信州人の趣味と雑談

三河生まれだが、もう信州暮らしの方がずっと長くなってしまったサラリーマンがのらりくらりと綴る日々生活の与太話

ついに完成

e070206b.jpg
ついに完成した。

本当に家なんか建つのか〜なんて思っていたら出来ちゃったって感じ。ともあれ、時間がないんで引越だった。29日までワックスかけしてもらって31日には引越で、そのまま生活・・・。できるんか?


引越は専門業者のサカイ。これが実に手際よく、素早い。自分たちでやっていちゃら一週間以上はかかったろう仕事を2日でやっちゃった感じ。

まあ自分の荷物じゃないんで迷いが無いのもいいんだろうな。だって自分で荷作りするとついつい思い出に浸っちゃって写真なんか見たりしてすぐ一日終わっちゃうんだし。


とにもかくにも、引越は順調に出来た(^。^)v

ワックス施工

11271844.jpg最初は経費節減のために床のワックスは家族みんなでやるつもりだった。

だけども工事が終わって引越まで3日ほどしかない、しかも平日。どうしても出来そうにないので工務店にお願いすることにした。

結構ワックスには悩んだ。
有名なオスモや、アウロなんかも検討したが、我が家に一番似合いそうなのが「蜜蝋ワックス」だった。オスモなどと同様に浸透性のワックスであることは変わりないが、やっぱり蝋なので多少皮膜が厚い様な気がする(サンプル貰って塗ってみた主観だが)。

工務店も初めてのワックスで多少緊張したらしい。試し塗りしながら作業してくれたようだ。このワックス乾燥に、24時間ほど掛かるので引越の前日には完了して貰った、忙しい中ありがとう。

また、顕しの梁には施工が簡単なワックス「匠の塗油」をお願いした。これの主成分は「荏油」をベースにしたやはり天然成分100%のワックス(というかこちらはオイル)だ。

また1年後くらいには床をもう一度塗り直したいがさて、出来るかどうか・・・。

やばい、照明器具が!


今日は慌てちゃったよ。


照明器具は工事してくれている電気屋さん経由でお願いすると定価の70%位の価格で仕入れることになる。ちょこっとネットで照明器具を調べたらなんと48%で売ってるじゃないの!

電気屋さんには申し訳ないけれども、定価ベースで総額90万ほどする照明器具。70%と48%じゃあ、えっと・・・約20万も違ってきちゃう。もちろん取り付け料金はお支払いするけれどもそれでも軽く10万以上は安いんで通販しました。よって、エアコン、テレビに引き続きこれも施主支給。


なにが慌てたかって引っ越しまで時間がないために照明の取り付けは3/28に必ずおこなわないといけない。家の引っ越しは3/30〜3/31なんだけれども、今日は3/27です。

なので今日現場に配達してもらうはずの照明が手違いで営業所止めに、仕方ないんで会社が終わったら慌てて帰り、黒猫で荷物を受け取り現場へ持って行ったんだ。

そしたらまだ、水道屋さんと、電気屋さんがいろいろ仕事してた。もう8時だって言うのに。照明器具は電気屋さんと一緒に内容をチェックして、結果はOK。明日になんとか取り付けられそうだ。


は〜よかったよ(;´_`;)


あと今日現場見てきたら廊下などのフットライトがつくはずの場所にふつうのコンセントボックスが着いているじゃない!こりゃいかんと思って、慌てて電気屋さんに相談・・・引っ越しまでになんとかなりますよ、とのこと。苦労かけます(^_^;)


フットライトは最近台頭してきたLEDのやつ。夜暗くなると一晩中光ってるんだ。それでも電気代は1ヶにつき5円/月だから8箇所つけて40円/月。これだけで夜中のトイレが安心できるならいいじゃないだろか。

復習

10f472f3.JPGSWってなんだ?「スーパーウォール」だ。

そもそも家を建てるときに重要な部分があった。「高気密高断熱住宅」。略して「高高住宅」なんて呼んだりする。一言で高高住宅っていっても建て方、工法は1つじゃない、有名なのでSC、FB、WB、FP・・・・まだまだいろいろある。

