信州人の趣味と雑談

三河生まれだが、もう信州暮らしの方がずっと長くなってしまったサラリーマンがのらりくらりと綴る日々生活の与太話

ヤナギ

b0e47aab.jpgカウンターの板材が見つかった。

ヤナギの木らしい。私は良くわかんないけれども調べてみるとヤナギの木のまな板なんかは高級品らしい。

実物も来たのでさわってみると実になめらかな肌触りだ、柔らかいので傷も付きやすそうだがそんなの関係ないね。っと一笑。

ちょっと狭いベランダ

902c2d70.jpg2Fベランダは当初1500mm程設ける予定だった。

屋根の出の関係などから1000mmに縮小された。でもここは洗濯物を干して、布団を干すだけなので奥行きは不要。別にこのベランダでくつろごうなどとははじめから考えていないし、くつろぐのは1Fに広い庭もある、十分だ。

これを1500にするためには屋根(軒)を別途設ける必要があるという。ベランダに屋根の無い部分が存在すると雪が溜まるし、良いことは無し。軒を設ければ費用もかかるし・・・ということでこのまま。

できあがった感想は十分な広さでした。

ワカサギ釣り1

40d55512.jpg
先日大学の友人たちとワカサギ釣りに行ってきた。

しかし、3年くらい前から釣れなくなってきている。前は多いときは200匹以上釣れたこともあった。(電動リール無しで)

いまも電動リールは使用していないけれども今年は50匹くらいだった。少ない人は10匹を切っていた。かなしくなってしまう。それでも1日楽しく過ごせるのはありがたい。

仕上げ段階だね

99b86a23.jpg引越まであと1月を切った。

まだ現場は内壁も出来てないし、というより、今カタログをみて壁紙決めてるところ・・・・・・早く決めなくちゃ。

あと、床材の塗装や、出ている梁の塗装をどうするか決めないといけない。
こないだ現場を見に行ったら大黒柱となるものにウレタン塗装されていた。せっかく桧の美しい色だったのがなんだか作られた色と輝きになっていてがっかり(-_-;)

いちおう今後の塗装の予定などを聞いて、一旦止めてもらうことにした。どうも工務店から見るとウレタンとそうしないと、「手抜き工事」の様な感覚らしい。もう、ウレタン塗装が常識となってしまっているようで非常に残念。

私はどうもコーティングが好きになれなかったので、少なくとも床に関しては1Fと2Fのそれぞれ桧と桜の床は「塗装しないでくれ」って頼んであった。この辺りから私の意図をくみ取って塗装に関して気を遣って欲しかったが伝わらなかったようです。

で塗装にはなにを使おうかといろいろ思案した結果こんな物があった

木面の保護材には有名な物で「アウロ」や「オスモ」なんてのがあるらしいけれども。これらは単純なオイルフィニッシュなので、1年もしないで上塗りが必要になる。家にはとてもそんな器量がないのでさらに探した結果ありました。

「未晒し蜜ロウワックス」っていうやつ。

要するにハチの巣から取れるロウ。昔はろうそくとかに使ってたらしい。これなら耐久性も良さそうで完璧ではないだろうか(^_^)b

でも誰が塗るんだ・・・・・・・自分でやろうと思ったけれどもいかんせん時間が無い!ちょっと逃げ腰の工務店側に交渉てみることにするか。

階段を裏から見てみる

6de25ffe.jpg階段を裏から見てみるとこんな感じ。

施工途中の絵は見られなかったので、施工後の図。きちんと踏み板は柱を刻んで組んである。これなら少々のことでガタが来ることはないでしょう。

ササラはきちんと止まっているのかな?各踏み板としっかり組まれているので問題有りません。


エアコン購入

16f34dcf.jpg
ここらの夏は別に暑くないんでエアコンなんか不要なんだ。

でも家の暖房は蓄熱暖房機。なので前日の夜に蓄熱しておかないと翌日は全く暖房は使えません。

それじゃあ困ります。暖かくなったナーっておもって蓄暖を切った場合の補助暖房としてどうしても必要なことが分かった。
だからエアコンお願いしたんだが、工務店紹介の業者はやたらとエアコン本体が高い。
kakaku.comで18万くらいのエアコンが26万もするという。安くならないか?ならない。

