信州人の趣味と雑談

三河生まれだが、もう信州暮らしの方がずっと長くなってしまったサラリーマンがのらりくらりと綴る日々生活の与太話

ガレージ基礎

ある日仕事から帰ってくると、すっきりポールの移動は終わっていた。

確か朝は移動していなかったんだけれどもな〜。
後で聞いてみると結構大変だったらしい。すっきりポールに配管されているのは、主電線、NTT電話線、有線電話線、TVアンテナ x 3本、だもんな。 これらを切断しないようにそっと掘り出して、ポールを持ち上げて、ズリズリと、移動したらしい。
しかも移動を始めたら電線が足りないのに気が付いて急いで元に戻して、再度仕切直しもしたらしく、電気屋さんと基礎屋さんに「見た目よりも大変だったんだぞ〜」って言われちゃった(^_^;) ポールの移動が出来れば早速基礎に取りかかります。

車庫を作成する土地は前後で1Mくらいの傾斜が付いている(前低後高)ので基礎を1M位にし、土留めを兼ねることにした。 まだ写真の状態では底しかコンクリトで固めていないが、鉄骨を建てた後に鉄骨毎くるんで基礎兼土留めにします。

 もう、この写真の方向からは2度と家を拝めなくなるんだな〜。広々してて良かったのに、ちょっと残念。・・・暗くて見えないけれども。880b94fa.jpg

ガレージも欲しい

さて、そろそろ信州には冬がやってきちゃう。

4月に新居への引越をして雪が降る前に何とか車庫を造るのが一応当初からの計画だったので、そろそろ本格的にお願いしなければならいと思い、取りかかった。
 取りかかったって行っても自分で建てられるわけもなく業者にお願いするんだが。

まず最初に考えるのがどこへお願いするか?なんだけれども、内を建てた工務店にお願いしても良いが、なんだかんだでちょっと高くなっちゃう。 別に見知らぬ工務店じゃないんでボラれるなんて事も決して無いし、仕事もちゃんとやるので良いんだが、出来るだけ安くしたいもんな。
なので、知り合いの基礎屋さんと、鉄骨屋さん、電気屋さん、サッシ屋、トタン屋にお願いして建てることに。
 田舎ってのは良いもんだとつくづく感じた・・・・近所の知り合いだけで家建っちゃうもの・・・すごいよ。

 ところで、4人家族の家の乗り物のタイヤを数えてみると全部で23輪も有る。 ・・・内訳は車2台、バイク2台と、自転車5台、一輪車1台か。 出来ることならこれらを全部入れる事が出来る車庫が欲しかったが、さすがに無理(-_-;) 仕方がないので最小限の大きさで、車が2台停めることが出来る広さを検討する。
とはいえ、現時点では車庫の他に倉庫を持っているわけではないのでタイヤや、その他農具や、釣り道具や、アウトドア用品も仕舞いたい。

 そんなことを考えながら車庫の大きさを適当に決めて、工事スタート。 と思ったら大きな問題が出ちゃった(*_*)

すっきりポールが邪魔で車庫が建たない!!

bc6c2243.jpg






家の西側に建てることも出来るんだが、ベストな東側に立てようとするとどうしても邪魔!!それも5Mくらい邪魔!!

どう考えても移動するしか方法が無いので、我が家のガレージ建設はまずはこの移動から始まった。

井戸が有るんだけれども・・・

車庫を造るところには井戸があった。

「有った」ということは過去形で、現在は井戸は埋めてしまったんだ。本当は井戸を残しておくつもりだったけれども、近くの長老曰く「井戸の上を踏んじゃいけない」と。
 我が家の井戸はガレージを建てるとちょうど入り口辺りでどうしても井戸をまたがないと車の出来るが出来ない。
でもせっかくなので井戸はそのままで使えるように蓋をしておこうと思ったんだけれども、先の言葉であえなく撃沈というわけなんだ。 井戸にポンプを入れて水やりとか洗車とかしようと思ったのに・・・残念だ。 長老の言うことは聞かなくちゃね。650f9124.jpg

意外と早く復活

13e08674.jpg2台目のDR250Sの復活は意外に早かった。

とりあえず、キャブレタをばらして洗浄。次にどうにもならないチェーンを交換したんだが、このチェーン交換が意外と厄介だった。

手元に整備マニュアルのないまま、ネットでDR250Sに合うチェーンのサイズを調べ注文。別にハードに乗るわけでもないので安い台湾製のやつを注文しておいた。

先日宅配便でチェーンが届いたので早速取り付けにかかる。
まずは古いチェーンをはずす必要がある。これは簡単。グラインダーでがりがりとチェーン自体を力業で切断(^.^)