特にSCはソーラーサーキットといって私が家作りについてかなり影響された工法だった。
ちなみにこのSC工法の生みの親である「松井修三」さんが書いた「『いい家』が欲しい」に出会ったのがきっかけだ。本と同名の談話室というものがあり、私自身かなりお世話になった掲示板だ。

とはいえ、SCは少し高いしそもそも私は建てる工務店が決まっている(^_^;)
たまたま、その工務店が最近採用し始めたのが「スーパーウォール工法」だったんだ。

簡単に言うとSWっていうパネルを柱と柱の間にはめ込んでゆく工法。非常にわかりやすい。ただそれだけのことだ。

じゃあSWパネルって何だ?
60mmの硬質発泡ポリウレタンを2枚の合板(OSB板といわれる物)12mmで挟み込んだ物だ、その4片すべてに柱間にはめ込んだ時、気密を取るためのパッキンが付いている。それだけです。

従来の断熱方法は柱に外から合板を貼り付け、透湿シートを貼り、内側からグラスウールを敷き詰めてゆき、気密シート、内壁という感じだ。そうするとどうしても施工の仕方によっては気密がとれないことがある。シートに穴が開けばそれで終わりだから。また、断熱材も施工不良からどうしても逃れられない。その点をカバーし、開発された簡単材料がSWの様です。

そのほか大きな相違点は基礎断熱、屋根断熱にしたところか。屋根断熱は小屋裏も有効に使えるからいいと思ったが、できあがると思ったより狭くて少々がっかりだが、麻雀部屋程度にはなりそうだ(^.^)

写真はSWパネル

蓄暖も設置されています

a509d1ba.jpg
蓄熱暖房機の事。

わたしは蓄熱暖房機を冬の暖房に使う。寒冷地においてははやりのオール電化住宅における一般的?になりつつある?・・・・・まだあまりメジャーではない暖房設備だ。

オール電化で使うわけだからもちろん電気で煉瓦を暖めて放熱する仕組み。深夜電力で暖めるから電気代(昼間使うよりは)も安い。
また、2006/04/01からマイコン型蓄熱暖房機割引っていうのを中部電力でも開始される。何が中部電力でもかっていうと、ほかのどの電力会社も数年前からこの割引を始めていたんですよね〜。割引してなかったのは中電だけ!!

こないだ私が苦情入れたのがよかったかもしれんな(^_^;)

この暖房機がとにかく重い!!家中に入れる蓄暖の重さを足し算してみたら・・・なんと1.3tも有りました。

本日、ちょうど設置中だったんで貴重な画像を取ることが出来たよ。

すっきりポールって?

20243aa3.jpg
ある時ナショナルのカタログを見ていたら「すっきりポール」ってのがあった。

こりゃなんだ?って思って見てみると、どうも各種ケーブルの引き込み用のポールらしいことが判明。
電話線、有線放送、もちろん電気幹線、光ケーブル、ケーブルテレビと、とにかく家の外から内にケーブルを引き込むためのポールだったんだ。

これがなかなかいいんじゃないってことで採用。

ポールは敷地の端に立てる、電柱からポールへは普通の綱渡り状態。
そしてポールから家へは地下を通して引き込みます。そうすると家の外壁にケーブル類が何も無く「すっきり」。だから「すっきりポール」なんだなと改めて納得。

おまけにこのポールにはTVのアンテナも立てられる。使うか分からないが、BSもCSも一応立てておいてもらった。もちろん家への引き込みは地下を通って・・・家にはアンテナもなく、すっきりだ!

もう一ついいところは電力会社の人が検針に来たときも家の周りをウロウロされることがない、敷地の端(道路脇)にあるポールに電気メーターも付けてしまうからなのだ。

ついでに家の敷地は田舎で畑なので夜は真っ暗。
なので、タイマー付きの街灯もすっきりポールに取り付けてもらって夕方〜夜にかけて道路を照らしてくれるようにしよう、防犯にも役立ちそうだ。

「すっきりポール」だけれども、多数の引き込み線が有り、アンテナが3つもついておまけに街灯まで、自身は全然すっきりじゃないみたい。

買い物はタイミングだよ


引っ越しをするとなると買いたいものもオニの様にでてくる。その中の大物にTVが居る。
もう私が学生時代に買った1994年製の21型テレビをずっと見ている。さすがに引っ越し時に買い換えようと模索していた。