じゃあ、と言うことで初の施主支給となった。

それで選んだのが東芝の大清快シリーズの一番でっかいやつでなんと7.1Kw。
これが18万弱でヤマダに売ってた。要するに在庫処分品。

もちろん取り付け料は発生しているがそれはもともと発生する物。いいんじゃないだろうか。

とりあえずはエアコン用の配管をして貰う。

キッチン周りもそろそろ

85479ac7.jpgキッチンの周りの造作も始まりました。

キッチンはお決まりの対面式キッチンにしました。
ダイニング側にはカウンターを付ける予定です。そのカウンターは老後もずっと使い続けることが出来るような物を何かありませんかと工務店にお願いしているところです。

なにか良い木が有ったらそれを取り付けて貰います。どんなのが出来るか楽しみです。

ストリップ階段

25fa19a5.jpg「ストリップ階段」て言うんですか?こういう階段を。

リビングの階段はちょっと考えさせていただきました。
毎日上る物だし、リビング階段なので意匠的にもあんまり変な階段は嫌。ということで、何となく思いついたのがこんな雰囲気の階段。

これは私が下手な図面を描いて棟梁へ説明したものです。

実は私の図面上ではササラが踏み板の中心に来るような図面だったのですが、「右側の壁と、中心で踏み板を支えると月日を重ねた時にガタが来るかも知れない」と棟梁の言葉で少し中心から左に寄りました。
それでもほぼ思い通りの階段が出来上がり満足です。

照明の選定はおまかせ?

今頃になって照明を選ばなきゃいけないことに気が付いた。

照明の選定は結構たいへんだ。メーカーもいっぱいあるし、種類も一杯ある。
自分のイメージだけでは時間が掛かりすぎてしまう。

そこで一旦、コーディネーターにお任せすることに。とはいっても家は工務店で建ててもらうので工務店にインテリアコーディネーター何か居る訳もなく、プロに頼むほどお金に余裕がある訳でもない。

そこで見つけたのがメーカーのショールームに行くと無料で提案のサービスをしてくれるらしい。
幸いにも長野市にナショナルのリビングショールームがあったので家の平面図を持って早速出かけてみる。

ショールームにはそれらしく照明などが沢山飾られているが家のイメージと全く違うので参考にならない。とりあえずお姉さんを呼んで提案してもらうことに。

平面図を広げながら、「ここが、梁が現しになっているリビングで、ここが勾配天井で・・・」と一通りの説明をする。
あと、自分の部屋のイメージと予算も簡単に伝える。その場で何か作成してくれるのかと思ったんですが、後で郵送してくれるらしい。

どんな提案が出来てくるか期待しながら帰宅。

後日送られてきたのは思ったよりも立派な代物だった。
見開きA3で4ページ、私が渡した1Fと2Fの図面がそれぞれに描かれており、そこに照明のイメージが写真付きで記入されている。

さすがに慣れているもので有る程度統一されたイメージで出来上がっている。あとはこれを参考にして自分たちで調整してゆけば良いだけだ。

このサービスは大変助かった、時間があればやらないと損だね。

中部電力も始めました。

今日のニュースで4/1〜料金の改正の話をやっていたんで、「もしかしたら」と思い中部電力のHPを見てみたらありました(祝!!)

以下抜粋-----------
>低圧深夜電力Bをご契約で、マイコン型夜間蓄熱式機器をお使いの場合は、
>お申し出により燃料費調整額を除いた料金の15%を割引いたします。深夜電気
>温水器や蓄熱式電気暖房器などを買い替えの際は、当社営業所に必ずご連絡下さい。
>マイコン型夜間蓄熱式機器:マイコンにより自動的に給水温度と残湯量を検知し
>て、通電を制御するタイプの電気温水器や、同様の機能を有する蓄熱式電気暖房 >器など
--------------------

こういった割引は他の電力会社管轄では既に存在していたので何故中部電力は割引無いんだ〜って思っていたところです。

詳細を見てみると、蓄暖1kwあたり、178.5yenの割引が受けられるようになると言うことです。
 と言うことは我が家では28kwの蓄暖があるので

・・・ 28kw x 178.5yen x 12months = 59,976yen なんと、蓄暖割引だけで年間6万円弱の割引が受けられるようになります。

ありがたいですね〜

食洗機が・・・無い?