ところが新しいチェーンが8コマほど長いのでピッチを詰める必要があった。これが難儀で、チェーンを傷つけないよう細心の注意を計りながらグライダーで切断。30分ほど格闘した結果事無く切断された。途中で自分の指も切断しそうになったが、それはさすがにやばかった。

実は世の中には「チェーンカッター」っていう便利な専用工具があるんだが、ちょっと良いやつは1万ほどする。でも次にチェーン交換するのがいつになるか解らないようなペーパー整備屋にはもったいない物だった。

結果的には十分グラインダーで間に合うという結論。

さて、チェーンも取り替え、キャブも掃除終わり。一応プラグも新しいのに交換をしてさて、キック。腰の調子が良くないのにも関わらず、休憩を挟みながらやはり30分ほど格闘・・・・・だめだ、エンジンがかからん。

しばらく途方に暮れた後、チェーンが繋がったので、押しがけが出来る事に気が付き、早速、家の前の下り坂でトライ!

と思い、押しがけをしようとしたらクラッチが切れないことが判明。

癒着しちゃったのかな?と思う筒もクラッチの遊びを調整したら何とか切れるようになった・・・よかった(^_^;)

仕切直しで、再度押しがけ開始。

・・・・・ブルン・・ボボボボ・・・バリバリ・・・ウォーン!!
\(^_^)/
難なくエンジン始動。

そのまま20〜30分ほどドライブ。さすがにジェベルより排気量もパワーも倍のDR250S君です。ちょっと短足の私には足つきが悪いが、やっぱりオフロードでもこれくらいは加速しなきゃな。

また楽しみが増えたな〜。

2台目がやってきた

edae7675.jpg
ひょうんな事からオフロードのバイクを貰えることになった。
家に遊びに来た人が「バイク弄るんだぁ、じゃあ、家にある、ずっと動かしてないバイクあげるよ」って感じで。

でも、1代目のバイクも完全じゃないのに、でもラッキー!
ただ、オフロードのバイクと聞いているだけでどんなバイクかは聞いていない、排気量は250ccらしいので家のDJEBEL君の125ccと比べると倍の排気量になる。

単気筒125ccのショボさは身にしみたので、同じく単気筒250ccのエンジンはどんな物だろうとちょっと期待している。

さて、先日時間があったんでバイクを取りに行った。不動のバイクということでトラックに乗せて帰ろうとしたんだが、ここでちょっと腰を痛めてしまった。
これが非常に痛い。腰はもちろん痛いが、いろいろ自由がきかなくなるのも痛い。

本題のバイクはSUZUKIのDR250Sだった。これは1代目のDJEBELが別名DR125なのだから同じ系統のバイクだと言うこと。でもフレーム自体が全然違うので、車体の大きさも一回り大きい。俺の足は短いので足つきもずっと悪い。

車の状態はというと、実車を見る前はすぐ走り出せるかな?と思っていたんだが、どうもそうはいかないようだな。チェーンは錆びて、ゆるんでるし、マフラーもさび付いてる・・・詰まってるんじゃないだろうかというほどの錆だった。ただ、3年前くらいまでは走っていたというので何とかエンジン本体は大丈夫だろう。

まあ、暇を見つけては少しずつ直して乗れるようにしたい。

キャブレタ分解してみるが・・・

842e4e81.jpgキャブレター分解

サービスマニュアルも手に入れたことだし。もう一回キャブをばらしてみることにした。
細かく分解して掃除と、消耗している部品を注文しようかと思う。

再度ばらしてによく中を見てみたんだけれども、限りではそんなにおかしいところは無い。パッキンも大丈夫だし、ニードルも曲がったり摩耗したりとかは無いようだ。走行距離1.6万キロは嘘じゃないみたいだ。

ただ一つだけ気になったのが、ニードルバルブのゴムパッキンが一部欠けていた。それでもきっちりはまっていたんで問題なさそうなんだけれども、ガソリン漏れはここからかもしれない。今度ばらすときには必ず交換が必要な部品だな。

結局、一番きれいに掃除したかったパイロットジェット部分に合うドライバが見あたらなかったのでサイズの合わないドライバを使って山をなめても困るので今回はばらさずに組み立てておいた。

今回発見したのがキャブにたくさん付いている小さな穴を掃除するのにギターの弦がかなり具合がいいことだった。ギターの弦もいろんな太さがあるので見合った物を使えばいいのだ。

退院してきました

9bede3c0.jpgなんとか復活
バイクも入院して2週間後くらいにようやく戻ってきた。

セルが回らないのはどうやらコイルがやられていたらしい。その代金やら、何やらで2万ほど請求されてしまった。結構痛い。しかもエンジンは完全じゃない。エンジンの掛かりは悪いし、かかってもいまいち安定しないアイドリング。