年末に一度TVを探しにに電気屋さんに行ったけれども、40inch以上の液晶や、プラズマは平気で50万を超える価格で売ってる。なのでそのときはそそくさと退散してきた。

でも先週末にそろそろ買わないとまずいと思い立ち、いったい家の近くのヤマダ電機ではいくらくらいで売ってるのか偵察に行くことにした。

目当てはPanasonicのVIERAのプラズマで42inch or 50inchだ。価格.comの価格帯を調べた上でそのあたりをヒントに一応確認だけ行くつもりだった。掘り出し物でもあれば買おうと思って。

それが思いの外安かったんだ。価格,comの最安値には負けるけれどもびっくりするくらい安い。1月前くらいでは考えられないような金額だった。

もちろん、その場で衝動買いしようと思ったが、在庫無しでがっかり(^_^;)

でも買う気満々になってしまったし、悔しいのでダメもとでヤマダ電機のハシゴをしてみた。
そしたら次店舗にあっけなくありました。もちろんさっきと同じ値段で店舗在庫は無いらしいが取り寄せればOK。とっても不思議だったが、合ったんでまあいいかって感じ。

いい買い物ができて満足です(^.^)v

今回のからくりはこうだったんだ。

今回購入したのはVIERA-50PX500というモデルなんだが、この次期モデルが来月発売することが決定的になった。なのでどうも店の方も在庫処分を始めたらしい。私は在庫処分にぎりぎり間に合った。というところ。

ちなみに次期モデルの同ランクの商品の販売価格は今回購入した金額より20万ほど高くなりそうな勢いだ。そっちも気になるけど、まあいいか。

引っ越し業者


引っ越し業者については、この時期に混雑するのは分かっていたので1月中に決めてしまった。

一応引っ越し業者は3社ほど見積もりに来てもらった。
サカイ、クロネコ、Duckの3社だ。

まず、Duckははなしにならない、何が話にならないかっていうと、何を言っているのかよく分からないし、値段も高いし、営業マンがぴりっとしないのが最大の原因だと思う。

あとはクロネコと、サカイだが、引っ越し専門業者のサカイにお願いしようと思っていたが、値段が高い。そのうえ荷作りを自分で行うパックでもだ。

3社に見積もりを取って約一週間後、クロネコに契約の電話をしたが、予定日はすでに埋まってしまったのこと。はぁ〜?と思ったが電話で怒鳴っても仕方ないので抑えた、何とかならないか再度電話をもらうがやはり駄目のようだ。

あ〜あ〜、と思ったその日の夜になんとタイミング良くサカイの営業から電話が来た。

サカイ:「先日よりも安くしますので家でどうですか?まだ決まっていなかったら検討してみてください。」というような内容の話だった。

こちらとしてはクロネコに蹴られてしまったのでなんと都合のいいことか。

しめしめと思い、クロネコの条件を正直に伝えて上でほぼ同等の条件、金額でお願いできることになった。ラッキー(^.^)
ただ、人数とトラックが多く確保ができないらしく、2日間かけて引っ越しを行うことにした。まあ、いいだろう。

ただ、サカイの営業との約束には、かなり無理な約束をしているので当日はトラブルになりそうな、イヤな予感が・・・・・作業する人に伝わっていればいいんですがね〜(^_^;)

雪が降るので・・・・

c54d156e.jpg写真を見ても解るとおりここは雪国だ。

家にはエアコンとエコキュートで、2台のヒートポンプがある。実はこれらは寒さに弱い。寒くなると熱効率が悪くなってしまう。COPっていうのがそうだね。

それともちろん雪に埋もれては困るなので、ヒートポンプの設置は桁上げが施されている。

飾りその2

e47889de.jpgもう一つの飾りはここ階段足下の通気穴

「通気穴」と私が言っているくらいだから一応機能が有るんだけれども、ほとんど飾り。

穴の向こうは東西に走る廊下。つまり廊下とリビングの間に穴を空けちゃったと言うことだ。こんな所に穴を空けちゃって・・・・と言われたりもしたが、家は全館暖房で廊下もリビングも温度差が無いはず?