キッチンはクリナップにした。

一般的にキッチンを決める時の主導権はほぼ100%妻にあるのが一般的だろう。でも共働きの家では私もかなり参加した。結構やるからね。

じゃあ、食洗機は何にしようと言うことで、ネット上では評判の良く、まえから気になってた「ホシザキ」製品をビルトインする事が出来るかクリナップに聞いてみた。

カタログには無かったようだが、どうやら取引はあったらしい。「大丈夫ですよ」と言うことでお願いしておいた、これが12月初めだった。

この時点で近々ホシザキが家庭用食洗機から撤退することは知っていたんだが・・・。
それをきちんと伝えていなかったのが失敗だった(;´_`;)

今月になってすっかり忘れていた食洗機について工務店に聞いてみた。
私:「食洗機は大丈夫ですよね?」
工:「大丈夫と言われると・・・?」
私:「ホシザキは12月いっぱいで家庭用食洗機を作らないらしいですよ」
工:「え”? クリナップに確認してみます」

私もクリナップ経由だからきっとメーカー用には在庫があるんだろうな〜って勝手に考えてたんだ。それが油断だった。一応クリナップも在庫を探して報告をくれるらしい。
クリナップも私に指摘されるまで全く知らなかったらしい。見積もりに書いてある商品が直前に無いなんてのは困るんで、何とかしてもらうことにした。

が、週末にクリナップ担当者が頭を下げにきた。
ク:「すみません、メーカーにも在庫有りませんでした。他メーカーで同等の物を探しますから」
私:「他のメーカーに同等の物はありません」 と
ク:「・・・・・・・・」
私:「もう少し悪あがきしてみて下さい。私も自力で探しますから」

結局、私が通販業者ですぐに見つけることが出来たんでそれを確保してもらい、工務店に報告しておいた。私がリスクを冒して通販する必要もないので、後は先方にバトンタッチした(大丈夫だよねと自分に言い聞かせ)

彼らはこの「なんとかする」ってのを分かっちゃいないんだ。

これでなんとか、幻になりそうな食洗機を導入することが出来そうだ。

第3種換気システムはここ

6cae4ab8.jpg例の換気システムの本体が設置される場所です。

換気装置も大中とサイズがあって大で十分な容量をまかなえると思っていたんですが、実はギリギリの容量。

追加ダクトとして、リビングと広縁に床下との繋がり用のスリットを設け、床下には排気ダクトを潜り込ませた。さらに小屋裏にも排気ダクトを1本。
共に排気量は少ないが、多少でも空気をかき回してくれるだろう。

1Fの玄関〜廊下〜リビングは羽目板で山小屋風?

ef39c1be.jpgこれも結構ギリギリになってお願いした物です。

一応我が家は「和風っぽい山小屋風な木が見える家」っていうコンセプトなので(なんだそりゃ?)

腰板を施工して貰います。ついでにリビングの天井と子供部屋の勾配天井にも羽目板施工です。

ここは節有りで、塗装品です。そろそろ贅沢は出来ません。

タコ型おばけ?

3123c10d.jpgこれは子供たちが「タコお化けだ〜」っと怖がっている3種換気システムのチャンバーです。先ほどのマルチメディア部屋のちょうど真上に当たります。

マルチメディア配管

c77b0ed6.jpgこのオレンジケーブルが集中しているところにはマルチメディア用のボックスを設置して貰い、その中にはTVアンテナのブースター、ハブ、ルーター、ADSLモデム等が入ります。

