必要ないじゃん、だいたい、戸籍を作成して貰うのには、お金も要るし、郵送の手続きとかで、時間も掛かるし今回は取得は止めよう。

とりあえず、親父の生まれた実家が宮崎なので、親父に生まれた住所を教えて貰って、その役場に申請すれば、戸籍を取得することが出来る。

・・・・と思ったんだけど、そんな簡単な話では無かった。

なにやら、戸籍の申請するにはちょっと前までは誰でも申請さえすれば受け取れる物だったらしいが、最近は個人情報流出などを心配してか法律が改正されて、申請時には「直系の家系であることの本人確認が必要」となったらしい。

これが厄介で直系の子孫であると証明するためには私から親父の生家までたどり着く証明が必要となる。自分の免許証だけではダメだ。氏が同じだったって別の家系の場合もあるわけで、免許証は個人の証明になるが、血筋(家系)の証明とは成らない。

何が必要になるかというと、申請する戸籍に掲載されている人間の直系の子孫として私が存在している証明。つまり、私の現戸籍から申請する戸籍までの繋がりを示す戸籍全部だ。

私の生家の戸籍申請には私がその生家から転出した事を証明するために私の現戸籍と免許証などの個人証明を一緒に申請する必要がある。

で、親父の生家の戸籍申請には私の戸籍と私の生家の戸籍を両方同封して申請する必要がある。

そんなことなのでだんだん申請時の同封する書類は多くなるし、以外と申請料金も発生する。

結局、私が申請した戸籍は結局「私」「私の実家」「親父の実家」「祖母の実家」「祖父の実家」「曾祖父の実家」と「高祖父の実家」7件の申請を行った。ちなみにそれ以上の戸籍は無いと言われたのでここまでだったのだが、金額を計算してみると
戸籍謄本 ・・・ 450円
さらに、親父の実家以降は電子化される前の除籍謄本と原戸籍も取得したので
除籍謄本・・・750円
原戸籍・・・750円

・・・と発行の手数料だけで1万円強掛かっているし、全て郵送なので時間も結構掛かった。

こうして集めた戸籍を整理してエクセルに書き写してみるといろんな事が解ってきた。私個人の問題なので細かくは書いても仕方ないが、いくつか知っていた(聞いていた)事実と違うところがあった。
以前から、親父から「祖父は養子だったらしい」と小さい頃に聞いたことがあるがよく調べてみると祖父どころか、祖母も養女だったことが解った、これは新事実だった。
だって、親父も知らなかったという事だった。そして、親父の長兄は祖父の甥だったりと色々しらない事がが出てきた。

他にも私に直接関係の無い話しも含めていろんな事実が色々出てきたが、なんとも昔の家族ってのは今よりもずっとアバウトだった。養子養女も当たり前で、どちらかというと、「血縁」よりも「家系」を重視していたことが良くわかる。

そういえばお袋にも養子と言うか「丁稚奉公(でっちぼうこう)」に出ていた兄姉が居るし。

そんなこんなでエクセルに整理した大量の戸籍情報の中から、今度は必要な部分だけ抜き出し、図にまとめてみると、出来るのがいわゆる「家系図」。

家系図2copy


この家系図に載っている人で一番古い人「高祖母」の生年月日はなんと、
「文政3年(1820年)」

この時代は江戸時代末期なんだけど、1820年というと、坂本龍馬(1836年産まれ)がまだ生まれていない時代となる。
だから、この世代の人たちは晩年(と言っても大政奉還1867年ではまだ47歳)には日本の大変革期である、幕末から明治維新を直接目に見て、体験してきた人という事だ。

そんなことを思うとなんだかロマンを感じますね

スマホでラジオ

先日、「スマホの音楽をラジオで聞ける環境」を作って非常に重宝してる。

Bluetoothでペアリングしたスマホならば、車内に持ち込んでエンジン掛ければそのまま自動接続し、トランスミッタ側の「送る」ボタンで再生可能になる。そして、エンジンを止めるとスマホ側では勝手に一時停止になって接続も切れ、次回は続きを再生できる仕組みになっている。
なので、スマホはポケットやバッグに入れたままでOKなので、思った以上に便利だった。

で、次に思ったのが、音楽は200枚くらいのCDをスマホで持ち込んだが、音楽ばかりでは飽きる。
が、ラジオを聞こうにも移動中はラジオの入りが悪く、チューニングを合わせ直す必要があったり、そもそもトンネルの中では聞けない事が多い。

ということで、今度はなんとか、ラジオチューナーを使わずにラジオを聞けないかを考えた。
まず、標準的な方法として、スマホへRadikoをインストールして配信されているラジオ番組を聞く。もちろん普通に可能だし、AMラジオもRadikoで聞くとクリアに聞こえるし、そもそもチューニング不要で3G回線が繋がればトンネルの中でも聞こえる。

しかし、ラジオを聞くと通信料が発生します。ここがモバイル通信の残念なところなのですが、誰でも通信料を気にしながら映像や音楽を聴いています。
一般的に、キャリアのSIMを利用している人は2G〜5G/月程度の通信制限でやりくりしてるでしょう。私はさらに厳しい0円SIMなので500M/月の制限で運用中。

ラジオのデータ量を調べて見ると50M/h程度なので私の場合、10時間でパンクです。他の人も他の元が多いとはいえ、気にしながらのデータ受信はよろしくありません。

なら、特にリアルタイムでの番組を聴く必要も無いのであれば、自宅Wifiで「録音」しておいたのを、スマホにコピーして持ち出し、再生すれば良いじゃん!!となる。

が、しかし!

スマホ(Radiko)でラジオ録音は不可

だと判明した。

なんでこんなことをするのか解りませんが、激しく不便です。

しかし、さらに調べると、フリーソフト(Radikool)を使い、パソコン上でで予約録音できる事が判明したので考えてみた。
幸い、我が家には殆ど起動しっぱなし(スリープ)のPCがあるのでそれをラジオサーバーとすることにした。

方法はこうなった

(1) ラジオサーバーでRadikoolを常駐させして予約録音。
(2) 録音した音源はクラウドストレージ(OneDrive)へ保存。
(3) OneDriveには同期の仕組みが無いのでスマホにアプリ(OneSync)をインストールする。
(4) OneSyncの同期設定は「Wifiのみ」「ダウンロードのみ」としてやる。

※RadikoolはパソコンのSleep解除も出来る優れもの。

ここまで設定してやるとサーバーで録音されたラジオ番組がmp3データとなってスマホへ自宅で自動的にダウンロードされ、日中は録音したラジオ番組を通信無しで聞くことが出来る。


どうせ、録音して聞くのであれば好き人が出てる番組や面白そうな番組を聴きたいんで、番組調査。
ここ何十年もAM、FMを含めてラジオなんてのは車の中でしか聞いたことが無かったんで深夜ラジオがどうなっているのか全く情報が無かった。

ラジオ番組表を見てみると未だに「オールナイトニッポン」が放送されているの知り、一通り録音してみた。

カーラジオのFM曲から深夜番組が聞こえてくるのは不思議な感じだが、30年ぶりくらいに聞いたオールナイトニッポン。

「岡村隆史」がパーソナリティを勤めた回だったが、意外に面白い。30年前から変わらず深夜ラジオはかなり「ユルイ」です。

もう、テレビ番組は、番組内容はもちろんの事、話の内容まで色々と規制がありすぎるのか本音(っぽい)な話しが無く、全て「演出され、作られた日常」みたいないのに対して、ラジオ番組は相変わらず下ネタや超ニッチな話し、誰も触れないゴシップネタ、など結構何でも有りだ。

