信州人の趣味と雑談

三河生まれだが、もう信州暮らしの方がずっと長くなってしまったサラリーマンがのらりくらりと綴る日々生活の与太話

ガラホを買った!

ガラホを購入!!っていうか、2年縛りを人質に無料で貰った。

実は突然に携帯電話が起動せず、壊れてしまったんで(バッテリの問題でも無く、本体の問題の様子)ネットでポチッと携帯電話(ガラケー)を購入した。
それがシャープ製の「SH-07F」って物・・・これは本物のガラケーで、スマートフォンでは有りません。

これ「ガラケー」の手続きをしている最中に色々調べてみると・・・・っていうか、ネットで購入後、故障修理にドコモヘ行ったときに気がついたんだけども、2年縛りすると、「ガラホ」ならばいわゆる実質ゼロ円で購入できるんだと言うことに気がついた。

その前に「ガラホ」ってなんぞや?

※「ガラホ」・・・スマートフォン(いわゆるスマホ)を構成する部品、OSで構成された従来のガラパゴスケータイ(いわゆるガラケー)に似た形、操作性、機能を持った機種の事で「ガラケー + スマホ」


ということで、ネットショップで「ガラケー」を一台購入しているのにもかかわらず「ガラホ」を注文してしまった。

機種はやはりシャープの「SH-06G」っていう奴です。


ところで、なぜドコモはタダでガラホを販売しているのか考えてみました?もちろん以下の様な理由があります。


ガラケーで私のようにメールしか利用しなく、そのメールも写真などの添付ファイルを見ない人はデータ通信料は「パケホーダイ・ダブル」の最低料金372円で運用していると思います。


それをガラホに変えて貰う事により、全員が必然的に皆MAXの4,200円を支払うことになります。


そのカラクリは?・・・・・

まず、ドコモ店頭で「ガラホは中身はスマホなので勝手に通信することがありますので、「パケホーダイ・ダブル」に加入してくださいと言われる。

で、初月請求にはインターネットも、LINEもやってないのにもかかわらず通信料金は天井金額の
「4,200円」になっている。何故かって?

「パケホーダイ・ダブル」が天井金額の4,200円になる為にはデータ容量は「52,500パケット以上のデタ通信をした時」とある。

この「52,500パケット」 なんだかスゴく多い気がするが、これを一般的なパソコンで使う容量に変換すると

52,500パケット = 6.4Mbyte

なんと、たったの6.4Mの通信をすると天井金額に届いてしまうんです。


そりゃあ、LINEのダウンロード&インストールで18Mbyte位だったので、「ちょっとLINEやってみようか」と、一回でも利用したなら全員MAXです。(そもそも、機種の売りであるLINEがインストールされていないのには悪意を感じる)

また、LINEダウンロードしなくとも、各種アップデートやダウンロードでおそらく一ヶ月後にはMAXダと思われます。

ただ、この契約では、それ(4,200円)以上の通信料が請求されることは無いのでスマホの利用料金の「6,000円」に比べると多少良心的とも言えます。LINEするだけで4,200円/月は高いと思うが・・・。


つまり、「ガラホ」は使い勝手や機能がガラケーとスマホの間の両と言う意味だけではなく、「料金体系そのものがガラケーとスマホの間」・・・というかスマホの高額な料金体系にスムーズに移行させる為の機種と規格、、それを納得させるための準スマホ料金なのだと思われる。

つまり、

「機種をタダで差し上げるから通信料金を4,200円払ってね」

というサービス内容となっている為、端末をタダで販売しているのだ。ちなみに、ガラケー端末のタダ販売はもちろん行われておらず、最安でも約2万円とそれなりの値段がする。多くの人たちは4200円/月を払わないからね。

長文無いなったんで「ガラホをどうやって運用するのか」は次回へ続く ・・・・・・。

直江津港第3東防波堤の解放決定!

どうやら昨年試験解放した結果、新潟東港、柏崎港に続いて3番目の「ハッピー釣り場」としてオープンするらしい。

「直江津港第3東防波堤を釣り場として本格開放します」

昨年の試験解放にはこの様に楽しませて貰いましたんで、オープンしたら早速出かけようと思ったんだけど、よく読んでみると7月中旬からの解放らしい。

ん?ずいぶんと遅れてるな。

駐車場の整備が間に合わないのか?それとも火力発電所の都合か?良くわからんがいずれにせよ初日にはなんとかして出かけようと思う。

ただ、以下にある資料を見る限りでは、駐車場は火力発電所横の幅10M位の兼歩道の通路脇に縦列駐車となると思われるが、下手くそは停められるのか?と余計な心配をしてみる。

ハッピー


そもそも、Uターンしてから停めないと帰り際、幅5m位、距離は最大500M位の道を永遠とバックしないと帰ることが出来ない。

すれ違い不可な道で、どんなルールを作って駐車するのか?気になるな。とにかく駐車するだけでも厄介だ。

ホタルイカの調理法の様々

私もホタルイカ歴がそれなりになってきたのでホタルイカの調理方法も色々チャレンジして来た。

そんな私のホタルイカ調理方法別ランキング。

まず、一番美味しいのがなんと言っても「刺身」

ただ、「ホタルイカには寄生虫が居ることがある」と言うこと。「旋尾線虫」と言う虫が数%の確率で存在しているというので、一応気にする。食べても全員が症状が出るわけじゃ無いんで、確率的にはよっぽど問題ないが、人に振る舞うときはそうはいかない。

ということで、刺身で食べるには「目玉、内臓、クチバシ、背骨」の全てを取り除いて食べます。

非常に面倒な作業ですがこれをすると美味

そのまま食べても良いし、寿司にするのも美味しい。(写真は手毬寿司にしてる)当然、ゲソも食べられるので、此方は軍艦なんかにするとよろしい。
a8dac4e7



次はやはり「ボイル」

ただ、美味しくボイルするのもコツが必要

茹ですぎると、爆発するし、硬くなる。また、茹でたてを熱々のまま放っておくと縮み、硬くなり、色もドス黒くなる。
・・・・と言うことで以下の様に茹でます。

「3%程度の塩水」 ・・・ 適当で良いのだが、塩を入れると爆発も少ない(1Lに30g[大さじ2]だから結構な量だよ)
「沸騰させない」 ・・・ ホタルイカを入れてから沸騰させると爆発の原因
「ゆで時間は1〜2分」 ・・・ お湯の温度や入れたホタルイカの量にも寄るが、ぷっくらしてイカがピンク色になったぐらいで茹で上がり
「冷水で絞める」 ・・・ 茹で上げたらそのまま冷水に入れ、水を入れ替え1分も冷やせば良いでしょう(長時間真水に入れるとふやけます)