この絵はまだ配管途中で実際にはもっと増えます。

ちなみに天井に見えるのは3種用の排気ダクトで、右手に見えるのはやはり3種換気システム1F〜2F接続用のダクトです。

無垢の桜です。

6a57eaa2.jpg床板はさんざん悩んだ一品。

もちろん材料にも悩んだが、塗装するかしないかを結構悩んだ。

結局は無塗装のまま施工して貰い、後でワックスを掛ける事にした。
無塗装の床は汚れやすく、あんまり掃除をしない我が家には大丈夫だろうか?と不安は大いに残る。

あんまり汚れや傷は気にしないのも我が家の特徴なので大丈夫だろう。

ちなみにこの桜は2Fの床材だ。

追加して貰った2F水道

86993376.jpg急きょ、追加して貰ったのがこの2Fの水道。

寝室横の物干し部屋に水道があった方が良かろうと言うことで最近お願いして何とか設置が間に合ったという物。

排水が1Fの北東、この水道が2Fの南西。つまり家の一番長い方向を斜めに排水するのだが、何とか勾配は取れたと言うことです。

まあ、ここは変な物流す訳じゃないし。大丈夫でしょう。

サイディングの色が決まっていません・・・。

9972fef0.jpg来月中には完成なのにサイディングの色がまだ決まっていないなんて。

東レやら、トステムやら、サイディングのカタログとサンプルをたくさん送ってもらっている。
サンプルは500mmx300mm位の物だが結構重い。コレガ家中に張られるのかと思うと壁は崩れてこないのかと心配になったりする。

その前にこのアパートのベランダもサイディングサンプルで崩れそうなのだが・・・・。


和室の天井

9715ce89.JPG和室の天井施工途中だ。

和室は本当の和室。っていうか普通の和室。なので天井も吊り天井になる。こんな風に作るんだな〜っと、巨漢が天井裏に入ったら間違いなく落ちるね。

オレンジケーブル

4d7ad3e9.JPGコンセントボックスに繋がっているオレンジの線はオレンジケーブルって言うケーブルの束です。

この中には同軸x2、LANx1、TELx1のタイプで太さが17mmになります。

電気配管

d3a8897a.JPG電気の配管と、インターネット用の配管、電話、ホームシアター用の配管をPF管にて施工して貰う。

結構な量ですね。

和室蓄暖用の地袋

26814763.JPG蓄暖を入れ込む地袋なんだけれども、蓄暖がとても重い為に外側には基礎が作ってある。

電気工具はやっぱり日立ですね。

電気配線打合せ


今日は電気屋さんと電灯の位置やら、コンセントの位置、はたまた弱電関係の位置を現場で打ち合わせしてきた。

電灯のばしょや、明るさははっきり言って良く分からない。だって電気がついていないのにどのくらい明るいか判らない物。でも、一応そのためにナショナルの電気の相談サイトがあって、そこに依頼したときに出てきた「あかりプラン」なるものを参考にして打ち合わせした。

特に難しいのがリビングダイングの梁現しの部屋だ。ここは梁が沢山出ている為、照明がどれくらいの部分まで照らすのか想像が難しい。

深く考えても判らないんで、適当に付けてもらうことにした。ちょっと心配です。

気密テスト

昨日気密テストを行った。

トステムの担当者1名と作業者が2名と、換気施工業者が1名来た。もちろん工務店の現場主任と大工さん達は働いてる。

30分ほど準備を行いあとは測定開始。測定自体は機械が勝手に行うようだ。他の人は見てるだけ。

聞いてみると気圧を外気圧に比べて10pa〜70paまで変化させて測定するらしい。

測定も5分も掛からなかった。

トステムの人がざわめく・・・。
「0.27」、「C値0.27ですぅ!」

少しわざとらしいが良い数値だったのでなんとなく良かった。やっぱり数値が悪くてどぎまぎするより一発で良い数値が出ればうれしい。

ちなみに気圧差70paの時に玄関の開き戸を開けるのは子供や老人には無理だ。かなり重い。まるで鍵が掛かっているようです。
そして、その気圧差のまま、窓を数センチ開けると台風のように風が吹き込んでくる。本当に台風の様に、だ。