ということで開放感を出すのと、東西の廊下に光を入れる機能も含めて冒険です。
ちなみにこの穴、2つもあります。

凶と出ないでね

飾りその1

8df0dffc.jpg我が家は洒落たものはほとんど無い。

唯一のニッチ(飾り棚)がこれ。施工途中に階段を下りきった正面に作っていただいた。

一つくらい有っても良いだろうということで、洒落てみた。


IH対応

684bcf95.jpg最近は休日も仕事してる。1週間以上まえに終わっているはずの大工さんが・・・。

休日返上で大変そうです(-.-)

だからって訳ではないけれども先週末に、「夜もカップ麺食べながら残業していただいている」っていう情報を聞いたのでカップ麺を50〜60個と、コーヒー、お茶、ウーロン茶、甘いコーヒーをそれぞれ1ケースずつ差し入れしておきました。

一応これまでも土曜日にはお茶やお菓子の差し入れはしていた(義姉にお願いしたりして)のだが、がんばってくれていおるので誠意を見せなきゃと思って。

今日はカーテン屋(カーテンDo)が採寸に来た。これが当方すっかり忘れちゃって1時間以上現地で待たせちゃったんだ。非常に申し訳なかった。
この店はおもしろくて、店舗で打ち合わせしていた女の子がそのまま脚立を持ち、採寸に現場に来たんです。正直驚きました。どうりで店舗での打ち合わせの時に話がわかるハズでだ、ただの事務員でなかったんだ。

ところで現場はあと一週間強で引っ越しだが、まだ大工仕事も相変わらず結構残っている。和室の部分は完成していなくても何とか生活できるんで、引っ越し後に作業してもらう部分も出てきそうな感じだ。・・ま、焦らず丁寧にやってほしいものだ。

キッチンが入っていた、クリナップのやつ。残念ながら養生されているんで全体像は見ることができない。でもなんとなくはわかる・・・ちょっと高いかも。

高いっていっても値段が高いのは十分承知なんだが、900mmのカウンターがちょっと高かったかもしれない。夫婦共々170cm弱の身長なのでいいかと思ったが、こればっかりは使ってみないことにはわからんな。

最近あわてて鍋類の注文をした。これまでガスコンロを使っていたのがIHヒーターになるからすべて一新しなければならないからね。

宮崎製作所の「ジオ・プロダクト」シリーズ。値段もそこそこするが鍋類は長く使いたいので。取手部分まですべてオールステンレスで探していたらここにたどり着いた。

ちょっとこのシリーズのスーパーバイザーに「服部 幸應」がいるのをミーハーで気に入らないが、まあ、品物が気に入ったので仕方がない。

絵本もしまえるように

e5caad69.jpg一般図書と違い、絵本のサイズはバラバラだ、背が高いのもあれば、奥行きが深いのもある。

家にはなぜだか買い集めた絵本がすでに100冊以上は有る。
これらの本は下手するとしまうところが無くて段ボールの中じゃあまりにも寂しい。かといってたくさん作った本棚にも入らなければ、机の上や棚の上に置きっぱなしになってしまう。

なので、考えました。ここは階段下の空きスペースです。絵本のサイズを調べて、どれだけの奥行きと高さが必要かを指定して作ってもらった。階段下なので奥行きは十分に取れる。