とりあえず出来ることをしようと、まずはオイル交換。
出てきました真っ黒なオイル。ほとんど交換していなかったんだろうな。新品のオイル1リットル代1,000円なり。4st単気筒バイクはオイルも少ないです(^.^)

次にプラグの交換。別にプラグをはずしてみたけれども、別にかぶってもいないし、焼けすぎでもない。とりあえず交換してみる・・・プラグ代500円なり。

うーん。エンジンの掛かりは多少良くなったと思うが、やはり全体的に不安定だ。やっぱりキャブレターの部品が弱ってるんだろうか?もう一度詳しく調べてみる必要がありそうだ。

これ以上は自力の知識では難しいので整備マニュアルを手に入れることにした。今時は便利な物で、通販ですぐに手に入った。これが結構高くて代金3,980円なり。

とりあえず、まだ不調のところはたくさんあるので一つずつ直していくことにする。

久々のバイク

6c78bc08.jpgエンジンがかからん

先日バイクを手に入れた。弟が新築祝いだと言ってくれたんだ、もちろん金持ちの弟じゃないんで中古のバイク。

はるばる遠くからやってきたんだが、エンジンがいまいちかかりが悪い。っていうかかからん!

一応バッテリだけは新品を付けてくれたらしいが、それだけでは駄目のようだ。セルを回し続けるとバッテリが上がりそうなんで、車のバッテリと並列につないでやってみるが・・・

「バチッ!!」

あ、やってしまった(^_^;)

事件なり。バッテリショートさせちゃった、どうやらセルモーターか、コイルがやられたらしい。セルスイッチ押してもうんともすんとも言わない。

仕方がないので家の前の下り坂を使って押しがけ。体力勝負だ。俺と弟とで交互にやる。なんとかかかる事もあるけれどもアイドリングが安定せずにエンジンが止まってしまう。それでもがんばった。

どうにもならなそうなので一度キャブをばらしてみる。ここで弟が「秘密兵器」と言いながらとり出したのが「キャブクリーナー」。これが結構いける。前に一度キャブはオーバーホールしたらしく中身は結構きれいだった。一応クリーナーで吹いて再度組みなおす。

再度押しがけ--v(-_-;)
それでもなんとかエンジンもしばらく回るようになってきた。押しがけしたり、休んだりばらしたりを2時間程度やっただろうか?

でも、セルがうんともすんとも言わないのはどうしようもないのでバイク屋に持ってゆくことに、休みだというのに開いていた。ラッキーだ(^.^)v

エンジンは掛かり、一応走らせることは出来るが、アイドリングは異常に安定しないし、バックファイヤーもすごくて「パンパン・・パパパン」と言わせ、乗せてあるだけのバッテリも途中で落としそうになりながらながらなんとかバイク屋までたどり着いた。

続く・・・・・

化学物質は大丈夫?

化学物質を考える

建材はもちろんF4等級の物を使用しました。接着剤もゼロホルマリン、引っ越し間際の施工のワックスは施主支給の「匠の塗油」、「未晒し蜜蝋ワックス」(共にに100%天然成分)。

とはいえ、いろいろ調べていると竣工直後は強く化学物質が拡散している状態だと見ました(基準値をかなり上回る程度)。そして、1〜3ヶ月で落ち着いてくるらしい。(基準値以下まで)

そう考えるとクロスを張り終えて、ほんの1週間も経たないうちに行う引っ越しではなんだかんだの化学物質が拡散しているのではないかと疑われます。

仕方がないのでこんな対応策を採りました。
・出来る限り窓開け
・換気システムの強運転
・拭き掃除(は少し)

本来はこんな時はベイクアウト(Baked Out)を行うのが良いようなんですが、工務店に相談したところ高温による急激な乾燥は塗り壁、クロスの隙間や、木の隙間の原因になるということで勘弁して欲しいとのことでした。
実際、室内に入っても以前お邪魔したとあるお宅のような刺激臭はしなかったのも理由の一つです。

それでもトイレや洗面台と、トステムの安物の扉を付けた納戸の中は臭いますね。

やはり気になるので調べてみることにしました。
ネットで検索していると「ホルムアルデヒド濃度測定器」を貸しててくれるところがあるようです。→「財団法人 長野県建築住宅センター」

予約が必要なんですがなんとか引っ越し前に借りることが出来ました。
簡易測定器なので測定方法は簡単です。以下測定結果。

日付室内温度測定場所測定値(ppm)
4/318度1Fリビング0.09
4/1020度1Fリビング0.04
2F寝室0.04
4/1420度1Fリビング0.02
1Fトイレ0.01
1F和室0.05
2F寝室0.04
2F洋間10.10
2F洋間20.04

※床貼り完了2/28,クロス施行終了3/29頃
※4/14 2F洋間1の値が高いのは前日に納戸の扉を取り付けたからだと思われます。やはり安いやつです。本当はこういうところも気を遣わないといけないんでしょうね。