ちなみに、この回の岡村は自分を「独身貴族オナニー伯爵」と名乗り、アダルトグッズ製品の話しを淡々としていた。

海外ドラマ その5

最近(と言っても〜2年内)みた海外ドラマ
その5になって、最近見ているドラマになります。

・その5:「秘密情報部トーチウッド」

img_1


・ストーリー

「ドクター・フー」というタイムトラベルドラマのスピンオフ作品。
主人公「ジャック・ハークネス」はドクター・フーの元コンパニオン。彼率いる「トーチウッド」は世の中の謎事件を担当する秘密組織が毎回解決する様々な事件の様子が描かれたSF・ミステリー作品

・SF&ミステリー
・ストーリーの連続性は基本的に無し。
・シーズン1〜4

初めて見たBBCの番組だ。
私は英語が話せるわけでは無いが、こうして吹き替え版を見てみるとハリウッド映画とかで出てくる、いわゆる「イギリス訛り」が良くわかる。
イギリス英語ってのはアメリカ英語と違ってひとつの単語をはっきりと発音するような感じか?

特に、「I can't」の発音が気になって仕方が無い。

私達が習ったのは「アイ、キャント 〜」

しかし、ドラマ中だと「アイ、カント 〜」

てな感じで、最初はなにかふざけるのかと思った。アメリカ映画で「おまえ、イギリス人だな」なんていうのが良くわかった気がした。


さて、ドラマだが、まず設定が普通で無い。
まず、主人公の「ジャックハークネス」はゲイだし、それよりもとても気になったのがヒロインと思わしき人物の「すきっ歯」。
ハリウッド映画だと考えられないような人選だろう、見ていてそればかり気になってしょうがない。

LowCostドラマだから仕方なくギャラが安い女優を使っていたんだろうと思っていたが、次に紹介する同じくBBCドラマ「ドクター・フー」でも「あれ?」「アレ?」という様なヒロインが抜擢されているのを見ると何らかイギリスの慣例なんだと気がつく。

ドラマのヒロインの彼女たちを美人とみるのか?個性的とみるのか?あるいはちょっぴり不細工なのか、設定が全く解らないが、これがイギリスBBCなのだろう。

本編ドラマ「ドクター・フー」を見る前に此方を見てしまったが、特に問題無し。ドクターとは一体何なのか?という期待が膨らみつつ、ドラマを楽しめる。

ラブシーンや、グロテスクなシーンが結構多い大人向けのドラマなのだが、見ていてもそんなに不快感は無い。

家族で見るべきドラマじゃ無いが、これもオススメだ。

FMトランスミッター

自動車にに最新のオーディオやナビゲーションが付いていれば起こることのない悩みがあった。

社用車に乗る機会が結構あるんだけども、AMラジオとFMラジオが聞けるのみだ。まあ、当たり前なんだけど、以外と具合悪い。
特に長距離を乗ることが多い場合、尚更痛感する事がある。

まず、トンネルの中ではラジオは聞けない、AMラジオは結構聞けたりするんだがFMはまず聞けない。
他にも山の中では電波が届かなく、チャンネルを合わせてもザーザーだったり、全然入らなかったりする、聞けるようになった頃には聞きたかった話が終わっていたりと、ストレスだ。
チャンネルを変えたり、イチイチチューニングしたりが煩わしいのでいっそのこと聞かない選択もある。
そう、音楽でも聴いていれば良いので有る。

しかし、CDプレーヤーもないような車、音楽もも聞けないのでスマホに入っている音楽流してみたり、ネットラジオを再生したりとしてみるが、スマホのスピーカーではなんとも聞こえが悪い。

で、そんな時に登場するのが「FM トランスミッター」である。

ああ、まずは「FM トランスミッター」とはなんぞや?という話しから。
一言で表すと「或る音源をFM帯域の特定の周波数に変換する機器」となる。

今回の話しで行くとスマホの音源をFM電波に変換すると車側ではFMラジオを使ってその音源を受信する事が出来る。そう、自動車の中で非常に弱い電波の個人FMラジオ局が開局するわけ。

もう、10年も前から有る技術で、オートバックスやらに売っていたし、この機能が搭載されたケータイも合ったはずだ。じゃあ、何が今更かというと、以前に比べて圧倒的に「安くなった」ことと、「Bluetoothに対応」したところが購入動機になった。


昔のBluetooth機能が無い場合、こうなるわけだ。

「スマホ」→「イヤホンジャックケーブル」→「トランスミッター」→「12V電源(シガーソケット)」

しかし、Bluetooth機能があると

「スマホ」  〜無線〜  「トランスミッター」→「12V電源(シガーソケット)」

となる訳だ。
トランスミッタはシガーソケットへ常設してしまえば、スマホを車内に持ち込んで音楽の再生するだけで、カーラジオからスマホの音源を聞ける訳だ

トランスミッタがスマホとBluetoothで繋がっているのでトランスミッタ側での曲飛ばしや、繰り返し等の再生コントロールする機能も有る。
私には不要だが、ハンズフリー通話する機能も大抵の機種には付いている様子だ。

他にも、スマホが音源なのでネットラジオも聞けるし、Youtubeの音楽も再生できる。


こんな機器が1,000円ちょっとで購入出来るんで、同じ様なことで困っている人が居れば是非、買いだ。


ちなみに、こんな奴

imgrc0066808276


と全く同じなので、バッタ品かOEMだと思う。


商品説明のメモ書き残し-------------------------------------


BESTEK FMトランスミッター bluetooth
ワイヤレス式 usb充電機能搭載
シガーソケット 12V 24V
車載用 FM transmitter BTBC06BK

BTBC06

販売価格\2,680

製品説明
・ 本製品は車用FMトランスミッターです。BluetoothとFM送信により、カーステレオスピーカーにてスマホ・iPadの音楽を楽しめます!

・ オーディオケーブルやUSBフラッシュメモリを通じても、対応可能です!

・ シガーソケットUSB充電機能搭載、USB2ポート出力0〜2.1A、スマホ・iPadなどの電子機器に充電できます。

・ 内蔵マイク搭載でハンズフリー通話可能です。ハンズフリーなので運転中の通話も安全にできます。

・ 12V/24V車用。 ※製品保証期間:一年間 無料交換期間:一週間

製品仕様
FM送信周波数:76.0~90.0MHz
Bluetooth仕様:Version 2.0+EDR
対応プロトコル:A2DP
送信距離:最大2m
出力端子:充電用USB端子×2(最大5V/2.1A)

操作手順

1、本製品を車のシガーソケットにしっかりと差し込みます。
本製品のLEDが赤色に点灯します。
※接続不良のないように、シガーソケット内のゴミ等を必ず取り除いておきます。

2、本製品の電源スイッチをONにします。
ディスプレイには「HI」「bt」と表示され、その後、現在本製品で設定されているFM周波数が表示されます。
自動的にBluetoothペアリングの待機状態になります。本製品がBluetooth接続待機状態になると「パポッ」という音が鳴ります。

3、ご使用のタブレットやスマホなどの取扱説明書をご参照の上、ペアリング操作を行い、登録及び接続をしてください。
「BC-06」という名前で本製品が表示されるので、ペアリングを行ってください。また、必要な場合は、パスキーを入力します。
本製品のパスキー(PINコード)は0000です。
ペアリングに成功すると「ピポッ」という音が鳴ります。
ペアリングに失敗した場合は、本製品の電源をOFFにして最初からやり直してください。
※一度電源が途切れるとBluetoothの再接続とミュージックプレイヤーの操作が必要になりますのでご注意下さい。