私的にはこんな色が非常に綺麗で、食べても内臓まで美味しい。
20130211150410d0d


まあ、好みもありますが、私的にはこの↓感じは茹で過ぎ、あるいは冷やさない場合。
img55445734
この色以上に濃くなってくると、ホタルイカ自体が縮んで硬くなっている事が多い。


あと、食するに当たって「食感」を大事にしたい場合は少なくとも「目玉」は取るべきでしょう、これはそんなに大変ではありません。
まあ、欲を言うと背骨と言われる部分を取り除くと完璧ですが、それにはちょっとした道具とテクニックが必要だし、そもそも面倒なので私は行いません。


この「ボイル」は冷蔵庫で2〜3日で生姜醤油、酢味噌などで食べきります。ちなみに、揚げ物や煮物にするのも生では無く、この「ボイル」を利用します。


とは言っても毎回沢山取ってくるので、このままでは処分できません。親戚や、近隣に配る分を確保した後に行うのが「干物」

味付けは醤油だったり、塩のみだったりしますが、やはり3%位の液に1時間くらいつけ込んで干物ネットに干します。2〜3日干してやると、ホタルイカのおなかがぺったんこになり、見事干物になります。

hotaruika550px


食べ方はオーブンで焼いて食べたりはもちろんですが、軽くライターであぶってやるだけでもほんのり柔らかく
なり、美味。
これはこのまま冷凍保存が可能なので、ホタルイカの保存食として冷凍庫に常備されています。


最後はいわゆる「沖漬け」

イカの沖漬けは有名ではありますが、それのホタルイカバージョンです。生のホタルイカを調味液につけ込んでそのまま冷凍。
例の寄生虫もマイナス20度以下で1週間ほど冷凍すると死滅するそうなので安心して生感覚のホタルイカを丸ごと食べられます。

私自身、この沖漬けはあまり得意で無いのであまり作りません。

アジ釣りからのホタルイカ!

淡水のワカサギだけではなく、海水での釣りも異変が起きているらしい。

ネットの情報を見てみるといつもはGW頃〜始まるサワラ祭りやアジ祭りだが、なにやら最近の海でも釣られている様子。と言うことでこの金曜の午後、別件で会社を休んだので、とりあえず海へ出かけてきた。

何も考えず、調べずに出かけてしまったが、思った以上に風が強く、海もうねりが強かった。
当初は外海の突堤への釣行を試みていたが、堤防の上まで波が被っており断念、仕方が無いので港内の釣り場へ。
IMG_20160401_175337

16時頃到着、外海程では無いが港内も波は高く、とにかく風が強い。
思った以上の悪天候で、人もあまり居ないので期待せずにウキを投入するも、やはりというか、ウンともスンとも言わず1時間ほど。

両隣にも釣り人がきているが同じく沈黙がしばらく続いた後、多少薄暗くなってきた頃に一発目のウキが沈んだ。

「やった、来た!」

抜き上げてみると25cm位のボチボチなサイズのアジ。GW頃のピーク時の30cmオーバーサイズに比べると、多少小さいが、久しぶりのアジを興奮気味に釣り上げる。

その後、ちょうど一時間くらい、コンスタントに釣り上がる、その間、隣の人たちにはさっぱり当たりが来なく、私の所へ相談に来た。

実は、隣の人のウキがおかしな動きをしているので「海底に仕掛けが到着しちゃってるよな」と思いつつも知らんぷりを決めていたが、聞きに来たので棚が違うことを教えてあげた。

その後はポツポツと釣り上げていた様子だが、手返しも悪く釣果は芳しく無いと思われる。

ちょうど一時間くらいの時合いの中、何故かバラしが多く、あまり釣果は上がらなかったが、非常に短期間で効果的な釣りが出来たと思う。

IMG_20160401_213306


18:30を過ぎた当たりからは西風が止んで海も穏やかになってきた。それと同時にアジもさっぱり当たり無し。この後の予定もあったんで、19時頃にはあっさりと納竿。


で、この後は食事をすませ、富山県のいつもの場所へホタルイカ漁へ向かった。


急ぐ旅でも無かったんで、下道でのんびり移動して、21:30頃の到着。

ここでもうねりは強く、時折堤防を越えた波が来る。これはちょっとまずい。一度海を見に行くが、ホタルイカの着岸がほとんど無い様子。
仕方ないので、海の見える場所にある車へ戻りしばらく眺めていると、大波で投光器を流される人が続出している。発電機を水没させて壊れたと思われる人々も数人見かけた。

こりゃダメかと思いつつも、車のポジションは絶好の場所なのでTVを見つつしばらく待った。


・・・ 23:30頃、もうダメかなと思いつつも、今日の月の出が0:58なのでそれまでは待ってみようと海の様子を見に行ったその瞬間、

「ザップ〜〜ン!!」

と大波に足元をやられ、持って行ったバッテリー&投光器セットもビッシ濡れ。密閉型のバッテリーに防水仕様の投光器なので多少の水濡れは問題ないと思いつつも心配するが、なんとか無事に投光する。

長靴を忘れた私は靴の中まで水没、水しぶきで尻まで濡れている。ちくしょー、このままではタダの「水濡れ損じゃないか!」と、思い、多少の覚悟を決めて観察していると12時頃から海の様子が変わってきた。

相変わらず波は強くうねっているが、時折ホタルイカの小さな群れがやって来るようになった。これから時合いが来るか!!と言うことでようやく私も車へタモを取りに行き、海へ繰り出す。

その後、「大沸き」はしないものの、コンスタントにやって来るホタルイカを救いつつ、小一時間が経過した頃、これまでに無い大波で、荷物の全てを流される。幸いにも注意していたホタルイカの入ったバケツは死守できたが、これで集中力がぷっつり切れた為、まだホタルイカはやってきている様子だが、ここで納竿(網)とする。

<本日の釣果>

アジ   ・・・ 12尾(23cm〜27cm)
ホタルイカ ・・・ 約3kg

ちなみにこの日の海は以下の通り
干潮 3:54
月出 0:58
天気 曇り
波高 うねり有 
月齢 23



ワカサギ・ファイナル

恒例の友人たちとのワカサギ釣り一泊旅行。

まあ、いつもは素人が集まってとりあえず「ワカサギをネタにして飲もう」っていう様な会で、ワカサギ釣りは特にここ数年は全然釣れずに〜10尾とか、酷いときは完全ボーズを食らう友人も居たほどだった。

が、今年は違う。

当日を迎える前の事前調査しているとネット情報では爆釣な感じ。何処の釣り船でも最大釣果で500尾とか600尾とかが見える。
IMG_20160320_111118

まあ、こんな時でも俺たちは数十尾釣れれば良いのだが、この日は違った。

船長さん曰く

「とにかく今年は釣れる」

と。
出船から帰船までの間、コンスタントに釣れ続けるのが今年の特徴だとか。普通ではあり得ない状態なんだという。
IMG_20160320_111107

実際に私達のグループにも、今年は初参加の小学生が4人いたんだが、50〜80尾を釣り上げてご満悦。
ボーズの経験の人も今年は100尾近くの釣果で、久しぶりに楽しい釣りとなった。