ちなみに国が定める基準値は0.08ppm以下ですので引っ越し2週間もたった今、ようやく基準値を下回ってきた感じなので、ひとまず安心して住まうことにします。

TVを新型に交換?

a96fa99e.jpg
この写真は壊れていた(TH-50PX500型)
引越の翌日にはヤマダ電機の配達担当が二人でテレビを設置しにきてくれた。
一言「でけーっ」
箱の大きさが半端でない、ゴミになるので持ち帰ってもらおう。とそんなこと思いながらの観察。そうすると一人がなにやら本部と電話してる「割れてるんですよね〜、どうしましょうか・・・」みたいな感じ。


すぐに私にも説明してくれたが、TVの筐体の端のプラスチック部分が破損している様子。ヨーク見てみると確かに割れているけれどもそんなに気になることではない。
でも配達のにーちゃんは気前よく「ここが、割れちゃってるんで新品のTVと交換します」とのこと、なんだかラッキー。


約一週間後、ヤマダ電機から電話が入る「箱入り新品が無いので展示品でも・・・」、さすがにそれは困ると返したところ、どやら、型切り替えでどうしても在庫がないらしい。新型なら後一週間すると発売されるのでそれでいいかと聞かれたので、「もちろん!」と。


なんだかよく分からないけれども、商品切り替えで在庫処分品を買ったつもりが、なんと最新型のTVになるようだ。
この新型は同じPanasonic製品のDVDレコーダーと連動するのが売りのようで、はやくDVDRも買わねばならない(^^ゞ


ただ、残念なのが新型になってもハイビジョンはやはりハイビジョンでフルハイビジョンじゃないところが残念だった。贅沢な悩みだけど。

※その後、やってきたのが発売直後の新型(TH-50PX600)
TH-50PX600_173113

残作業もたくさん


残作業はまだまだある物で、まだ、結構昼間の家に入ってもらって工事している。

ぎりぎりで引っ越したから仕方ないけれど。

でも結構めんどくさい。当然鍵を工務店がもってるわけないので、工事のたんびに実家に連絡して鍵を工務店に渡してもらう。
当たり前だけれども実家が不在時はそれも出来ないので、断る。時間の都合を合わせるのが面倒くさいんだ。

まだある、役所の手続きもいろいろあるらしい。

住宅の評価をしたいんで見に来るという。誰か立ち会ってほしいんだって。じゃあ、土曜日でというと、困るらしい。
役所も休みだもんな。でもこっちは平日は仕事だ・・・困る。


はやくいろいろの手続き終わるとありがたいんだけど。

それと最近家の中の物も整理が付いてきて・・・っていうかなんとかなるだろうと予想が立つので、今度はすこし外構と車庫を考えてみた。

巻き尺を持って外に出ていろいろ計ってみると「あ”〜」足りない。
車庫を設置する場所がうまくいかないことに気が付く。土地はあるんだけれども東に寄せても、西に寄せてもなんだかうまくいかない。
当初の計画通り西に寄せると玄関の真ん前まで車庫が来る。

もっと、計画しておくべきだった・・・。゜(´Д`)゜。

化学物質は大丈夫?

化学物質を考える

建材はもちろんF4等級の物を使用しました。接着剤もゼロホルマリン、引っ越し間際の施工のワックスは施主支給の「匠の塗油」、「未晒し蜜蝋ワックス」(共にに100%天然成分)。

とはいえ、いろいろ調べていると竣工直後は強く化学物質が拡散している状態だと見ました(基準値をかなり上回る程度)。そして、1〜3ヶ月で落ち着いてくるらしい。(基準値以下まで)

そう考えるとクロスを張り終えて、ほんの1週間も経たないうちに行う引っ越しではなんだかんだの化学物質が拡散しているのではないかと疑われます。

仕方がないのでこんな対応策を採りました。
・出来る限り窓開け
・換気システムの強運転
・拭き掃除(は少し)

本来はこんな時はベイクアウト(Baked Out)を行うのが良いようなんですが、工務店に相談したところ高温による急激な乾燥は塗り壁、クロスの隙間や、木の隙間の原因になるということで勘弁して欲しいとのことでした。
実際、室内に入っても以前お邪魔したとあるお宅のような刺激臭はしなかったのも理由の一つです。

それでもトイレや洗面台と、トステムの安物の扉を付けた納戸の中は臭いますね。

やはり気になるので調べてみることにしました。
ネットで検索していると「ホルムアルデヒド濃度測定器」を貸しててくれるところがあるようです。→「財団法人 長野県建築住宅センター」