4、本製品周波数を調整します。
本製品の終話ボタンを長押ししてください。
本製品のディスプレイに表示されたFM周波数のデジタル表示が点滅します。
本製品の「+」「-」で周波数を調整してください。


家系図を作る

さて、私は40半ばのいい年で、両親は健在だが、祖父祖母は全滅しております。
まあ、そもそも私が生まれた40数年前でさえ、既に母方の祖母しか健在ではありませんでした。
最近、当たり前ですが両親も年を取ってきたんで、聞いておかねばならない事は生きてる間に聞いておかないと、二度と聞けなくなってしまう事がまだ有るんじゃないのか?と思い、自分に関する自分の知らない事を両親が生きている間に整理したいと思い始めたんだ。

実家を離れ、両親とは年に数回しか会わないんで尚更である。

そんなことを考えるようになって最近、親戚について考えてみた。

私はお袋の実家の近くで生まれ、盆暮正月と母方の親族と毎年過ごしていた。もちろんそれは現在でも、世代は少しずつ変わってきたけど、ずっと続いている。


それが不思議なことに、父方の親族はどうなのか?と聞かれるとさっぱりだ。

もちろん理由はある。それは父の生まれは九州は宮崎の出身なのでそもそも父方の親族とは会った事がない人ばかりなのだ。

自分の記憶を辿ると親父の親族で記憶にあるのはおじさんおばさんが2〜3人と従兄妹が2〜3人くらいだ。
それも1〜2度会っただけなので、再会しても解らないだろう。

よく考えてみると現在の親父は知っているがその生まれ育ちなどの素性を全然知らない。祖父、祖母の名前はもちろん、親父の兄姉が何人居るのか、あるいは居たのか?も不明。

「どげんかせんといかん」

ということで、親父のルーツつまり、私の「姓」のルーツを調べようと思い立ちました。そこで一番解りやすいのが「家系図を作ること」だと思い、それについて調べてみる事にしました。

つづく。

海外ドラマ その4

最近(と言っても〜2年内)みた海外ドラマ

その4:「ウォーキング・デッド」
2d16698f4c686fc3925b329aead59d62


・ストーリー
『ウォーキング・デッド』は、ゾンビによる世界の終末を迎えた後の物語であり、荒廃したアメリカ合衆国で安住の地を求めてアンデッドの集団から逃れつつ旅をする少人数のグループを描く。
ゾンビが大発生する前はジョージア州の小さな町の保安官代理をしていたリック・グライムズが率いるグループは、社会が崩壊した世界で、ウォーカーの恐怖、グループ内の力関係の変化、そして自らの生存だけを考える数少ない生き残りの人間たちに直面する。〜Wikiより

・シリアス&ミステリー
・ストーリーの連続性アリ
・シーズン1〜6〜

物語自体がミステリーという典型的なミステリードラマ。

何故、周りがみんなゾンビになっているのか、原因が分からない。通信手段もないので世の中がどうなっているのか?全くの不明。
そんな状態で、生き延びるためにゾンビ達と格闘して・・・・というドラマ設定だったが、途中からはゾンビは結構どうでも良い物となってきた。

群れで居れば恐ろしいゾンビも数体でのゾンビならば動きも遅いため、たいした敵では無い。それよりも、ゾンビによって分断された人類の各々の小さなコミュニティ達が恐ろしい。
途中からはゾンビドラマというよりはヒューマンドラマとなっており、人間の持っている優しさや恐ろしさなどが描かれる。

さらに、主人公リックは極めて善人なのだが、物語が続くに従ってその思考もだんだんと変化してくる。自分が生きるため、それよりも自分のグループの仲間を守るために平時では考えられないような行動を起こし始める。

まあ、最後はどうなるんだろうか?いつものぶった切りパターンだろうが、上手くまとめて欲しいね。

海外ドラマ その3

最近(と言っても〜2年内)みた海外ドラマ

つまらなかったドラマは途中で見るのを止めているし、記事にしても仕方が無いので書かない事にしたが、なんとなくだらだらと見てしまったんじゃん!というドラマ

その3:「ボーンズ」
8e01fa7a643a42df6310a24bf8dd2241


・ストーリー

「ボーンズ」と呼ばれる女性法人類学者テンペランス・ブレナンを主人公に、現場に残された被害者の“骨”から証拠を見つけ、事件を解決に導いてく姿を描く。原案は法人類学者で作家のキャシー・ライクス(英語版)で、主人公のモデルでもある。〜Wikiより

・シリアス&ヒューマン
・ストーリーの連続性は基本的に無いが、登場人物と環境が成長変化してゆく。
・シーズン1〜10〜

これといってドラマチックな出来事は無いような気がするけども、なんとなく見てしまうドラマ。おそらく、ちょっとひねくれた天才法医学者のボーンズとブーズとの関係やその他の人々との人間関係が楽しいのでは無いかと思う。

実際にドラマで行われている事(技術的なこと)はスゴいんだろうが、作業自体が室内での調査だったりと地味なんですよね。

それでもシーズン9まで見てしまった。

海外ドラマ その2

最近(と言っても〜2年内)みた海外ドラマ

その2 : 「ウエアハウス13」
warehouse_13_s34


・ストーリー

政府が極秘裏に収集した超自然現象物を保管する倉庫、ウェアハウス13に派遣されたアメリカ合衆国シークレットサービス捜査官のピート・ラティマー(エディ・マクリントック)とマイカ・ベリング(ジョアンヌ・ケリー)の活躍を描く。
倉庫はサウスダコタ州の辺境にあり、初めは二人は自分たちが左遷されたものだと思う。しかし遺物を探索し、回収するにつれ、自分たちの仕事が重要な物であると認識していく。〜 Wikiより

・シリアス&コメディ
・ストーリーの連続性は基本的に無し。
・シーズン1〜5(Finall)
 ※シーズン5の日本での公開無し


設定などは違うものの、毎回、まか不思議な事件・事故を解決するという点では「ユーリカ」とよく似ている。
「ユーリカ」が町の中だけの閉ざされた事件・事故に関する話しであるのに対して、こちらの場合はアメリカ全土、ひいては世界中の事件を解決に廻る。


また、ウエアハウス13のメンバー「クラウディア」はシーズン4の第5話に登場するし、逆に「ユーリカ」の「ファーゴ」も「ウエアハウス13」のシーズン2の第13話に登場します。
こういったのも多くのドラマを見てると解って面白い。

ただ、最終シーズンが見れていないので、なんとも見たいのだが、ドラマを見るほど英語が堪能では無い。誰か字幕をくれないか?