しかし、この異常な状態は何だろうかと多少の心配は残る。


<本日の釣果>

ワカサギ   ・・・ 136尾

アウトドア用のバッテリーライトについて

私は庭で暗くなってからBBQしたり、ホタルイカを掬いに行くときはバッテリーライトを利用している。
どんなもんかっていうと、自動車用のバッテリーにLEDの投光器を取り付けた簡単な物だ。

バッテリー:軽自動車用のサイズで、「40B19R」っていう奴
投光器:「LED投光器 取付式 27W 12V/24V対応 防塵防水仕様」

41NnLzE69jL

投光器の詳しい仕様は

付属品:ステー、取付金具
消費電力:27W
動作電圧:10-30V
消費電流:1.7A(12V使用時)0.9A(24V使用時)
防塵防水性能:IP67
バルブ寿命:30000時間以上
色温度:6000K
材質:ダイカストアルミニウムハウジング、PMMAレンズ
サイズ・寸法:128×110×55mm(目安)


となる。
ホタルイカの時に海を照らすとさすがに光量不足を感じますが、BBQの時は青白くて眩しいという、ちょっと癖のあるLEDです。

さて、この投光器がこのバッテリーで一体どれくらい持つのかが正直分かりません。ホタルイカの時は切れるのが恐いから満充電するので、時間が分かりません。


ということで、LEDの投光時間を計算してみました。

まず、バッテリの電気容量を調べる。
バッテリー容量に有る「40」というのは「40Wh」ではなく、性能ランクが「40」だそうだ。なので、性能ランクの計算方法から電気容量を導き出すと、約28Ah という5時間率容量という値を持つ。
何を言っているのかというと、

「28Ah / 5h = 5.6A、このバッテリは10Vを切るまでに5.6Aの電圧を5h 流すことが出来る」 ・・・ という事らしい。

と言うことは単純に1.7Aの投光器は28Ah / 1.7A = 16.5h

16時間以上も使えることになる、今度試してみなくては。

初物ホタルイカ!

今年の冬は雪もあまり降らず、気温も下がらなかった。まあ、いわゆる異常気象だと思う。
そんな今年のホタルイカはどうだろうか?
と言うことでやってきたのは最近お世話になっているいつもの堤防。
IMG_20160306_041146


10時頃の到着だが、ホタルイカは見えず。予報では穏やかだと思っていた海も波は少ない物の、全体的にうねりが入っており、時折低い堤防を越えるんじゃ無いかとひやりとするほどに波が上がってくることがある。

IMG_20160306_041155


することも無いのでクーラーボックスに腰掛けて待って居る。

日中はポカポカ陽気でとてもく暖かく、夜も暖かいんじゃと、心理的に油断して防寒対策を怠った私達には寒すぎる気温となり、12時頃には一時退散。


車の中で眠ることに ・・・・ もう、この時は諦めていた。






が、、深夜あまりの寒さに目を覚ますと向こうの方で海にタモを入れる姿が見える。



来たか?





と相棒を起こして海へ向かう、時間を見ると3:30だった。

沸いているような状態では無いが、うねった海の中に時折ホタルイカが泳いでいる。たまに来るイカを根気よく拾いながら、そのまま夜明けを迎える。

クーラーボックスには3L程度かな。決して多くは無いが、初物を味わい、ちょっと近所へお裾分けするには十分な量だ。

IMAGE06


また、来月に期待しようじゃないか!!

家庭ネットワークにFireTVを追加

僅かなここ十数年で、我が家での映像を視聴環境は色々と変化してきた。
我が家の歴史を振り返る前に、家庭内の映像の視聴についての歴史を見てみる

原始期(〜1970年頃)
TV(スクリーン) + 8mm映写機 ・・・ 1960年代に登場し、ごく一部の人間のみが持っていた超高級品「8mmリールテープ」時代。

家庭用胎動期(1970年頃〜)
TV + VHDデッキ ・・・ 扱いにくい「リールテープ」時代が終わり、カセット式のテープ規格で「VHS式」と「ベータ式」が登場し、「ビデオ戦争」が勃発し、連合軍の「VHS」が勝利する。

デジタル黎明期(1980年頃〜)
TV + DVD(LD)プレーヤー ・・・ デジタルの幕開け。テープ式よりもさらに手軽な「ディスク」が登場、しかしLD(レーザーディスク)は30cmと大きすぎ、また高価だったため、受け入れられず、1900年代に登場したDVDにその役は取って代わられた。

デジタル混乱期(2000年頃〜)
TV + HDD(BRD)レコーダー、DLNA機器 ・・・ 色々な再生方法が登場し、また「録画」に対す法整備なども遅れ、利用者は正解が分からず混乱するが、とりあえずはHDD(BRD)レコーダーを買えば良いという流れに。

動画配信革命期(2010年頃〜)
TV(PC) + ネットワークメディアプレイヤー ・・・ youtubeを筆頭に始まった動画配信サービス。後には多くの会社(NetFlix,hulu,etc...)が、映画、ドラマなどの有料配信サービスも始まる。

動画配信成長期(2015年頃〜)
TV(PC) + ネットワークメディアプレイヤー ・・・ TV局が自社コンテンツの配信を始めたり、TVの機能に配信動画の視聴が利用出来るなど、家庭用器機に動画配信サービスが取り込まれ始め、一般的に認知され始める。
家庭での「番組の録画」に対する認識に変化が起き、「映像はネット配信された物を見る」へシフトしつつあるのか?

・・・ てな事が日本(世界)では起きている。


我が家(私)はどんな歴史を辿ったのかと言うと以下の通り


1990年頃 ・・・ 一人暮らしを始めたときはVHSビデオデッキがあった(買った)。

1995年頃 ・・・ DVDプレイヤーを購入。この後15年間DVDのみが動画映像を見る唯一の手段だった。レンタルDVDはリッピング&DVDへ焼き付けを行いDVDライブラリがかなり増えた。

2010年 ・・・ 家庭内デジタル化計画(3)の通り、ネットワークメディアプレイヤーが登場する。
レンタルDVDのリッピングを大容量HDDへ保存を繰り返し、1T以上のライブラリが出来てしまう。

2014年 ・・・ DTV-X900また壊れたということで、「デジ像」の購入。

2015年 ・・・ 「デジ像」も悪くないが、ネット配信動画を受信する機能が足りない。Amazonが「プライムビデオ」っていう動画配信サービスを始めたのと同じくして発売した「FireTV」を衝動的に購入して今に至る。