予約が必要なんですがなんとか引っ越し前に借りることが出来ました。
簡易測定器なので測定方法は簡単です。以下測定結果。

日付室内温度測定場所測定値(ppm)
4/318度1Fリビング0.09
4/1020度1Fリビング0.04
2F寝室0.04
4/1420度1Fリビング0.02
1Fトイレ0.01
1F和室0.05
2F寝室0.04
2F洋間10.10
2F洋間20.04

※床貼り完了2/28,クロス施行終了3/29頃
※4/14 2F洋間1の値が高いのは前日に納戸の扉を取り付けたからだと思われます。やはり安いやつです。本当はこういうところも気を遣わないといけないんでしょうね。

ちなみに国が定める基準値は0.08ppm以下ですので引っ越し2週間もたった今、ようやく基準値を下回ってきた感じなので、ひとまず安心して住まうことにします。

引き渡し式


引き渡しっていうのを一応引越の日に無理矢理時間作ってやった。工務店の担当者が私にいろいろ説明してくれるもんだと思っていたら当日びっくり。水道屋さんからサッシ屋さんまで業者がいっぱい(^_^;)

それぞれから一通りの説明を受けたんだけど、なんだかんだで2時間くらいかかったかな?早く生活できるように荷物整理したかったのに・・しかたないな。

それと当日は春に到来した寒波のせいで非常に寒かった。建物もガンガンに冷えているんで床が冷たいことと言ったらありゃしない。スリッパなんてしゃれた物用意しなかったから業者のみんなもさぞかし足が冷たかったろうに。前日から暖房入れておいてくれればよかったのにな〜。

とりあえず引越当日は生活できる状態にするのは不可能ということで(寒いし)近くの実家でおやすみ(−.−)

ついに完成

e070206b.jpg
ついに完成した。

本当に家なんか建つのか〜なんて思っていたら出来ちゃったって感じ。ともあれ、時間がないんで引越だった。29日までワックスかけしてもらって31日には引越で、そのまま生活・・・。できるんか?


引越は専門業者のサカイ。これが実に手際よく、素早い。自分たちでやっていちゃら一週間以上はかかったろう仕事を2日でやっちゃった感じ。

まあ自分の荷物じゃないんで迷いが無いのもいいんだろうな。だって自分で荷作りするとついつい思い出に浸っちゃって写真なんか見たりしてすぐ一日終わっちゃうんだし。


とにもかくにも、引越は順調に出来た(^。^)v

ワックス施工

11271844.jpg最初は経費節減のために床のワックスは家族みんなでやるつもりだった。

だけども工事が終わって引越まで3日ほどしかない、しかも平日。どうしても出来そうにないので工務店にお願いすることにした。

結構ワックスには悩んだ。
有名なオスモや、アウロなんかも検討したが、我が家に一番似合いそうなのが「蜜蝋ワックス」だった。オスモなどと同様に浸透性のワックスであることは変わりないが、やっぱり蝋なので多少皮膜が厚い様な気がする(サンプル貰って塗ってみた主観だが)。

工務店も初めてのワックスで多少緊張したらしい。試し塗りしながら作業してくれたようだ。このワックス乾燥に、24時間ほど掛かるので引越の前日には完了して貰った、忙しい中ありがとう。

また、顕しの梁には施工が簡単なワックス「匠の塗油」をお願いした。これの主成分は「荏油」をベースにしたやはり天然成分100%のワックス(というかこちらはオイル)だ。

また1年後くらいには床をもう一度塗り直したいがさて、出来るかどうか・・・。

やばい、照明器具が!


今日は慌てちゃったよ。


照明器具は工事してくれている電気屋さん経由でお願いすると定価の70%位の価格で仕入れることになる。ちょこっとネットで照明器具を調べたらなんと48%で売ってるじゃないの!

電気屋さんには申し訳ないけれども、定価ベースで総額90万ほどする照明器具。70%と48%じゃあ、えっと・・・約20万も違ってきちゃう。もちろん取り付け料金はお支払いするけれどもそれでも軽く10万以上は安いんで通販しました。よって、エアコン、テレビに引き続きこれも施主支給。


なにが慌てたかって引っ越しまで時間がないために照明の取り付けは3/28に必ずおこなわないといけない。家の引っ越しは3/30〜3/31なんだけれども、今日は3/27です。

なので今日現場に配達してもらうはずの照明が手違いで営業所止めに、仕方ないんで会社が終わったら慌てて帰り、黒猫で荷物を受け取り現場へ持って行ったんだ。

そしたらまだ、水道屋さんと、電気屋さんがいろいろ仕事してた。もう8時だって言うのに。照明器具は電気屋さんと一緒に内容をチェックして、結果はOK。明日になんとか取り付けられそうだ。


は〜よかったよ(;´_`;)


あと今日現場見てきたら廊下などのフットライトがつくはずの場所にふつうのコンセントボックスが着いているじゃない!こりゃいかんと思って、慌てて電気屋さんに相談・・・引っ越しまでになんとかなりますよ、とのこと。苦労かけます(^_^;)