海外ドラマ その1

海外ドラマも結構コンスタントに見ているんだけど、見てて楽しかったドラマを忘れないうちにその感想を。

その1 : 「ユーリカ」

eureka1-2

・ストーリー

アメリカ合衆国太平洋北西部の街、ユーリカ(オレゴン州)は、全米から優秀な人材を結集させた街である。このため、この街の住人のほとんどはグローバル・ダイナミックス研究所(以下、GD研究所とする)に勤務する優秀な科学者とその家族、関係者であり、過去50年間の主だった技術革新の発展の全てに、GD研究所で行われている先進的な研究が関与していた。このため、この研究所の存在は政府により極秘とされ、ひいては、ユーリカという街自体が地図に載らない街となっている。 〜Wikiより

・シリアス&コメディ
・ストーリーの連続性は基本的に無し。
・シーズン1〜5(Finall)

このドラマは「ユーリカ」という、天才ばかりが住み、町では極秘に最先端の研究が行われているという設定なのだが、その実験がハチャメチャ。

地震発生装置だったり、生体の複製技術だったりと超ハイレベルな研究のくせに担当者は一人だけだったり、実験方法が酷く適当だったりと起こるべくして起こる事件事故。

この町に迷い込んだFBI捜査官の「カーター」は、いわゆる「天才」では無いのだが、独自の感性で困難な問題を解決する才能を認められ保安官に任命され、毎回問題解決してゆく爽快なSF作品。

アメリカドラマ特有の家族愛なんかも違和感なくきっちりと含まれており、見てて楽しかったです。

オーブンが壊れた

デロンギの「EO1258J」ってなオーブンが使えなくなった。

古い記事によると2010年6月に購入している様なので、ちょうどまる6年使ったことになる。ちょっと早いかな。
原因はフタのスライド部分が汚れて、重くなり、無理に開け閉めした結果、金属疲労がたまり折れたとい感じ。
IMG_20160528_162044


まあ、壊れるんは解ってはいたけども、ついに扉が外れちゃった。半年ほど前から扉の支えが曲がってしまい、きちんとオーブンの庫内が密閉出来ない状態で使っていた。効率悪いのは解っているが、めんどくさいのでそのままの利用し続けていたが、ついにご臨終。

ということで新しいオーブンを探してみる。

この「EO1258J」ってのはなかなかのオーブンで筐体はそんなに大きくないが、30cmのピザが焼けるようにオーブン自体がこんな風に変形している。
1258a
後ろが丸く出派っており、見た目よりも奥行きが深くなっている。 またピザストーンなんてのも付属していて、事前に焼いておくことで、短時間でピザをかなり綺麗に焼く事が出来る。
51CVlVXiBQL

と言うことでかなり気に入ってたオーブンなので同等の製品を買いたいと探す。
しかし、30cmのピザが焼けるサイズのオーブンを探してみるが、実は30cmも有るサイズのピザを焼けるオーブンは殆ど見つからない。
見つかるのは、新興メーカーが作っている怪しいピザ専用オーブンが幾つか出てくる
img10374168897

04280124_553e62afb0fec


さすがにこんなのには手は出せない。

他には、色々と調べてみると例えばタイガーの「KAS-V130」あたりはカタログ上では庫内サイズが「32.5×27.0×10.0」となっているが、あるブロガーの記事に因るとデロンギのピザストーン(295Φ)を入れてもフタが閉まるという報告があったので、いくらか余裕のある場合もあるようだ。

ただ、上記機種の「KAS-V130」は高さが100mmしか無いため、パンやケーキが焼けないために却下。他にもツインバードの「TS-4117B」など良さそうな物は幾つか出てくるが今度は高さが200mmと高いためにパン焼とか、揚げ物の暖め直し等の「ちょい焼き」には余熱に時間が掛かる為、無駄時間が多いというジレンマが出てくる。

結局はこれまでの使い慣れたデロンギの機種に戻ってくる訳で、デロンギで今購入できる「EO1258J」の後継機種にあたる物で購入可能な商品を探してみると2点有った。
次モデルの「EO1490J」と最新機種の「EO14902J」である。
3世代のスペックを比べてみると
    EO1258J EO1490J EO14902J
外形寸法
(WxDxH)
460x375x255 480x360x240 500x400x255
庫内寸法
(WxDxH)
310x300x130 310x310x130 305x300x140
重量 5.3kg 7kg 7kg
庫内容量 14L 14L 14L
定価
実売価格
27,715円
- - - -円
36,000円
24,000円
41,800円
34,000円

ということで、ここでの10,000円の価格差は大きいと思い、結局「EO1490J」を購入したのでした。

デロンギコンベクションオーブン「EO1490J-W」

排水トラップを壊す

先日、乗用の草刈り機で風呂から繋がる自宅裏の「排水升(トラップ)」を盛大に壊してしまった。
もう、フタは粉々で見る形も無く、当然それに繋がる塩ビのパイプも割れてどうしようも無い状態。

実はこれで二回目で前回は別の場所の点検升を割ってしまったのを好意で直して貰った経緯があるのだが今回はなんとか自力(実費)で直そうと考えた。

安いんであればTVCMでおなじみの「暮らし安心クラシアン♪」とか頼んでみようかと思ったけれども、金額は基本料金が8,000円〜となっており、材料費等を含めると1万円でおつりが来る事はありえなく、思った以上の金額になりそうなので自力での修理を検討。

IMG_20160522_113340


割れたトラップを掘り起こしてみるとこんな感じ。
直径200mmの塩ビ管なので、修理に必要な物を想像すると以下の3点

・延長パイプ
・延長用の継ぎ手
・点検用のフタ

とりあえず、材料を探しにホームセンターへ出かけてみる。しかし何店かホームセンターを廻ってみたが、このサイズ「200Φ」の塩ビ管は販売していない。
仕方が無いのでいつもの通販で探してみる。一体幾らくらいする物なのか解らないので取り合えず見積を取る。

これが意外に高価で
・延長パイプ ・・・ VU200 φ216x7.0 L=300 1本 2,180円
・延長用の継ぎ手 ・・・ VU200用ソケット 1個 1,490円
・点検用のフタ ・・・ VU200用排水桝用フタ 1個 2,270円

ここに梱包料と送料が1,230円加算されて全部で「7,170円」となった。
塩ビ管、20Φ前後の細いのはスゴく割安に感じるけど、これだけ太くなると意外に高いのね。

仕方ないので注文して、商品をマツ。

IMG_20160522_113344


やってきた商品はこんな感じで左から継ぎ手、VU管、フタとなる。


まあ、ここは排水とはいえタダの点検口で水が流れるわけでも無く、作業自体はシビアになる必要も無く、塩ビ管専用の接着剤で接着、ただ、接着剤の乾くのが非常に早く、大きなサイズの接着には向いていないと思われ、接着剤の選定は間違えたと思う。

今度は草に埋もれた点検口を見失わない様に背を高くしておいた。これで間違って削ってしまう事も無いだろう。
IMG_20160522_114542



掛かった費用は部品代が上記の7,170円と接着剤が300円ほど。他に割れた塩ビ管の口の形を整えるのにグラインダーで削って(切って)いる。

もう壊さないようにしなきゃね。

諏訪大社の御柱祭

話しは前後してしまうが、こないだの潮干狩りの帰省の際、高速道路を走っていると「諏訪」という文字が見えたため、反射的に高速のジャンクションを諏訪方面に曲がっていた。

そう、もちろん諏訪大社に建てられたという御柱を見にいくためだ。
ちょうどこの日は5/6で、昨晩のTVで散々やってた
「建御祭が行われました」
というニュース。

7年(実質6年)に一度のお祭りだし、次は見に来る気分になるか、今のタイミングを逃したらこの雰囲気を味わうことは一生無いかも、と思ったら勝手に車を走らせていた。

とはいうものの、ニュースは小耳に挟んだだけだし、御柱祭を見にいくのは初めてで、何がどうなっているのか見当も付かない。とりあえず、建てる(た)柱は何本か有って、「なんとか宮」って所には一番太い御柱があると言うんでとりあえず、自動車のナビで適当に調べるとあります。

「諏訪大社 (秋宮)・・・が。

と、いうことで、岡谷インターを過ぎ、諏訪ICを降りて諏訪大社下社へ向かう。
意外と車も空いており、簡単に駐車できた。
(祭りがあったのは昨日だから、さすがに翌日は空いてるな〜)なんて思いながら鳥居に向かう。
IMG_20160506_105055