実際のネットワークプレイヤー環境はというと

メインは「FireTV」を利用し、「デジ像」はリビングでの役目を終え、2Fのゲーム専用TVへ接続されるのを待っている。

「デジ像」に接続されていたHDDはネットワーク上のLinkStationへ接続をし、「NAS兼DLNAサーバー」として稼働中。

で、分かっていたことではあるが、ここで問題発生している。

FireTVはDLNAクライアント機能を持っていないそしてFireTV用でDLNAのisoを再生するアプリも無い。

このままではDLNAサーバーに保存されている各種isoファイルを再生することが出来ません。
でも安心してください。FireTvは中身はまるまるAndroidなのでAndroidのアプリが動作します。
「KODI」というメディア再生に特化したつアプリがあるというので、「Apps2Fire」等を利用してインストールして利用。

といった環境でFireTVをメインで利用し、標準装備の「Amazonプライムビデオ」と、インストールした有料「hulu」で動画配信を視聴、そして、自宅のライブラリは「KODI」を利用して視聴といった状況にある。


現在の悩みはNASに繋がったライブラリが2Tになろうとしている。そのデータはもう一台の2THDDへバックアップしているが、さらに容量は増えるばかりで、どうするか検討中。

さすがに2Tもタダでバックアップできるクラウドサービス無いし・・・

スター・ウォーズ・エピソード7(フォースの覚醒)

ついに出来た「ミレニアムファルコン」

エンジン部分には白色のLEDを3発、機体の上部には赤色の点滅LEDを光ファイバーで拡散10本程度、機体下部には青色LEDをやはり光ファイバーで10本程度作成。
IMG_20160105_212644


なかなかの仕上がり
IMG_20160105_212719


もちろん、操縦席には例の4人が登場している。
IMG_20160206_135039


前方?には白色LED。
IMG_20160206_135110

霊仙寺湖解禁!

今年も霊仙寺湖が解禁しました。

今年の冬は寒くないし、このままじゃあ、解禁は無理だな〜と思っていたところ、待望の解禁情報。と言うことで早速出かけてきました。

雪も少ないおかげで歩きやすい。
IMG_20160208_110808



この露天釣りは後半釣れなくなったんで場所移動でのチャレンジ。
IMG_20160208_111032
私的には似たようなもんだったけど、相棒はずいぶんと数を追加していた。


で、釣果なんだけど、イマイチ100尾弱
授業が足りません。

ネット情報によると500尾、600尾は当たり前に釣ってますね。
やっぱ、場所にも依るんだろうか?

SkyGatewayって何だろう?

最近のニュースで日本通信が「SkyGateway」サービスを開始するという。
調べてみると、2011年頃からそんな話しは出ていたようで、知らなかったのは私だけだった。

「SkyGateway」って何だろう?というとは簡単に言うと
「自宅固定電話をスマホに転送する機能」を言うらしい。
しかも受けるだけでは無く、スマホを利用して固定電話から発信も出来るという、サービスのようだ。

じゃあ、そんな事をどうやって実現するのかというとどうやら光電話と固定電話の間に専用のルーターを一台接続する事によって機能を実現するらしい。

skygateway


何故か何処の記事にも詳しい説明が無いので、図から想像してみる。

おそらく光電話が必須で、光電話の光ルーターのと固定電話との間に屋内側に「SkyGateway」っていう機械を取り付けて固定電話への発信受信を制御するという事によって成り立っているサービスのようだ。

ただ、気になるのが図を見る限りでは「日本通信データセンター」内のIP-PBXを通過しないと通話の変換がされない仕組みの様子。
個人的に技術的要素を推測するならば屋内に設置した「SkyGateway」っていう「機械のみ」でスマホとリンクさせた固定電話番号での発信も受信も出来そうだが・・・・

これは、使用料金が取られる仕組みだね。

この機能使えばガラケー(通話)とスマホ(通信)の2台持ちの私はますます使い勝手が良くなる、
データ通信専用だったスマホの方で固定電話が使えるようになるもんね。

そうなれば便利そうだけど、値段によって使わせてもらおうかな。

Windows7で並び順が保存されない

ずっとおかしいと思っていたんだけども、WinXPの時はフォルダ毎に
並び順が保存されていたんだけど、Win7になってから保存されていないことに気がつく、というか前からずっと不便と思っていた。

今更だけどその理由を探ってみるとどうやら「ライブラリ」が原因だったららしい。

BlogPaint2

この様に、エクスプローラで「ライブラリ」からフォルダを開くと途中フォルダを省略して、いきなりデスクトップ等を表示で来るので見た目すっきりだが、何故かフォルダ内の並び替えなどが、「ライブラリ」単位で一括保存される仕組みの様子。
なので「マイドキュメント」内に作られた各種サブフォルダでは毎回並び替え作業が毎回必要になってくる。

これは不便なので、色々と試してみたがこんな方法が良さそうだ。
その方法とは「ライブラリ」の使用は止めて、代わりに「お気に入り」を利用する。

例として「ライブラリ」に有る「デスクトップ」を「お気に入りに」移す方法を紹介
ライブラリ3

まず、これまでライブラリから利用していたフォルダを開く際に右クリックで「フォルダーの場所を開く」を利用して開くとXPの時と同じ様に実際のパスで開かれる。

BlogPaint4

そして、開いたフォルダをそのままにして、上部の「お気に入り」へ移動して右クリックし、「現在の場所をお気に入りに追加」でお気に入りに追加する。
BlogPaint5

するとお気に入りに「デスクトップ」を追加することが出来た。
他のどんなフォルダも追加できるのでよく使うフォルダを追加しておけば使いやすくなる。
ライブラリ6


で、最終的にはライブラリも不要になるのでこれを消してしまう。「整理」メニューから「フォルダーと検索のオプション」を開く
ライブラリ7

「全てのフォルダーを表示する」にチェックを入れてOKすると
ライブラリ8

ライブラリが消えてすっきりとします。殆どXPの時のままで、「お気に入り」が追加された状態となります。
ライブラリ9


こんな使い方が良いと思う。

0sim by so-netの通信速度について

昨年末の雑誌付録のSIMがスゴかったから正月を挟んで約2週間、0simがどうだったのか?