フットライトは最近台頭してきたLEDのやつ。夜暗くなると一晩中光ってるんだ。それでも電気代は1ヶにつき5円/月だから8箇所つけて40円/月。これだけで夜中のトイレが安心できるならいいじゃないだろか。

復習

10f472f3.JPGSWってなんだ?「スーパーウォール」だ。

そもそも家を建てるときに重要な部分があった。「高気密高断熱住宅」。略して「高高住宅」なんて呼んだりする。一言で高高住宅っていっても建て方、工法は1つじゃない、有名なのでSC、FB、WB、FP・・・・まだまだいろいろある。

特にSCはソーラーサーキットといって私が家作りについてかなり影響された工法だった。
ちなみにこのSC工法の生みの親である「松井修三」さんが書いた「『いい家』が欲しい」に出会ったのがきっかけだ。本と同名の談話室というものがあり、私自身かなりお世話になった掲示板だ。

とはいえ、SCは少し高いしそもそも私は建てる工務店が決まっている(^_^;)
たまたま、その工務店が最近採用し始めたのが「スーパーウォール工法」だったんだ。

簡単に言うとSWっていうパネルを柱と柱の間にはめ込んでゆく工法。非常にわかりやすい。ただそれだけのことだ。

じゃあSWパネルって何だ?
60mmの硬質発泡ポリウレタンを2枚の合板(OSB板といわれる物)12mmで挟み込んだ物だ、その4片すべてに柱間にはめ込んだ時、気密を取るためのパッキンが付いている。それだけです。

従来の断熱方法は柱に外から合板を貼り付け、透湿シートを貼り、内側からグラスウールを敷き詰めてゆき、気密シート、内壁という感じだ。そうするとどうしても施工の仕方によっては気密がとれないことがある。シートに穴が開けばそれで終わりだから。また、断熱材も施工不良からどうしても逃れられない。その点をカバーし、開発された簡単材料がSWの様です。

そのほか大きな相違点は基礎断熱、屋根断熱にしたところか。屋根断熱は小屋裏も有効に使えるからいいと思ったが、できあがると思ったより狭くて少々がっかりだが、麻雀部屋程度にはなりそうだ(^.^)

写真はSWパネル

蓄暖も設置されています

a509d1ba.jpg
蓄熱暖房機の事。

わたしは蓄熱暖房機を冬の暖房に使う。寒冷地においてははやりのオール電化住宅における一般的?になりつつある?・・・・・まだあまりメジャーではない暖房設備だ。

オール電化で使うわけだからもちろん電気で煉瓦を暖めて放熱する仕組み。深夜電力で暖めるから電気代(昼間使うよりは)も安い。
また、2006/04/01からマイコン型蓄熱暖房機割引っていうのを中部電力でも開始される。何が中部電力でもかっていうと、ほかのどの電力会社も数年前からこの割引を始めていたんですよね〜。割引してなかったのは中電だけ!!

こないだ私が苦情入れたのがよかったかもしれんな(^_^;)

この暖房機がとにかく重い!!家中に入れる蓄暖の重さを足し算してみたら・・・なんと1.3tも有りました。

本日、ちょうど設置中だったんで貴重な画像を取ることが出来たよ。

すっきりポールって?

20243aa3.jpg
ある時ナショナルのカタログを見ていたら「すっきりポール」ってのがあった。

こりゃなんだ?って思って見てみると、どうも各種ケーブルの引き込み用のポールらしいことが判明。
電話線、有線放送、もちろん電気幹線、光ケーブル、ケーブルテレビと、とにかく家の外から内にケーブルを引き込むためのポールだったんだ。

これがなかなかいいんじゃないってことで採用。

ポールは敷地の端に立てる、電柱からポールへは普通の綱渡り状態。
そしてポールから家へは地下を通して引き込みます。そうすると家の外壁にケーブル類が何も無く「すっきり」。だから「すっきりポール」なんだなと改めて納得。

おまけにこのポールにはTVのアンテナも立てられる。使うか分からないが、BSもCSも一応立てておいてもらった。もちろん家への引き込みは地下を通って・・・家にはアンテナもなく、すっきりだ!