また、階段下の本棚裏側は板一枚挟んで蓄暖が設置してあります。

参考までに棚の高さは下から350mm,300mm,300mm奥行きは320mmで作られています。

ロフト

c0f3c76b.jpg2Fの子供部屋は勾配天井ではロフトが作られている。
このロフトには畳を敷いて貰いベッド代わりにしようという作戦だ。

ロフトで寝られるようにしておけばベッドを置く必要がない。ベッドを部屋に置くと非常に狭くなるからね。

あと、俺も何となくロフトで寝るのは憧れていたから。

和室

d4d3e1d3.jpg和室の天井が出来ていた。

和室はこだわると霧が無さそうだし、よく解っていないので工務店にお任せ。壁の色、畳の縁の色と襖の柄だけ決めました。

杉の目透天井ですね。他はどんな風になるのか楽しみです。

本棚

be17d122.jpgこんな棚を家中に作ってもらった。

大小全部で8ヶ所作ってもらった一番大きいのは2F階段室の壁一面。何を入れるか言うと全てマンガの本を入れるように調整済みだ(全てはウソです)。

本棚を購入することも考えたが、壁一面の本棚と言うのも妻の夢であったらしく。ここは譲れない造作物でした。

ちなみにこの棚の下にはワークデスクを作ってもらいます。

1Fの床材

3339cc57.jpg2fの床材は桜の無垢板なのは前に説明した。

では1fの床材は何だったかというと、ヒノキだ。しかも節の無い高級品のようだ。何でこんな物になったのかというとちょうど工務店に在庫してあったのが1Fの床に貼るのにちょうど良いくらいの量が眠っていたそうだ。

これもまた傷の付きやすい、柔らかな感触。もちろんこれも母袋無くて塗装なんか出来ません。このまま汚しまくります

ヤナギ

b0e47aab.jpgカウンターの板材が見つかった。

ヤナギの木らしい。私は良くわかんないけれども調べてみるとヤナギの木のまな板なんかは高級品らしい。

実物も来たのでさわってみると実になめらかな肌触りだ、柔らかいので傷も付きやすそうだがそんなの関係ないね。っと一笑。

ちょっと狭いベランダ

902c2d70.jpg2Fベランダは当初1500mm程設ける予定だった。

屋根の出の関係などから1000mmに縮小された。でもここは洗濯物を干して、布団を干すだけなので奥行きは不要。別にこのベランダでくつろごうなどとははじめから考えていないし、くつろぐのは1Fに広い庭もある、十分だ。

これを1500にするためには屋根(軒)を別途設ける必要があるという。ベランダに屋根の無い部分が存在すると雪が溜まるし、良いことは無し。軒を設ければ費用もかかるし・・・ということでこのまま。

できあがった感想は十分な広さでした。

ワカサギ釣り1

40d55512.jpg
先日大学の友人たちとワカサギ釣りに行ってきた。

しかし、3年くらい前から釣れなくなってきている。前は多いときは200匹以上釣れたこともあった。(電動リール無しで)

いまも電動リールは使用していないけれども今年は50匹くらいだった。少ない人は10匹を切っていた。かなしくなってしまう。それでも1日楽しく過ごせるのはありがたい。

仕上げ段階だね

99b86a23.jpg引越まであと1月を切った。

まだ現場は内壁も出来てないし、というより、今カタログをみて壁紙決めてるところ・・・・・・早く決めなくちゃ。

あと、床材の塗装や、出ている梁の塗装をどうするか決めないといけない。
こないだ現場を見に行ったら大黒柱となるものにウレタン塗装されていた。せっかく桧の美しい色だったのがなんだか作られた色と輝きになっていてがっかり(-_-;)

いちおう今後の塗装の予定などを聞いて、一旦止めてもらうことにした。どうも工務店から見るとウレタンとそうしないと、「手抜き工事」の様な感覚らしい。もう、ウレタン塗装が常識となってしまっているようで非常に残念。

私はどうもコーティングが好きになれなかったので、少なくとも床に関しては1Fと2Fのそれぞれ桧と桜の床は「塗装しないでくれ」って頼んであった。この辺りから私の意図をくみ取って塗装に関して気を遣って欲しかったが伝わらなかったようです。

で塗装にはなにを使おうかといろいろ思案した結果こんな物があった

木面の保護材には有名な物で「アウロ」や「オスモ」なんてのがあるらしいけれども。これらは単純なオイルフィニッシュなので、1年もしないで上塗りが必要になる。家にはとてもそんな器量がないのでさらに探した結果ありました。