そもそも私のスマホの使い方はwi-fi 95%でモバイルの通信は殆どないんで、特に何の支障もありませんでした。
ただ、0simの通信速度はLTEで最大225Mbit/sとかなり速い速度で通信することが可能な契約だ。
が、とりあえずマニュアルと同じAPNで3Gでの通信がそのまま出来ることは確認したが、通信できるだけで速度はあまりに遅くて何かの間違いなのか?と思っていた。

ということで、改めて計測した結果の報告
※その前に速度の単位のおさらい
1Mbyte/s = 1Mb/s = 8Mbit/s = 8Mbps
よく通信会社が言う通信速度は上記のMbpsで表示される
しかし実際に通信されるデータ量はMbyte(MB)で表記されるので混乱する。
Screenshot_2016-01-13-09-03-44
下り : 419Kb/s

ここ数回日中に速度を計測しているが一番早くてこの程度。お昼時なんかは100Kb/sちょっとだったりした事も有ったがおおむねこの程度の速度だ。平均して100Kb/s〜300Kb/s程度。

まあ、225Mbps(=28Mb/s)も出るとは思っていないが、3Gの理論値が14.4Mbps(=1.8Mb/s)なんだからせめて単位を「M」にしたいとは思うけど、タダ通信なんだし仕方ないね。

この2週間ほど、モバイルデータの通信料を見てみたが全然使わないのね。基本メールのみ、たまにGoogle検索したり、GoogleMapp使う程度じゃなんてこと無いらしい。
Screenshot_2016-01-13-10-11-35
正月で特殊だったかもしれないが、今回の私の使い方だと2週間で30M。別に節約してたわけでも無い。

ということで、幸いにも家族用に0simを3枚も手に入れることが出来たんで、650円/月を支払ってる「ServersMan SIM」の方は解約してしまおうと思ったんだけども、0simの問題点の一つとしてsms未対応がある。おそらく正式サービス開始時にはsms対応simも提供されるであろうが、現状は無い。

sms契約が無いと何が問題かというと、通話回線とのやりとりが無いため、携帯電話基地局のセルを目安に位置情報を利用する「lhama」等のアプリがまともに動作しない、さてどうするかな?

いつもの年末年始

今年もすっかり明けましておめでとうどころではないが、新年はいつものようなパターンで過ごした。
このいつものような新年というのは非常に大事な事なんだと最近思うようになってきたのであった。

さて、実家に帰省して餅つきから始まって、そば打ちにトランプ大会と2年参り。非常に慌ただしく過ぎる年末〜新年。毎年スケジュールが無いのは1日だけで大抵ぶらぶらと買い物に出かけてる。

今年(というか昨年)はなんでも12月に常滑のセントレア空港そばに日本最大級のイオンモール 常滑が出来たって言うんで行ってみた。

まあ、デカいことっていうか広い。

そもそも敷地が埋め立て地にあるもんだから長野県ではあり得ないほどの平らな場所に建てられた建物。

広大な埋め立て地にどーーんとイオンモールがある。
aeon-tokoname1

で、その反対側には大きさでは負けるが知名度ではおんなじくらいのコストコもある。
costco_chubuairport4


まあ、ゴーカート場有り、アスレチック場、スケートリンク、中古車販売ともう何でもあった。ただ、何故か家電量販店は入っていなかったのが気になった。
家電の販売は、ネット通販には勝てないと割り切ったか?


コストコも寄っていきたかったが、午前中10時頃にイオンへ入ったんだが、15時頃の帰りの時間には人もスゴいことになっていたし、もう足もクタクタと言うことで、そのまんま帰宅。

とにかく平和な正月でした。
BlogPaint

BlogPaint

姪が落書きした餅。

雑誌付録のSIMがスゴかった

金曜に、「 デジモノステーション2月号」にSIMカードが付録に付いたと言う記事をネットで目にする。

「ほう、最近は無料のSIMカードが付録に付くのかぁ」
でも、こういった物には必ず何処かに落とし穴があるんだよな〜と感心しながら記事をよく読んでみるとこんな感じ。

・ 初期手数料無料
・ データ通信料金
 〜 499MB :0円
 500MB 〜 :100円/100M(MAX 1600円)
・ 速度制限:なし(ただし5GBまで)
・ NTTドコモ 4G LTE(下り最大225Mbps)
※3ヶ月の無通信で自動解約

ん ・・・ これって、データ通信料が少ない人(端末)ならば無料で運用出来るんじゃ無いのか?
なんだかラッキーな発見の様な気がして、会社帰りに本屋へ寄ってとりあえず一冊購入。

IMG_20151225_220519


付録のSIMは
IMG_20151225_220550


条件も
IMG_20151225_220720


確かにこれなら500M/月以下で有れば無用で運用可能だ。

ということで早速手続き。
500Mを越えたら通信料が発生するのでクレジットカードの登録が必要。そりゃそうだ、プリペイド型と違うんだからな、個人情報を登録するのは当たり前。

現在、私の持っているスマホが3G回線のみなので、上記仕様にLTE回線と書いてあるので縛られていないか?少々心配だったが、無事に開通成功。

ただ、3Gのせいなのか、速度はたったの200KByte/sec程度しか出ないが、我が家で最安のSIMカードの誕生。

このまま、このサービスが永続されるのであれば、私の使い方ならば、メインのスマホもこのカードで問題無さそうだ。

まだ今後、SIMカードは必要になることは間違いないので翌土曜日、再び本屋の開店時間に出かけ、さらに+2冊を追加購入しておきました。
ああ、ちなみに雑誌代は620円です

このSIMカードの契約内容はデータを多く使う人もあまり使わない人にも納得出来るサービスかと、個人的には思うんで、今後はこういった形態のサービスが一般的になるのかもしれないね。

どうやら「0sim by so-net」で同じ物を販売するっぽい。

しばらく様子を見て500円/月のDTIは解約するかな。

自宅PCのHDDをSSDへ(2)

結局SSDはビスや取り付けマウントを利用しても、取り付ける場所が無かったんで結束バンドで止めておいた。
HDDと違って振動が無いのでとりあえず、それなりに固定されれば問題ないと思う。

で、HDDとSSDの性能の差はこちら。

HDD
vostro470-HDD

SSD
Vostro470-SSD


まあ、良くわからないけど、すっごい早くなってる。
体感速度も激早で、クリーンインストールしたせいも有るかもしれないが、WIn7の起動はほんの十数秒。やっぱこれじゃ無きゃね。
パソコンを一度SSDにするともHDDへは絶対に戻れないね。

自宅PCのHDDをSSDへ。

自宅のメインPCは2013年3月に購入した「Vostro470」っていうDELL製品。

1TのHDDと4Gのメモリで快適にWindows7ライフを送っていたつもりだけど、ここ一年くらい起動に非常に時間が掛かる(安定するまで3分位?)様になったし、起動してもアプリケーションの起動にもうんざりするほどの時間が掛かる。
例えば初めてChromeブラウザを起動した際、実際に検索出来るようになるまでにはやはり10秒〜15秒ほど掛かる。

一度起動すればその後は安定して動作するので、「気のせいだ」t自分に言い聞かせてきた。

しかし、会社PCをSSDが入ったノートパソコンにしたんだけど、それは「す〜んごい快適っっっ!!」
それと比べてしまうと、自宅のPCはディスプレイを割りたくなるほどイラついている自分に気がついた。

と言うことで思い切ってSSDへ入れ替える事に。
「思い切って」なんて言う割りには今時「256GbyteのSSD」が一万円ちょっとで買えちゃうんだから、大したことないんだけど、色々と面倒くさいしね。

SSDは評判の良いsamsungの「MZ-75E250B/IT」って製品、iこれ、一万円でおつりが来ちゃうんだね。

早速amazonに注文すると、翌々日、なにやらポストに入っている。
IMG_20151215_183607

ずいぶんと簡素な包装だけど、もしかして・・・SSDが入っているのか?