もう一ついいところは電力会社の人が検針に来たときも家の周りをウロウロされることがない、敷地の端(道路脇)にあるポールに電気メーターも付けてしまうからなのだ。

ついでに家の敷地は田舎で畑なので夜は真っ暗。
なので、タイマー付きの街灯もすっきりポールに取り付けてもらって夕方〜夜にかけて道路を照らしてくれるようにしよう、防犯にも役立ちそうだ。

「すっきりポール」だけれども、多数の引き込み線が有り、アンテナが3つもついておまけに街灯まで、自身は全然すっきりじゃないみたい。

買い物はタイミングだよ


引っ越しをするとなると買いたいものもオニの様にでてくる。その中の大物にTVが居る。
もう私が学生時代に買った1994年製の21型テレビをずっと見ている。さすがに引っ越し時に買い換えようと模索していた。

年末に一度TVを探しにに電気屋さんに行ったけれども、40inch以上の液晶や、プラズマは平気で50万を超える価格で売ってる。なのでそのときはそそくさと退散してきた。

でも先週末にそろそろ買わないとまずいと思い立ち、いったい家の近くのヤマダ電機ではいくらくらいで売ってるのか偵察に行くことにした。

目当てはPanasonicのVIERAのプラズマで42inch or 50inchだ。価格.comの価格帯を調べた上でそのあたりをヒントに一応確認だけ行くつもりだった。掘り出し物でもあれば買おうと思って。

それが思いの外安かったんだ。価格,comの最安値には負けるけれどもびっくりするくらい安い。1月前くらいでは考えられないような金額だった。

もちろん、その場で衝動買いしようと思ったが、在庫無しでがっかり(^_^;)

でも買う気満々になってしまったし、悔しいのでダメもとでヤマダ電機のハシゴをしてみた。
そしたら次店舗にあっけなくありました。もちろんさっきと同じ値段で店舗在庫は無いらしいが取り寄せればOK。とっても不思議だったが、合ったんでまあいいかって感じ。

いい買い物ができて満足です(^.^)v

今回のからくりはこうだったんだ。

今回購入したのはVIERA-50PX500というモデルなんだが、この次期モデルが来月発売することが決定的になった。なのでどうも店の方も在庫処分を始めたらしい。私は在庫処分にぎりぎり間に合った。というところ。

ちなみに次期モデルの同ランクの商品の販売価格は今回購入した金額より20万ほど高くなりそうな勢いだ。そっちも気になるけど、まあいいか。

引っ越し業者


引っ越し業者については、この時期に混雑するのは分かっていたので1月中に決めてしまった。

一応引っ越し業者は3社ほど見積もりに来てもらった。
サカイ、クロネコ、Duckの3社だ。

まず、Duckははなしにならない、何が話にならないかっていうと、何を言っているのかよく分からないし、値段も高いし、営業マンがぴりっとしないのが最大の原因だと思う。

あとはクロネコと、サカイだが、引っ越し専門業者のサカイにお願いしようと思っていたが、値段が高い。そのうえ荷作りを自分で行うパックでもだ。

3社に見積もりを取って約一週間後、クロネコに契約の電話をしたが、予定日はすでに埋まってしまったのこと。はぁ〜?と思ったが電話で怒鳴っても仕方ないので抑えた、何とかならないか再度電話をもらうがやはり駄目のようだ。

あ〜あ〜、と思ったその日の夜になんとタイミング良くサカイの営業から電話が来た。

サカイ:「先日よりも安くしますので家でどうですか?まだ決まっていなかったら検討してみてください。」というような内容の話だった。

こちらとしてはクロネコに蹴られてしまったのでなんと都合のいいことか。

しめしめと思い、クロネコの条件を正直に伝えて上でほぼ同等の条件、金額でお願いできることになった。ラッキー(^.^)
ただ、人数とトラックが多く確保ができないらしく、2日間かけて引っ越しを行うことにした。まあ、いいだろう。

ただ、サカイの営業との約束には、かなり無理な約束をしているので当日はトラブルになりそうな、イヤな予感が・・・・・作業する人に伝わっていればいいんですがね〜(^_^;)

雪が降るので・・・・

c54d156e.jpg写真を見ても解るとおりここは雪国だ。

家にはエアコンとエコキュートで、2台のヒートポンプがある。実はこれらは寒さに弱い。寒くなると熱効率が悪くなってしまう。COPっていうのがそうだね。

それともちろん雪に埋もれては困るなので、ヒートポンプの設置は桁上げが施されている。

飾りその2

e47889de.jpgもう一つの飾りはここ階段足下の通気穴

「通気穴」と私が言っているくらいだから一応機能が有るんだけれども、ほとんど飾り。

穴の向こうは東西に走る廊下。つまり廊下とリビングの間に穴を空けちゃったと言うことだ。こんな所に穴を空けちゃって・・・・と言われたりもしたが、家は全館暖房で廊下もリビングも温度差が無いはず?