おお、荘厳な鳥居だ。

しかしこっちを探しても、あっちを探してもあれだけテレビで放送していた柱が存在する気配すら見えません。あんだけ大きいんだからどこからでも見えそうな物なのに、おっかしいなぁ〜〜〜

ということで、お守りを頂ける巫女さんに聞いてみると

下社の建て柱は5/16ですよ。

・・・???と。

さらに、「昨日のニュースで柱建ったのやってたよ」と聞いてみると、

昨日(5/5)の建て柱が行われたのは上社です。

と、私もここでようやく気がつきました。諏訪大社には上社下社とそれぞれに2社のお宮がある事が。

ここで、私が知らなかった大事な要点を整理してみましょう。

(1) 諏訪大社は上社の「宮前」「本宮」と下社の「春宮」「秋宮」と四つの境内から成り立っている。
   (さらに、上社下社は直線で10km以上離れたところにある。)

(2) その4の境内をそれぞれ取り囲む様に4本の御柱が建てられている。
   (4 x 4 = 16本の御柱があるという事)

(3) 上社下社で御柱祭の日程も異なる。

と言うことである。
これらのことを全く知らずに来た為この様な勘違いをしてしまった。ただ、下社をお参りしてこのまま帰るわけには行かない。といおうことで上社の場所を探してみるとなんと諏訪インターの脇ではないか。1時間ほど前に降りたインターである。

諏訪大社


仕方ないので、そのまま諏訪インターへ向かい、なんとか空きのあった駐車場へ車を停め、本宮に向かう。

下社とは雰囲気が違う、昨日の祭りの片付けをしているのか氏子と思わしく人々が大勢後片付けをしている。
IMG_20160506_113507


おお、やっとたどり着いた下社は本宮、向こうの方に御柱が見えるでは無いか。・・・と近づいてゆくと、神主さんの様な人を先頭に説を作りなにやら神事が執り行われてなわれている。
さらに下社には居なかったテレビのクルーたちもあちこちで待機していた。まだ何かあるのかな?
IMG_20160506_114209

昨日の建て御柱で終わりというわけでもないんだな〜と思いつつ、本殿を見てみる。

此方も何らやら神事が・・・。
IMG_20160506_114631


とりあえず、私達がみた御柱は本宮の「一の御柱」という物のようだが、これを16本、全部拝むとなると丸一日で足りるかどうか?
3c6ff2477392983a4c649d4d1a3608cb


私達には実家に帰るという目的があったんでとりあえず一本の御柱を見たことで満足して旅路を進めました。

恒例の潮干狩り

今年の潮干狩りは何処へ行こうかずいぶんと悩みました。
なにせHP上の噂を見てみると「不漁」「捕れない」という内容がとても多かったからです。

さらに今年も長野からみんなを連れてくるので、捕れなかったら皆大変。

ということで、吟味に吟味を重ねた結果、ギリギリに決めたのが衣崎海岸となりました。
少なくとも「捕れる人は捕っている」らしいです。なんとかなるでしょう。

当日、私は豊田市からの出発ですが、意外に23号線が混むので家を6時45分頃とちょっと早めに出かけました。すると道はスイスイで、8時前に現地到着。
駐車場には車もまばらだったので、私の車を含め数台の駐車場を確保。皆の車を並べて停めることが出来ました。

到着ビールや昼ご飯などを食べつつ、待って、気がつくと10時頃には結構な人が海へ出ていました。なので私達もそろそろ海へ出漁。

途中経過は省くけど、終わってみればいつもの大漁です。

私の家族3人で50kg〜60kg位の収穫だったでしょうか?
一家族ででこれだけ持ち帰るとさすがに漁業規定違反なのですが、我々団体の皆で収穫したアサリは 人数 x 収穫可能量には遠く及ばないと思います。
なので、我が家の収穫の多くを初心者の家族へそれぞれお裾分けの終了。

皆楽しんでもらえたと思います。

11-05-05_01

こんな感じで衣装ケースなどを総動員して砂抜き。

11-05-05_02
また写真の撮り忘れ。

帰りには皆と一緒に「スーパー銭湯ふろ屋」へ寄ってから豊田へ一足先に帰宅。

皆はこのまま長野までのロングドライブ、気をつけてください。



ところで、アサリの収穫方法の最大のポイント
アサリは足で探します
アサリの少ない所では掘り続けてもなかなか居ないし、小さいのが要るところには、小さいアサリしか居ないことが多いです。なので、小さいのがポツポツ有るからと要ってポツポツ採り続けていると2時間経っても、小さいアサリで規定収穫量の網一杯になるのがやっとです。

まともに2時間も潮干狩りをすると酷く疲れるので、ある程度効率よく仕事をしないと、疲労で帰りに事故してしまいます。

居るところには居ると思いますので、「アサリプール」を探しましょう。
特に、初心者を連れてきてその家族の分も採る必要がある場合などは大漁を目指して足で稼いでください。

では。

備忘録として
・ソリは沖からのアサリの持ち帰りに必須

5/7:衣崎海岸
出発:6:40
到着:8:00
干潮:12:13
現地発:15:00

旬のタケノコ

今年も愛知の友人から立派なタケノコが沢山送られて来ました。

早速調理!っていうか、下処理。
タケノコは出来るだけ早く下処理をしないとえぐみが出てきます、えぐいタケノコは何してもえぐい。ちゃんと下処理したつもりでも、たまにえぐみが残る時もある。失敗なのかタケノコ自体の差なのか良くわかりません。

さて、大量のタケノコ。まずは茹でます。
IMG_20160411_190800
この鍋写真じゃ良くわからないけど、φ40cmも有って結構デカい。

途中経過は無く、瓶詰めの出来上がり!!
DSC_00101


またこれで一年間タケノコのお世話になる事が出来ます。

ガラホを買った!(その2)

さて、ガラホ(SH-06G)。どう使いましょうか?

(1) ガラホは通話のみで(モバイル)通信をしないので、APNの設定で「spモード」を削除してしまう。これでパケット漏れで請求されることは無い。
※モバイルネットワーク設定で「データ通信を無効にする」事も可能だが、そうすると何故か(2)のテザリングデータ通信が出来なくなるのでこちらは変更しない。

(2) それでもインターネットに接続する必要が時折あるはず。その場合はbluetoothを使った「逆テザリング」。テザリング出来る別のネットに繋がったスマホ(あるいはPC)を準備してSH-06Gをbluetooth接続でネットに接続させる。

(3) メールはdocomoメールを含めて、Gメール、その他メールはもう一台のMVNOで利用しているスマホを持ち歩いているので、そちらで運用。

この様に利用すればガラホでもスマホとの2台持ちでは有るが、私的にはこれまで通りの運用が出来る事になる。

上記の中で(1)、(2)はシャープHPのスペック上、ネットの情報では出来ると言うのだが、実際に出来るかどうかは現物を確認するまでは分からなかった。

まず(1)。これは何の心配も要らない、アンドロイドの設定として普通に削除出来た。


で、(2)の逆テザリング。これはネット上にも情報がほとんど無く、出来るのか不安だった。


まず、子機(SH-06G)でbluetoothの設定をオンにする。

で、テザリング親機としてのスマホ(FLEAZ f4)側でbluetooth機を探すとSH06Gがあっさり出てくる。
Screenshot_2016-04-11-14-20-17


ペアリング設定し、スマホで、bluetoothでのテザリングを行う設定にしておくとSH-06G側でも「インターネットアクセスに利用」のチェックが出てくる為、これをチェック。
Screenshot_2016-04-11-14-17-17


それで無事に繋がり、LINEのダウンロードも出来た。もちろんインターネットも普通に繋がる。
Screenshot_2016-04-11-14-17-36


残念ながらspモード接続で無いので、ドコモメールやアドレス帳などは使えないが、他の野良アプリなんかをダウンロードするには便利そうだ。

他に、棚からぼた餅機能として「PassNow」っていうアプリでガラホとスマホのお互いの通知領域の内容を共有することが出来る。ただ、bluetoothを使うのでテザリングとは同時には出来ない様子。

これで、スマホに来たメールをガラホでも通知のみは受ける事が出来る。



・・・・と言う方法でガラホからは余分なパケットが出ることは無くなります。

ただ、念のために「パケホーダイ・ダブル」には加入したままで372円/月を支払っております。
完全にゼロ円を確証が出来れば解約も良いけど、まあ、保険でこの程度は支払っておいても良いかね。


ガラホを買った!