そう、こんな風に500円のケーブル一本でも大きな段ボールに過剰包装入れてくるくせに、
IMG_0033

この1万円もする精密部品は何故か簡易包装。何がどうなっているのやら?理解不能ですね。

まあ、来たSSDをまずはパソコンへ物理的に接続する必要があるが、この時のために買っておいた「2.5inch→3.5inch変換マウント」が有るんだケど・・・なにやら全然使い物に成りません。
IMG_0032


DELLさん何やってんの?こんな所で独自仕様、せっかくの標準タイプのケースなのに・・・。

仕方ないので無理矢理に固定しておきました。

続く。

スター・ウォーズ・エピソード7(フォースの覚醒)

来週にスターウォーズ最新作が公開されます。
それにしても息の長い作品ですね。エピソード4公開から38年ですか、すごい長編だ。

と言うことで、スターウォーズ第7部作公開記念しまして、記念して買ってきました、

「ミレニアム・ファルコン」
falcon

前から(というか昔から)欲しかったキットの一つなんですが、以前はファインモールドっていうメーカーからしか出ておらず、しかもプレミアついてスゲー高い。
ミレニアムファルコン(ファインモールド)

っていう事で手が出なかったんだが、今年の10月についにバンダイがやってくれました。
ミレニアムファルコン(バンダイ)

縮尺も1/144の同サイズながら、ディテールがバンダイの方が遙かに細かく出来ている。
R12?のガンプラとは大違いの精密さ!バンダイの本気さをうかがえる。

img_0013_23524932311_o


img_0012_23498763132_o


img_0009_23524994381_o


img_0008_23239451379_o


img_0006_23524913751_o


とりあえず墨入れまで完了、あとはここへ電飾を行おうと検討中。

今更だけど「セルスタンバイ問題」の解決

スマホで格安SIM、いわゆるMVNOを利用するに当たって問題となっている事の一つに「セルスタンバイ問題」ってのが有る。

どうやら、携帯電話時代を経由して本来通話をするために開発されたSIMカード。そうなると当然電話を受ける必要があるので、常時ネットワークに接続している事が前提となる。
まあ、今だってメール等のデータ通信を「受け身で」受信する必要がある為、常にネットワークリンクを保ちたいわけだ。

この辺りは良くわからないが、上記の通話用の「モバイル通信」とデータ用の「パケット通信」では通信技術が違うようだ。それぞれが独立して通信してるらしい。

しかし、私のようにSIMカードをデータ通信のみに利用したい場合は、「モバイル通信」が不要になるわけだがスマホはそんなこと知らないようで、常にモバイル通信接続を試みる様子だ。

しかしSIMカード上の契約すらしていないモバイル通信が繋がるはずも無く、スマホは常に「モバイル通信接続を試みている状態」になるらしい。モバイルネットワークケイン策の動作がバッテリに「負担が掛かるらしく、異常消費が発生、それを「セルスタンバイ問題」と言う。(機種によってバッテリの消費量はずいぶん違うらしい)


まあ、前置きが長くなったけども、私はスマホの電池はこんな物だと思って利用してきたけど。バッテリ状態を見てみると確かにセルスタンバイにバッテリ消費が偏っている。(セルスタンバイに約80%のバッテリ消費)


ので解決を試みる。

調べてみると通話契約無しのMVNOでも「SMS」(ショートメール)の契約をすることによってスマホとしては「モバイル通信」が行える状態になる為、この問題は解決するらしい。

と言うことで早速SIMカードの変更を申し込んだ。150円/月の値上がりとなる。


こんなに異常なバッテリ消費割合だったのが
Screenshot_2015-12-05-23-58-37


なんとなく普通になった。
Screenshot_2015-12-07-08-43-31



SIMカード交換後のバッテリ消費状態、前半部分がSMS契約無しの状態で右半分がSMS有りのSIMカード交換後の状態
Screenshot_2015-12-05-23-58-28

SMS契約後はモバイルネットワークにが繋がっている事が解る。

これでバッテリがもう少し持つようになるといいな。

撮り溜めた写真どうしてますか?

私がデジカメを初めて購入したのは履歴を辿ると2002年だと解る。いまから13年も前のことだ。
そうすると写真もかなりの枚数となってくる。

一応、パソコンの扱いを仕事としている以上、デジタルデータの写真を紛失する等と言うことはとても恥ずかしいので、それなりにバックアップを取ってきた。

その手段として最初は「CD-R」への焼き付け。しかし、今となってはCD-Rっての記憶容量は「たったの」700MBで、1M弱の写真が数百枚で一杯になる。その後、DVDへの保存で劇的に大容量(4.7GB)の保存が出来る様になったが、定期的って言ったって、年に1,2回なんだけど、そのバックアップがいかんせんめんどくさい。

しかも前回のバックアップから次回のバックアップまでの期間のデータ紛失のリスクもある。

そう思って5年くらい前からNASを利用してのデータバックアップを行っていた。なんだかんだで撮り溜めた写真の容量も30Gを越えており、丸ごとのコピー、移動もそう簡単には出来ない状態になってきた。

そんな時に現れたのがGoogleフォトの画期的サービス。
1600万画素までの写真は容量無制限アップロード可能

なんと、写真サイズに制限があるけど無制限アップロード可能だそうだ。
とりあえず、今のところは私の撮る写真に、1600万画素を越えるような写真は無いし、例え縮小されたとしても一般ユーザーならば何の問題もありません。

動画も解像度が1080pと制限される物の制限無しでアップロード可能。
しかも写真も動画も制限を超えたサイズの場合は自動でリサイズされるので変換の問題もなし。

ということはこれまで自分でバックアップ管理してきた写真はぜ〜んぶgoogleサーバーへ保存することが出来る。

さらにアンドロイド端末を持っている人はGoogle結びついたアカウントでスマホの写真動画も全部勝手にバックアップしてしまいます。

なんと便利なんだろう。


ということで、スマホを手に入れてからの2年ほはGogoleで写真を管理していたんだけど、最近知ったのが「flickr」っていうUS Yahooが運営しているソーシャルサービスが大胆なサービスを始めたらしい。それが、