「未晒し蜜ロウワックス」っていうやつ。

要するにハチの巣から取れるロウ。昔はろうそくとかに使ってたらしい。これなら耐久性も良さそうで完璧ではないだろうか(^_^)b

でも誰が塗るんだ・・・・・・・自分でやろうと思ったけれどもいかんせん時間が無い!ちょっと逃げ腰の工務店側に交渉てみることにするか。

階段を裏から見てみる

6de25ffe.jpg階段を裏から見てみるとこんな感じ。

施工途中の絵は見られなかったので、施工後の図。きちんと踏み板は柱を刻んで組んである。これなら少々のことでガタが来ることはないでしょう。

ササラはきちんと止まっているのかな?各踏み板としっかり組まれているので問題有りません。


エアコン購入

16f34dcf.jpg
ここらの夏は別に暑くないんでエアコンなんか不要なんだ。

でも家の暖房は蓄熱暖房機。なので前日の夜に蓄熱しておかないと翌日は全く暖房は使えません。

それじゃあ困ります。暖かくなったナーっておもって蓄暖を切った場合の補助暖房としてどうしても必要なことが分かった。
だからエアコンお願いしたんだが、工務店紹介の業者はやたらとエアコン本体が高い。
kakaku.comで18万くらいのエアコンが26万もするという。安くならないか?ならない。

じゃあ、と言うことで初の施主支給となった。

それで選んだのが東芝の大清快シリーズの一番でっかいやつで、なんと冷房出力で7.1Kw / 200Vだ。超強力

これが18万弱でヤマダに売ってた。要するに在庫処分品。

もちろん取り付け料は発生しているがそれはもともと発生する物。いいんじゃないだろうか。

とりあえずはエアコン用の配管をして貰う。

キッチン周りもそろそろ

85479ac7.jpgキッチンの周りの造作も始まりました。

キッチンはお決まりの対面式キッチンにしました。
ダイニング側にはカウンターを付ける予定です。そのカウンターは老後もずっと使い続けることが出来るような物を何かありませんかと工務店にお願いしているところです。

なにか良い木が有ったらそれを取り付けて貰います。どんなのが出来るか楽しみです。

ストリップ階段

25fa19a5.jpg「ストリップ階段」て言うんですか?こういう階段を。

リビングの階段はちょっと考えさせていただきました。
毎日上る物だし、リビング階段なので意匠的にもあんまり変な階段は嫌。ということで、何となく思いついたのがこんな雰囲気の階段。

これは私が下手な図面を描いて棟梁へ説明したものです。

実は私の図面上ではササラが踏み板の中心に来るような図面だったのですが、「右側の壁と、中心で踏み板を支えると月日を重ねた時にガタが来るかも知れない」と棟梁の言葉で少し中心から左に寄りました。
それでもほぼ思い通りの階段が出来上がり満足です。

照明の選定はおまかせ?

今頃になって照明を選ばなきゃいけないことに気が付いた。

照明の選定は結構たいへんだ。メーカーもいっぱいあるし、種類も一杯ある。
自分のイメージだけでは時間が掛かりすぎてしまう。

そこで一旦、コーディネーターにお任せすることに。とはいっても家は工務店で建ててもらうので工務店にインテリアコーディネーター何か居る訳もなく、プロに頼むほどお金に余裕がある訳でもない。

そこで見つけたのがメーカーのショールームに行くと無料で提案のサービスをしてくれるらしい。
幸いにも長野市にナショナルのリビングショールームがあったので家の平面図を持って早速出かけてみる。

ショールームにはそれらしく照明などが沢山飾られているが家のイメージと全く違うので参考にならない。とりあえずお姉さんを呼んで提案してもらうことに。

平面図を広げながら、「ここが、梁が現しになっているリビングで、ここが勾配天井で・・・」と一通りの説明をする。
あと、自分の部屋のイメージと予算も簡単に伝える。その場で何か作成してくれるのかと思ったんですが、後で郵送してくれるらしい。

どんな提案が出来てくるか期待しながら帰宅。

後日送られてきたのは思ったよりも立派な代物だった。
見開きA3で4ページ、私が渡した1Fと2Fの図面がそれぞれに描かれており、そこに照明のイメージが写真付きで記入されている。

さすがに慣れているもので有る程度統一されたイメージで出来上がっている。あとはこれを参考にして自分たちで調整してゆけば良いだけだ。

このサービスは大変助かった、時間があればやらないと損だね。

中部電力も始めました。

今日のニュースで4/1〜料金の改正の話をやっていたんで、「もしかしたら」と思い中部電力のHPを見てみたらありました(祝!!)