ガラホを購入!!っていうか、2年縛りを人質に無料で貰った。

実は突然に携帯電話が起動せず、壊れてしまったんで(バッテリの問題でも無く、本体の問題の様子)ネットでポチッと携帯電話(ガラケー)を購入した。
それがシャープ製の「SH-07F」って物・・・これは本物のガラケーで、スマートフォンでは有りません。

これ「ガラケー」の手続きをしている最中に色々調べてみると・・・・っていうか、ネットで購入後、故障修理にドコモヘ行ったときに気がついたんだけども、2年縛りすると、「ガラホ」ならばいわゆる実質ゼロ円で購入できるんだと言うことに気がついた。

その前に「ガラホ」ってなんぞや?

※「ガラホ」・・・スマートフォン(いわゆるスマホ)を構成する部品、OSで構成された従来のガラパゴスケータイ(いわゆるガラケー)に似た形、操作性、機能を持った機種の事で「ガラケー + スマホ」


ということで、ネットショップで「ガラケー」を一台購入しているのにもかかわらず「ガラホ」を注文してしまった。

機種はやはりシャープの「SH-06G」っていう奴です。


ところで、なぜドコモはタダでガラホを販売しているのか考えてみました?もちろん以下の様な理由があります。


ガラケーで私のようにメールしか利用しなく、そのメールも写真などの添付ファイルを見ない人はデータ通信料は「パケホーダイ・ダブル」の最低料金372円で運用していると思います。


それをガラホに変えて貰う事により、全員が必然的に皆MAXの4,200円を支払うことになります。


そのカラクリは?・・・・・

まず、ドコモ店頭で「ガラホは中身はスマホなので勝手に通信することがありますので、「パケホーダイ・ダブル」に加入してくださいと言われる。

で、初月請求にはインターネットも、LINEもやってないのにもかかわらず通信料金は天井金額の
「4,200円」になっている。何故かって?

「パケホーダイ・ダブル」が天井金額の4,200円になる為にはデータ容量は「52,500パケット以上のデタ通信をした時」とある。

この「52,500パケット」 なんだかスゴく多い気がするが、これを一般的なパソコンで使う容量に変換すると

52,500パケット = 6.4Mbyte

なんと、たったの6.4Mの通信をすると天井金額に届いてしまうんです。


そりゃあ、LINEのダウンロード&インストールで18Mbyte位だったので、「ちょっとLINEやってみようか」と、一回でも利用したなら全員MAXです。(そもそも、機種の売りであるLINEがインストールされていないのには悪意を感じる)

また、LINEダウンロードしなくとも、各種アップデートやダウンロードでおそらく一ヶ月後にはMAXダと思われます。

ただ、この契約では、それ(4,200円)以上の通信料が請求されることは無いのでスマホの利用料金の「6,000円」に比べると多少良心的とも言えます。LINEするだけで4,200円/月は高いと思うが・・・。


つまり、「ガラホ」は使い勝手や機能がガラケーとスマホの間の両と言う意味だけではなく、「料金体系そのものがガラケーとスマホの間」・・・というかスマホの高額な料金体系にスムーズに移行させる為の機種と規格、、それを納得させるための準スマホ料金なのだと思われる。

つまり、

「機種をタダで差し上げるから通信料金を4,200円払ってね」

というサービス内容となっている為、端末をタダで販売しているのだ。ちなみに、ガラケー端末のタダ販売はもちろん行われておらず、最安でも約2万円とそれなりの値段がする。多くの人たちは4200円/月を払わないからね。

長文無いなったんで「ガラホをどうやって運用するのか」は次回へ続く ・・・・・・。

直江津港第3東防波堤の解放決定!

どうやら昨年試験解放した結果、新潟東港、柏崎港に続いて3番目の「ハッピー釣り場」としてオープンするらしい。

「直江津港第3東防波堤を釣り場として本格開放します」

昨年の試験解放にはこの様に楽しませて貰いましたんで、オープンしたら早速出かけようと思ったんだけど、よく読んでみると7月中旬からの解放らしい。

ん?ずいぶんと遅れてるな。

駐車場の整備が間に合わないのか?それとも火力発電所の都合か?良くわからんがいずれにせよ初日にはなんとかして出かけようと思う。

ただ、以下にある資料を見る限りでは、駐車場は火力発電所横の幅10M位の兼歩道の通路脇に縦列駐車となると思われるが、下手くそは停められるのか?と余計な心配をしてみる。

ハッピー


そもそも、Uターンしてから停めないと帰り際、幅5m位、距離は最大500M位の道を永遠とバックしないと帰ることが出来ない。

すれ違い不可な道で、どんなルールを作って駐車するのか?気になるな。とにかく駐車するだけでも厄介だ。

ホタルイカの調理法の様々

私もホタルイカ歴がそれなりになってきたのでホタルイカの調理方法も色々チャレンジして来た。

そんな私のホタルイカ調理方法別ランキング。

まず、一番美味しいのがなんと言っても「刺身」

ただ、「ホタルイカには寄生虫が居ることがある」と言うこと。「旋尾線虫」と言う虫が数%の確率で存在しているというので、一応気にする。食べても全員が症状が出るわけじゃ無いんで、確率的にはよっぽど問題ないが、人に振る舞うときはそうはいかない。

ということで、刺身で食べるには「目玉、内臓、クチバシ、背骨」の全てを取り除いて食べます。

非常に面倒な作業ですがこれをすると美味

そのまま食べても良いし、寿司にするのも美味しい。(写真は手毬寿司にしてる)当然、ゲソも食べられるので、此方は軍艦なんかにするとよろしい。
a8dac4e7



次はやはり「ボイル」

ただ、美味しくボイルするのもコツが必要

茹ですぎると、爆発するし、硬くなる。また、茹でたてを熱々のまま放っておくと縮み、硬くなり、色もドス黒くなる。
・・・・と言うことで以下の様に茹でます。

「3%程度の塩水」 ・・・ 適当で良いのだが、塩を入れると爆発も少ない(1Lに30g[大さじ2]だから結構な量だよ)
「沸騰させない」 ・・・ ホタルイカを入れてから沸騰させると爆発の原因
「ゆで時間は1〜2分」 ・・・ お湯の温度や入れたホタルイカの量にも寄るが、ぷっくらしてイカがピンク色になったぐらいで茹で上がり
「冷水で絞める」 ・・・ 茹で上げたらそのまま冷水に入れ、水を入れ替え1分も冷やせば良いでしょう(長時間真水に入れるとふやけます)