無料で1Tまでの画像・動画を保存できるサービス

うん、これは明らかにGoogleに対抗しているんじゃ無いでしょうか?まあ、無理してなければ利用者にとって大歓迎ですがね。

ということで、こっちはGoogleに万が一の事が有った場合(無いと思うが)のバックアップとしてPCのデータをflickrのクライアントソフトで自動アップロードに設定しておいた。

なぜfdlickrがバックアップになるかというと、最近多用しているスマホの写真データがGoogleにアップロードされている為、Googleをメインとして利用するつもり。

まあ、これで家のディスクからは削除してもいいかな?・・・でも心配だよなぁ。

今度は夕方にチャレンジしたが・・

先日は未明の堤防でダメだったんで、今回は夕方の港内で竿を出してみた。

現地到着は16:00平日と言うことも有り人もまばらな釣り場で竿を出すが、うんともすんとも言わないウキ。そのうちに夜も更け周りが暗くなって、そろそろ時合いかと思うもぱっとしない。

IMG_20151113_171715
先日とは逆から見える火力発電のコンビナート群

釣れる魚と言えばヒイラギフグばかり。

で、結局20時頃に納竿とした、今年の釣りは終わりかなあ

<本日の釣果>

小アジ(〜20cm)   ・・・ 2尾
フグ(〜20cm)    ・・・ 6尾(リリース)
ヒイラギ(〜15cm)  ・・・ 5尾(リリース)

未明にいつもの堤防へ

先週の試験解放で美味しい釣りを満喫してしまったので調子に乗って今週も出かけてきた。

IMG_20151024_034233


未明に到着した私だが、21時頃〜堤防に居るという人たちにクーラーボックスを覗かせてもらうと〜20cmくらいの小アジが〜20尾くらいの釣果。大きいのは居なかったんだな〜なんて朝マヅメになったらキット大物がやって来るはずと信じてサビキを投げ続けるが全然ダメ。

結局すっかり日も昇り地元のオッサン達も撤収してゆくんでそろそろ撤収かと思っていた頃、近くで大騒ぎしてる

「こりゃ、でけーぞ!!」

そちらの方を観てみると大きく弓なりになった磯竿が見える。自分は全然釣れる気もしないので野次馬根性で見に行ってみる。

海中にかすかに見えたのは白い魚影、「真鯛」だ、しかもかなりデカい。
力尽きた真鯛を近くの人が網を入れ、釣り上げたのがこれ。

IMG_20151024_055851


推定80cmの真鯛

なんと言うことだ、こんな堤防でこんなのが釣れるのかと。サビキの仕掛けに掛かってきたらしい。わたしも50オーバーのクロダイを釣ったことはあるが、このサイズは異次元の大きさ。

自分の釣果はイマイチだったけど良い物を見せて貰った。

<本日の釣果>

小アジ(〜20cm) ・・・ 4尾
キス(〜21cm)  ・・・ 1尾

サクラエディタのカーソルが早すぎる!

最近というかここ一年くらい「サクラエディタ」なんて物を利用している。
だいたい欲しい機能があるし動作も軽く使い勝手が良い。

が、ひとつだけ大きな不満があった、それは・・・

「カーソル移動が早すぎ」
です。

矢印キーでのカーソル移動をする際、一行2行の移動なら良いが、数行〜ページをまたがる移動を行おうとするとカーソルの速度が加速するようで思ったところで止めることが出来ない。

「気のせい?」かと思い、Windowws標準のテキストエディタと比べてみたがやっぱり加速している様子。
OSの設定で変更しても良いが、それだと相対的に他のアプリケーションでカーソルが遅くなってしまう。

色々設定を観てみると発見しました。

キーワードは「カーソル」ではなく「スクロール」だったんだ。

メニューから共通設定を開き
サクラエディタ

全般タブの「スクロール」の行数が標準で「3」の所を「1」にしてやればOK。これでカーソルの移動がゆっくりとなります。
サクラエディタ2

スクロールの速度が速すぎたんだと言うことだ。

これでストレス無く使用できるよ。

引き続き蕎麦の話題

またまた蕎麦を食べてきました。

IMG_20151022_135101

今回は「たなぼた庵」っていう昔からの盛りが有名な店。
記憶をたどると、確か10年ほど前のメニューにはこんな価格設定だったと思う。

普通:550円
中盛:600円
大盛:650円

で、盛りの量が(茹で上がり)こんな感じだったはず。

普通:300g
中盛:600g
大盛:900g

なぜこんな話しから入るのかというと、そうですね、メニュー設定が大幅に変わっております。

上記の様な超気前の良いメニュー構成だったのが、2年ほど前に残す人が多いとかで「大盛が廃止」されました。
その後、この店へ出かけていたのでそのことは知っていましたが、今回出かけてみると、なんとメニューがさらに変更されており

「もりそば600円」のみ!!

なんと言うことでしょう!!
盛りが有名なお店だったのに中盛りすらないなんて、なんとさびしいことでしょう。
店員の方に聞いてみると、今年の5月から普通盛りオンリーにしたようです。理由はやはり残飯が増えてしまい、浄化水槽がどうのこうのと言っておられました。やっぱり残す奴が多すぎなんです!!

ここからは想像ですが、ネット情報化のこの世の中、まさに「面白半分」な輩が多すぎたのでしょう。最初から食べる気も無いのに写真を撮りたいが故に大盛を頼んだり、遊びが過ぎたのだろうと想像します。

まあ、今となっては中盛りすら食べられるか解らないような私ですが、そこは気分の問題で、大盛は気持ちが良いです。


私の好きなタイプの蕎麦だったのに、本当に残念です・・・・・・   って別に営業していますが。

で、肝心の蕎麦ですが、細めに打たれ、すっきりとしたそばは美味しかったです。

蕎麦食べてきた

小諸の方へ行く用事があり、こっちのそばを食べてみたかったんで立ち寄り。

まずはこちらのそば屋
なごみや

安い、美味いというやり方で「半セルフ」方式を採っているお店。なにが「半セルフ」なのかというと、そば以外(つゆ、薬味、水)をセルフで用意してそば自体は店員が運んできてくれます。

運ばれてきたそばは殻が混じっているいわゆる「挽きぐるみ」なのだろうか?真っ黒な殻が混じっている。その割りにはそばの香りは弱く、あまり美味しくもない。

そば自体も(たぶん)押出成形機械で作られた蕎麦で、なんだか縮れてラーメンみたいになっている。
まあ、値段が安い(並:550円)から仕方ないような気はしますが、最近はこれくらいの値段できっちりと手打ちの美味しい蕎麦を提供するところも有ります。