丁寧に仕事をしてくれた大工さんに感謝だ。

このC値=0.27cm2/m2という数値は総床面積に対すると7cm2程度の穴があいている計算だ。と言うよりこちらから計算した物だ。

第2回目の測定もあるのかと思ったが、無いようだ。あとは大工さんにお任せしよう。この大工さんなら大丈夫だ。

3191d8cf.JPG

浄水器も土壇場で・・

はじめは浄水器などはあんまり興味がなかったのでキッチンを選ぶ時も浄水器は選択肢に入れなかった。

その後いろんな情報を見ていると「シーガルフォー」なる浄水器が有ると言うことを知った。

私はアパート暮らし時代から水道の水はまずくて飲めず、ペットボトルで購入していた。今後もそのつもりだった。部屋も広くなるし、置き場所には困らないだろうと。

でも調べて行くうちに浄水器の能力もかなりの力があることに気が付いた。

なのでちょっと計算
ペットボトルの水を毎日1本購入
200yen x 365days = 73,000yen
うん、一年で7万以上の出費になるらしい。
対してシーガルフォーは購入代金約15万円、カートリッジ1万円/年間

2〜3年でどっちも変わらないようなので早速シーガルフォーを追加。とは言っても、キッチンにビルトインできなければ格好悪い。クリナップに確認してみるとカタログには無いが、取引はあるのでビルトインできるとのこと。ラッキー。

と言うわけで我が家の浄水器は「シーガルフォー」が付いている。


※以前のTV番組「料理の鉄人」で話題になったらしい。


e6dafec7.JPG




納入後の浄水器

玄関ポーチは

5e79b61e.JPGこれは小さすぎる玄関ポーチ。

はじめからそのつもりだったのか定かではないが、これを見た限りでは解らないがポーチが小さすぎる。

外から玄関ドアを開けると自分がポーチから落ちてしまう。これじゃまずいので監督に相談。もっと広くなりますか?と。

回答はあっさりと、ここへ更にコンクリを打ってポーチは広くします。これぐらいで良いですか?と線を引きながら教えてくれる。

この後十分な広さにして貰う予定。

SWなの。

c68e41bc.JPG家はトステムのSW。

でかでかと登りを上げてあるが、決まりなんだろうか?

玄関を少し入ったところ

b70770b4.JPG玄関を入っての絵。
左に見えるの養生されているのは大黒柱で、ここら辺には土台が無いんだな〜と見つめる。

要するにここは玄関ホールだね。

基礎内断熱と給水

9bb0f5e7.JPGここはキッチン北側の食品庫下だ。

北側にエコキュートが有るので全て水道関係はここから進入してくる。

ユニットバス

お風呂はもちろんユニットバス。

総ヒノキのお風呂も検討したんだけれども、それなりの物を作るとなると200〜300万ほど掛かってしまうので諦めました。メインテナンスも大変そうだしね。

ユニットバスはヤマハに良い物があったので一度ヤマハに決定しました。

しかし、その後いろいろ考えている内に、我が家では風呂の残り湯を洗濯に使用していることを思い出しました。毎日私が最後にお風呂にはいるので洗濯機から蛇腹のホースを湯船に入れておくのが仕事でした。

何か便利な物は無いかとカタログを探していたところ、有りました。

TOTOの「洗濯用お湯取りシステム」です。

早速ショールームに行き相談、でも担当者曰く

「お湯取りシステムの仕組み上、寒冷地なので設置できません」との回答。

下記図を見て貰うと解るけれども基礎の中を残り湯が通過する仕組みになっている為に、基礎内が氷点下になる寒冷地では無理とのこと。
d7bae222.JPG





う〜ん、困った。こんな便利なシステムなのに・・・でもよく考えてみると我が家は基礎断熱。

「大丈夫じゃん」と言うことで担当者に相談も

「ここら辺では設置した例は無い」と言う。

「じゃあ、自己責任で」と言う私の言葉で無理矢理に設置して貰うことに。
全く問題ないはず。

まだ、住宅設備メーカーでさえ、基礎断熱が浸透していないと言うことか。

ついでに、TOTOには「魔法瓶浴槽」ってのがあるのでそれを選択。
従来の浴槽では2度の温度低下まで1.5時間、だが、魔法瓶浴槽はなんと6時間!・・・らしい。

我が家は予算の都合上「魔法瓶浴槽ライト」で2度の温度低下まで4時間という物にした。

ちなみにヤマハのユニットバスはなんとかキャンセルできたらしい。


ブログ内google

www 全体を検索
本ブログ内を検索


過去の記事
メンテナンス用
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