私的にはこんな色が非常に綺麗で、食べても内臓まで美味しい。
20130211150410d0d


まあ、好みもありますが、私的にはこの↓感じは茹で過ぎ、あるいは冷やさない場合。
img55445734
この色以上に濃くなってくると、ホタルイカ自体が縮んで硬くなっている事が多い。


あと、食するに当たって「食感」を大事にしたい場合は少なくとも「目玉」は取るべきでしょう、これはそんなに大変ではありません。
まあ、欲を言うと背骨と言われる部分を取り除くと完璧ですが、それにはちょっとした道具とテクニックが必要だし、そもそも面倒なので私は行いません。


この「ボイル」は冷蔵庫で2〜3日で生姜醤油、酢味噌などで食べきります。ちなみに、揚げ物や煮物にするのも生では無く、この「ボイル」を利用します。


とは言っても毎回沢山取ってくるので、このままでは処分できません。親戚や、近隣に配る分を確保した後に行うのが「干物」

味付けは醤油だったり、塩のみだったりしますが、やはり3%位の液に1時間くらいつけ込んで干物ネットに干します。2〜3日干してやると、ホタルイカのおなかがぺったんこになり、見事干物になります。

hotaruika550px


食べ方はオーブンで焼いて食べたりはもちろんですが、軽くライターであぶってやるだけでもほんのり柔らかく
なり、美味。
これはこのまま冷凍保存が可能なので、ホタルイカの保存食として冷凍庫に常備されています。


最後はいわゆる「沖漬け」

イカの沖漬けは有名ではありますが、それのホタルイカバージョンです。生のホタルイカを調味液につけ込んでそのまま冷凍。
例の寄生虫もマイナス20度以下で1週間ほど冷凍すると死滅するそうなので安心して生感覚のホタルイカを丸ごと食べられます。

私自身、この沖漬けはあまり得意で無いのであまり作りません。

アジ釣りからのホタルイカ!

淡水のワカサギだけではなく、海水での釣りも異変が起きているらしい。

ネットの情報を見てみるといつもはGW頃〜始まるサワラ祭りやアジ祭りだが、なにやら最近の海でも釣られている様子。と言うことでこの金曜の午後、別件で会社を休んだので、とりあえず海へ出かけてきた。

何も考えず、調べずに出かけてしまったが、思った以上に風が強く、海もうねりが強かった。
当初は外海の突堤への釣行を試みていたが、堤防の上まで波が被っており断念、仕方が無いので港内の釣り場へ。
IMG_20160401_175337

16時頃到着、外海程では無いが港内も波は高く、とにかく風が強い。
思った以上の悪天候で、人もあまり居ないので期待せずにウキを投入するも、やはりというか、ウンともスンとも言わず1時間ほど。

両隣にも釣り人がきているが同じく沈黙がしばらく続いた後、多少薄暗くなってきた頃に一発目のウキが沈んだ。

「やった、来た!」

抜き上げてみると25cm位のボチボチなサイズのアジ。GW頃のピーク時の30cmオーバーサイズに比べると、多少小さいが、久しぶりのアジを興奮気味に釣り上げる。

その後、ちょうど一時間くらい、コンスタントに釣り上がる、その間、隣の人たちにはさっぱり当たりが来なく、私の所へ相談に来た。

実は、隣の人のウキがおかしな動きをしているので「海底に仕掛けが到着しちゃってるよな」と思いつつも知らんぷりを決めていたが、聞きに来たので棚が違うことを教えてあげた。

その後はポツポツと釣り上げていた様子だが、手返しも悪く釣果は芳しく無いと思われる。

ちょうど一時間くらいの時合いの中、何故かバラしが多く、あまり釣果は上がらなかったが、非常に短期間で効果的な釣りが出来たと思う。

IMG_20160401_213306


18:30を過ぎた当たりからは西風が止んで海も穏やかになってきた。それと同時にアジもさっぱり当たり無し。この後の予定もあったんで、19時頃にはあっさりと納竿。


で、この後は食事をすませ、富山県のいつもの場所へホタルイカ漁へ向かった。


急ぐ旅でも無かったんで、下道でのんびり移動して、21:30頃の到着。

ここでもうねりは強く、時折堤防を越えた波が来る。これはちょっとまずい。一度海を見に行くが、ホタルイカの着岸がほとんど無い様子。
仕方ないので、海の見える場所にある車へ戻りしばらく眺めていると、大波で投光器を流される人が続出している。発電機を水没させて壊れたと思われる人々も数人見かけた。

こりゃダメかと思いつつも、車のポジションは絶好の場所なのでTVを見つつしばらく待った。


・・・ 23:30頃、もうダメかなと思いつつも、今日の月の出が0:58なのでそれまでは待ってみようと海の様子を見に行ったその瞬間、

「ザップ〜〜ン!!」

と大波に足元をやられ、持って行ったバッテリー&投光器セットもビッシ濡れ。密閉型のバッテリーに防水仕様の投光器なので多少の水濡れは問題ないと思いつつも心配するが、なんとか無事に投光する。

長靴を忘れた私は靴の中まで水没、水しぶきで尻まで濡れている。ちくしょー、このままではタダの「水濡れ損じゃないか!」と、思い、多少の覚悟を決めて観察していると12時頃から海の様子が変わってきた。

相変わらず波は強くうねっているが、時折ホタルイカの小さな群れがやって来るようになった。これから時合いが来るか!!と言うことでようやく私も車へタモを取りに行き、海へ繰り出す。

その後、「大沸き」はしないものの、コンスタントにやって来るホタルイカを救いつつ、小一時間が経過した頃、これまでに無い大波で、荷物の全てを流される。幸いにも注意していたホタルイカの入ったバケツは死守できたが、これで集中力がぷっつり切れた為、まだホタルイカはやってきている様子だが、ここで納竿(網)とする。

<本日の釣果>

アジ   ・・・ 12尾(23cm〜27cm)
ホタルイカ ・・・ 約3kg

ちなみにこの日の海は以下の通り
干潮 3:54
月出 0:58
天気 曇り
波高 うねり有 
月齢 23



ワカサギ・ファイナル

恒例の友人たちとのワカサギ釣り一泊旅行。

まあ、いつもは素人が集まってとりあえず「ワカサギをネタにして飲もう」っていう様な会で、ワカサギ釣りは特にここ数年は全然釣れずに〜10尾とか、酷いときは完全ボーズを食らう友人も居たほどだった。

が、今年は違う。

当日を迎える前の事前調査しているとネット情報では爆釣な感じ。何処の釣り船でも最大釣果で500尾とか600尾とかが見える。
IMG_20160320_111118

まあ、こんな時でも俺たちは数十尾釣れれば良いのだが、この日は違った。

船長さん曰く

「とにかく今年は釣れる」

と。
出船から帰船までの間、コンスタントに釣れ続けるのが今年の特徴だとか。普通ではあり得ない状態なんだという。
IMG_20160320_111107

実際に私達のグループにも、今年は初参加の小学生が4人いたんだが、50〜80尾を釣り上げてご満悦。
ボーズの経験の人も今年は100尾近くの釣果で、久しぶりに楽しい釣りとなった。

しかし、この異常な状態は何だろうかと多少の心配は残る。


<本日の釣果>

ワカサギ   ・・・ 136尾

アウトドア用のバッテリーライトについて

私は庭で暗くなってからBBQしたり、ホタルイカを掬いに行くときはバッテリーライトを利用している。
どんなもんかっていうと、自動車用のバッテリーにLEDの投光器を取り付けた簡単な物だ。