ということで開放感を出すのと、東西の廊下に光を入れる機能も含めて冒険です。
ちなみにこの穴、2つもあります。

凶と出ないでね

飾りその1

8df0dffc.jpg我が家は洒落たものはほとんど無い。

唯一のニッチ(飾り棚)がこれ。施工途中に階段を下りきった正面に作っていただいた。

一つくらい有っても良いだろうということで、洒落てみた。


IH対応

684bcf95.jpg最近は休日も仕事してる。1週間以上まえに終わっているはずの大工さんが・・・。

休日返上で大変そうです(-.-)

だからって訳ではないけれども先週末に、「夜もカップ麺食べながら残業していただいている」っていう情報を聞いたのでカップ麺を50〜60個と、コーヒー、お茶、ウーロン茶、甘いコーヒーをそれぞれ1ケースずつ差し入れしておきました。

一応これまでも土曜日にはお茶やお菓子の差し入れはしていた(義姉にお願いしたりして)のだが、がんばってくれていおるので誠意を見せなきゃと思って。

今日はカーテン屋(カーテンDo)が採寸に来た。これが当方すっかり忘れちゃって1時間以上現地で待たせちゃったんだ。非常に申し訳なかった。
この店はおもしろくて、店舗で打ち合わせしていた女の子がそのまま脚立を持ち、採寸に現場に来たんです。正直驚きました。どうりで店舗での打ち合わせの時に話がわかるハズでだ、ただの事務員でなかったんだ。

ところで現場はあと一週間強で引っ越しだが、まだ大工仕事も相変わらず結構残っている。和室の部分は完成していなくても何とか生活できるんで、引っ越し後に作業してもらう部分も出てきそうな感じだ。・・ま、焦らず丁寧にやってほしいものだ。

キッチンが入っていた、クリナップのやつ。残念ながら養生されているんで全体像は見ることができない。でもなんとなくはわかる・・・ちょっと高いかも。

高いっていっても値段が高いのは十分承知なんだが、900mmのカウンターがちょっと高かったかもしれない。夫婦共々170cm弱の身長なのでいいかと思ったが、こればっかりは使ってみないことにはわからんな。

最近あわてて鍋類の注文をした。これまでガスコンロを使っていたのがIHヒーターになるからすべて一新しなければならないからね。

宮崎製作所の「ジオ・プロダクト」シリーズ。値段もそこそこするが鍋類は長く使いたいので。取手部分まですべてオールステンレスで探していたらここにたどり着いた。

ちょっとこのシリーズのスーパーバイザーに「服部 幸應」がいるのをミーハーで気に入らないが、まあ、品物が気に入ったので仕方がない。

絵本もしまえるように

e5caad69.jpg一般図書と違い、絵本のサイズはバラバラだ、背が高いのもあれば、奥行きが深いのもある。

家にはなぜだか買い集めた絵本がすでに100冊以上は有る。
これらの本は下手するとしまうところが無くて段ボールの中じゃあまりにも寂しい。かといってたくさん作った本棚にも入らなければ、机の上や棚の上に置きっぱなしになってしまう。

なので、考えました。ここは階段下の空きスペースです。絵本のサイズを調べて、どれだけの奥行きと高さが必要かを指定して作ってもらった。階段下なので奥行きは十分に取れる。

また、階段下の本棚裏側は板一枚挟んで蓄暖が設置してあります。

参考までに棚の高さは下から350mm,300mm,300mm奥行きは320mmで作られています。

ロフト

c0f3c76b.jpg2Fの子供部屋は勾配天井ではロフトが作られている。
このロフトには畳を敷いて貰いベッド代わりにしようという作戦だ。

ロフトで寝られるようにしておけばベッドを置く必要がない。ベッドを部屋に置くと非常に狭くなるからね。

あと、俺も何となくロフトで寝るのは憧れていたから。

和室

d4d3e1d3.jpg和室の天井が出来ていた。

和室はこだわると霧が無さそうだし、よく解っていないので工務店にお任せ。壁の色、畳の縁の色と襖の柄だけ決めました。

杉の目透天井ですね。他はどんな風になるのか楽しみです。

本棚

be17d122.jpgこんな棚を家中に作ってもらった。

大小全部で8ヶ所作ってもらった一番大きいのは2F階段室の壁一面。何を入れるか言うと全てマンガの本を入れるように調整済みだ(全てはウソです)。

本棚を購入することも考えたが、壁一面の本棚と言うのも妻の夢であったらしく。ここは譲れない造作物でした。

ちなみにこの棚の下にはワークデスクを作ってもらいます。

1Fの床材

3339cc57.jpg2fの床材は桜の無垢板なのは前に説明した。

では1fの床材は何だったかというと、ヒノキだ。しかも節の無い高級品のようだ。何でこんな物になったのかというとちょうど工務店に在庫してあったのが1Fの床に貼るのにちょうど良いくらいの量が眠っていたそうだ。

これもまた傷の付きやすい、柔らかな感触。もちろんこれも母袋無くて塗装なんか出来ません。このまま汚しまくります
ブログ内google

www 全体を検索
本ブログ内を検索


過去の記事
メンテナンス用
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