以下抜粋-----------
>低圧深夜電力Bをご契約で、マイコン型夜間蓄熱式機器をお使いの場合は、
>お申し出により燃料費調整額を除いた料金の15%を割引いたします。深夜電気
>温水器や蓄熱式電気暖房器などを買い替えの際は、当社営業所に必ずご連絡下さい。
>マイコン型夜間蓄熱式機器:マイコンにより自動的に給水温度と残湯量を検知し
>て、通電を制御するタイプの電気温水器や、同様の機能を有する蓄熱式電気暖房 >器など
--------------------

こういった割引は他の電力会社管轄では既に存在していたので何故中部電力は割引無いんだ〜って思っていたところです。

詳細を見てみると、蓄暖1kwあたり、178.5yenの割引が受けられるようになると言うことです。
 と言うことは我が家では28kwの蓄暖があるので

・・・ 28kw x 178.5yen x 12months = 59,976yen なんと、蓄暖割引だけで年間6万円弱の割引が受けられるようになります。

ありがたいですね〜

食洗機が・・・無い?

キッチンはクリナップにした。

一般的にキッチンを決める時の主導権はほぼ100%妻にあるのが一般的だろう。でも共働きの家では私もかなり参加した。結構やるからね。

じゃあ、食洗機は何にしようと言うことで、ネット上では評判の良く、まえから気になってた「ホシザキ」製品をビルトインする事が出来るかクリナップに聞いてみた。

カタログには無かったようだが、どうやら取引はあったらしい。「大丈夫ですよ」と言うことでお願いしておいた、これが12月初めだった。

この時点で近々ホシザキが家庭用食洗機から撤退することは知っていたんだが・・・。
それをきちんと伝えていなかったのが失敗だった(;´_`;)

今月になってすっかり忘れていた食洗機について工務店に聞いてみた。
私:「食洗機は大丈夫ですよね?」
工:「大丈夫と言われると・・・?」
私:「ホシザキは12月いっぱいで家庭用食洗機を作らないらしいですよ」
工:「え”? クリナップに確認してみます」

私もクリナップ経由だからきっとメーカー用には在庫があるんだろうな〜って勝手に考えてたんだ。それが油断だった。一応クリナップも在庫を探して報告をくれるらしい。
クリナップも私に指摘されるまで全く知らなかったらしい。見積もりに書いてある商品が直前に無いなんてのは困るんで、何とかしてもらうことにした。

が、週末にクリナップ担当者が頭を下げにきた。
ク:「すみません、メーカーにも在庫有りませんでした。他メーカーで同等の物を探しますから」
私:「他のメーカーに同等の物はありません」 と
ク:「・・・・・・・・」
私:「もう少し悪あがきしてみて下さい。私も自力で探しますから」

結局、私が通販業者ですぐに見つけることが出来たんでそれを確保してもらい、工務店に報告しておいた。私がリスクを冒して通販する必要もないので、後は先方にバトンタッチした(大丈夫だよねと自分に言い聞かせ)

彼らはこの「なんとかする」ってのを分かっちゃいないんだ。

これでなんとか、幻になりそうな食洗機を導入することが出来そうだ。

第3種換気システムはここ

6cae4ab8.jpg例の換気システムの本体が設置される場所です。

換気装置も大中とサイズがあって大で十分な容量をまかなえると思っていたんですが、実はギリギリの容量。

追加ダクトとして、リビングと広縁に床下との繋がり用のスリットを設け、床下には排気ダクトを潜り込ませた。さらに小屋裏にも排気ダクトを1本。
共に排気量は少ないが、多少でも空気をかき回してくれるだろう。

1Fの玄関〜廊下〜リビングは羽目板で山小屋風?

ef39c1be.jpgこれも結構ギリギリになってお願いした物です。

一応我が家は「和風っぽい山小屋風な木が見える家」っていうコンセプトなので(なんだそりゃ?)

腰板を施工して貰います。ついでにリビングの天井と子供部屋の勾配天井にも羽目板施工です。

ここは節有りで、塗装品です。そろそろ贅沢は出来ません。
ブログ内google

www 全体を検索
本ブログ内を検索


過去の記事
メンテナンス用
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