バッテリー:軽自動車用のサイズで、「40B19R」っていう奴
投光器:「LED投光器 取付式 27W 12V/24V対応 防塵防水仕様」

41NnLzE69jL

投光器の詳しい仕様は

付属品:ステー、取付金具
消費電力:27W
動作電圧:10-30V
消費電流:1.7A(12V使用時)0.9A(24V使用時)
防塵防水性能:IP67
バルブ寿命:30000時間以上
色温度:6000K
材質:ダイカストアルミニウムハウジング、PMMAレンズ
サイズ・寸法:128×110×55mm(目安)


となる。
ホタルイカの時に海を照らすとさすがに光量不足を感じますが、BBQの時は青白くて眩しいという、ちょっと癖のあるLEDです。

さて、この投光器がこのバッテリーで一体どれくらい持つのかが正直分かりません。ホタルイカの時は切れるのが恐いから満充電するので、時間が分かりません。


ということで、LEDの投光時間を計算してみました。

まず、バッテリの電気容量を調べる。
バッテリー容量に有る「40」というのは「40Wh」ではなく、性能ランクが「40」だそうだ。なので、性能ランクの計算方法から電気容量を導き出すと、約28Ah という5時間率容量という値を持つ。
何を言っているのかというと、

「28Ah / 5h = 5.6A、このバッテリは10Vを切るまでに5.6Aの電圧を5h 流すことが出来る」 ・・・ という事らしい。

と言うことは単純に1.7Aの投光器は28Ah / 1.7A = 16.5h

16時間以上も使えることになる、今度試してみなくては。

初物ホタルイカ!

今年の冬は雪もあまり降らず、気温も下がらなかった。まあ、いわゆる異常気象だと思う。
そんな今年のホタルイカはどうだろうか?
と言うことでやってきたのは最近お世話になっているいつもの堤防。
IMG_20160306_041146


10時頃の到着だが、ホタルイカは見えず。予報では穏やかだと思っていた海も波は少ない物の、全体的にうねりが入っており、時折低い堤防を越えるんじゃ無いかとひやりとするほどに波が上がってくることがある。

IMG_20160306_041155


することも無いのでクーラーボックスに腰掛けて待って居る。

日中はポカポカ陽気でとてもく暖かく、夜も暖かいんじゃと、心理的に油断して防寒対策を怠った私達には寒すぎる気温となり、12時頃には一時退散。


車の中で眠ることに ・・・・ もう、この時は諦めていた。






が、、深夜あまりの寒さに目を覚ますと向こうの方で海にタモを入れる姿が見える。



来たか?





と相棒を起こして海へ向かう、時間を見ると3:30だった。

沸いているような状態では無いが、うねった海の中に時折ホタルイカが泳いでいる。たまに来るイカを根気よく拾いながら、そのまま夜明けを迎える。

クーラーボックスには3L程度かな。決して多くは無いが、初物を味わい、ちょっと近所へお裾分けするには十分な量だ。

IMAGE06


また、来月に期待しようじゃないか!!

家庭ネットワークにFireTVを追加

僅かなここ十数年で、我が家での映像を視聴環境は色々と変化してきた。
我が家の歴史を振り返る前に、家庭内の映像の視聴についての歴史を見てみる

原始期(〜1970年頃)
TV(スクリーン) + 8mm映写機 ・・・ 1960年代に登場し、ごく一部の人間のみが持っていた超高級品「8mmリールテープ」時代。

家庭用胎動期(1970年頃〜)
TV + VHDデッキ ・・・ 扱いにくい「リールテープ」時代が終わり、カセット式のテープ規格で「VHS式」と「ベータ式」が登場し、「ビデオ戦争」が勃発し、連合軍の「VHS」が勝利する。

デジタル黎明期(1980年頃〜)
TV + DVD(LD)プレーヤー ・・・ デジタルの幕開け。テープ式よりもさらに手軽な「ディスク」が登場、しかしLD(レーザーディスク)は30cmと大きすぎ、また高価だったため、受け入れられず、1900年代に登場したDVDにその役は取って代わられた。

デジタル混乱期(2000年頃〜)
TV + HDD(BRD)レコーダー、DLNA機器 ・・・ 色々な再生方法が登場し、また「録画」に対す法整備なども遅れ、利用者は正解が分からず混乱するが、とりあえずはHDD(BRD)レコーダーを買えば良いという流れに。

動画配信革命期(2010年頃〜)
TV(PC) + ネットワークメディアプレイヤー ・・・ youtubeを筆頭に始まった動画配信サービス。後には多くの会社(NetFlix,hulu,etc...)が、映画、ドラマなどの有料配信サービスも始まる。

動画配信成長期(2015年頃〜)
TV(PC) + ネットワークメディアプレイヤー ・・・ TV局が自社コンテンツの配信を始めたり、TVの機能に配信動画の視聴が利用出来るなど、家庭用器機に動画配信サービスが取り込まれ始め、一般的に認知され始める。
家庭での「番組の録画」に対する認識に変化が起き、「映像はネット配信された物を見る」へシフトしつつあるのか?

・・・ てな事が日本(世界)では起きている。


我が家(私)はどんな歴史を辿ったのかと言うと以下の通り


1990年頃 ・・・ 一人暮らしを始めたときはVHSビデオデッキがあった(買った)。

1995年頃 ・・・ DVDプレイヤーを購入。この後15年間DVDのみが動画映像を見る唯一の手段だった。レンタルDVDはリッピング&DVDへ焼き付けを行いDVDライブラリがかなり増えた。

2010年 ・・・ 家庭内デジタル化計画(3)の通り、ネットワークメディアプレイヤーが登場する。
レンタルDVDのリッピングを大容量HDDへ保存を繰り返し、1T以上のライブラリが出来てしまう。

2014年 ・・・ DTV-X900また壊れたということで、「デジ像」の購入。

2015年 ・・・ 「デジ像」も悪くないが、ネット配信動画を受信する機能が足りない。Amazonが「プライムビデオ」っていう動画配信サービスを始めたのと同じくして発売した「FireTV」を衝動的に購入して今に至る。


実際のネットワークプレイヤー環境はというと

メインは「FireTV」を利用し、「デジ像」はリビングでの役目を終え、2Fのゲーム専用TVへ接続されるのを待っている。

「デジ像」に接続されていたHDDはネットワーク上のLinkStationへ接続をし、「NAS兼DLNAサーバー」として稼働中。

で、分かっていたことではあるが、ここで問題発生している。

FireTVはDLNAクライアント機能を持っていないそしてFireTV用でDLNAのisoを再生するアプリも無い。

このままではDLNAサーバーに保存されている各種isoファイルを再生することが出来ません。
でも安心してください。FireTvは中身はまるまるAndroidなのでAndroidのアプリが動作します。
「KODI」というメディア再生に特化したつアプリがあるというので、「Apps2Fire」等を利用してインストールして利用。

といった環境でFireTVをメインで利用し、標準装備の「Amazonプライムビデオ」と、インストールした有料「hulu」で動画配信を視聴、そして、自宅のライブラリは「KODI」を利用して視聴といった状況にある。


現在の悩みはNASに繋がったライブラリが2Tになろうとしている。そのデータはもう一台の2THDDへバックアップしているが、さらに容量は増えるばかりで、どうするか検討中。

さすがに2Tもタダでバックアップできるクラウドサービス無いし・・・

ブログ内google

www 全体を検索
本ブログ内を検索
過去の記事
メンテナンス用
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