まあここは「安くて美味しくない」そば屋さんです。



・・・・・・と言うことで、お昼に失敗してしまったという理由でもないのですが、実は夕方にもう一軒、そば屋をハシゴしてきました。

今度は「そば処花岡」というお店。

小諸市内の狭い通りに有り、駐車場も少なくアクセスはあまり良くない店ですが、結論から申し上げますと蕎麦が美味しかった

ほどよく細く切られた蕎麦を冷水できっちりと〆、自己主張の少ない辛目のつゆで食べる蕎麦はとても美味しかったです。

さらにこの店のすごいところは盛りの割りに値段が安いところ。私は並盛りを食べましたが、おそらく茹前200g位(茹上300g)有ったでしょうか?要するに一般的な店よりも多い量。

並 : 650yen (300g)
中 : 800yen (450g) (1.5倍)
大 : 900yen (600g) (2.0倍)

おそらく私には大盛は無理。

IMG_20151020_125516


近くに来たら是非、立ち寄ります。

ATOKの文字パレットが見つらい

ATOKをインストールして使ってるがWindows7にしてから非常に「文字パレット?」が見づらい。

WindowsXPの時は何もしなくとも問題なく見られていたのだが、なにやらWin7にした日本語入力モードなのか違うのかが見辛い。

ちなみに、これが「日本語変換=無し」の状態

ATOK03




で、こっちが「日本語変換=有り」の状態
ATOK04


違いは赤丸があるかないかだけで見た目で判断できない。何か具合が悪い
ということでよく調べてみた。


デフォルトの状態で上記の様に見えているのが「言語バー」と言ってOS側で出している文字入力ガイドであり、XPの際に利用していたので「文字パレット」と呼ばれるATOK側で出していた日本語入力ガイドだと言うことがなんとなく解ってきた。

ということで、「言語バー」を隠して、「文字パレット」を出せば良いと言うことになる。またこれが遙か長い道のりだった。

google先生に教えて貰うとこうだった「ATOKプロパティ」で「ATOKの状態を言語バーで表示するのチェックを外せば良い」という回答だった。


ATOK01


がそのチェックをはずそうにもグレーアウトで外れません。
どういうことだ?と再度google先生に確認。
すると「テキストサービスを利用する」のチェックを外せとなにやら訳の分からない指示。
ATOK07


ATOK08

「テキストサービスを使用しない」としてやると先のチェックが触れるようにな

ATOK09

上記の手順で指示の通りにチェックを変更を行うと再起動しろと。
なにやらシステム変更らしい


これでようやく上記の「ATOKの状態を言語バーで表示する」のチェックが外れるので外した。

すると日本語入力時は「ATOK」パレットが表示されるが、日本語入力オフにすると全て消えてしまってさらに良くわからない状態に。
確か、XP4使ってた頃は常に表示された「ATOKパレット」が「あ」と成れば日本語入力状態、で「 」の場合は入力状態でない

こんな感じで「IME On」
XP-on

「IME Off」
XP-off

こうでないとこまるんでさらにgoogle先生に確認。google先生もDeepな質問になってくるのでだんだんと回答のp候補が少なくなってくる。
その中からなんとか探し出したのがこんな回答

ATOKプロパティの「パレット」タブで「日本語入力オフの時もパレットを表示する」にチェックすることでした。
しかし「パレット」タブが有りません。
もうこうなってくると何が何だか解りません。

ATOK12

最終的には何がどうなったのか理解できないがなんとか
目的を達成。


ATOK05


ATOK06

うん、これが見やすい。

直江津港試験解放

新潟港、柏崎港に引き続き直江津港にもハッピーフィッシングっていう有料釣り場が出来るらしい。

来年のオープンに向けて釣り場の試験解放があったんで予約して行ってみた。
IMG_20151017_083216

2週間の期間オープン予定だったのが、結局海が荒れまくって終わりの4日しか開けないという残念な解放だったが、幸い私は、釣具店の好意も有り、この週末に入る事が出来た。

この景色での釣りは初めての体験。
IMG_20151017_134114


釣りたい物は色々合ったが、シーズン的に「イナダ、サワラ、が回遊してればルアーを投げて、本命はアジ」ってなつもりで出かけてきた。

9時オープンで昼過ぎまでの3時間ほどは、本命らしき魚は釣れず、小アジ、メジナ、ウマズラなんかがサビキに掛かってきた。

まあ、少なくとも、足下でサビけば10cm程度の小アジは入れ食いだ、切り無いので適当に切り上げて本命の大アジに期待してサビキを投げ込む。

しばらくはウンともスンとも言わない時間帯も会り、こんなもんかと諦めかけていた14時頃、初めて勢いよく消えたウキを回収すると25cm程の中アジゲット。その後もコンスタントに25cmから30cm位の中〜大アジが釣れてきます。

入れ食いというわけではないが、ポツポツと夕方の閉場時間まで釣れ続け(というかこれからが時合いなのだろうが・・・・)最大32cmの大アジを含めの五目釣り。クーラーボックスは結構な重さに。
IMG_20151017_182646


ただ、皆が釣れていた訳ではなく、堤防からの距離と棚がきっちりと合っていた人たちだけが釣れていた様子。
ちなみに、青物、イカなどを釣っているのは見かけなかったし黒鯛師もメジナしか連れていない様子。
特別目立った釣果が合ったわけでもないですが、上越周辺の混沌とした釣り場ばかりの中、一定のルールの中で行われる釣り場のオープンが楽しみです。

また、帰りがけにスタッフに聞いた話では、有料釣り場では送迎の予定ではないが、駐車場の確保がまだ検討中らしく、どうなるのか気になるところです。

結果、久しぶりの大漁の凱旋帰宅となりました。

<本日の釣果>

小アジ(〜10cm) ・・・ 50尾位
中アジ(〜25cm) ・・・ 8尾
大アジ(〜31cm) ・・・ 10尾
サバ(25cm) ・・・ 1尾
メジナ(〜25cm) ・・・ 5尾
ウマズラ(20cm) ・・・ 3尾
シマダイ(25cm) ・・・ 1尾
真鯛(幼魚15cm) ・・・ 1尾

アナライザー(2)

アナライザー続き。

てみるとなにやら体の中が空洞になっており、別売りのLEDキットで点灯出来るらしい。ふむふむ、確かに大きな穴が開いているんで簡単に設置できそうだ。

と言うことで私も電飾にチャレンジ。
IMG_20151004_192424

これ、腰から上が全部空洞になっており、普通に電飾すると単色の光しか点灯出来ない。体の中は結構広いので工夫してみた。

体の中を上下に二等分してLEDを2灯取り付けてみた。

完成。
IMG_20151013_071727


電飾オン
IMG_20151013_071803


ちなみに、塗装はキャンディ塗装で、クリアーレッド、クリアーオレンジとクリアーイエローで表面をコーティング。
よく出来ました。

アナライザー

「アナライザー」って聞いてどれだけの人が解るか?

「宇宙戦艦ヤマト」に出てくる人型?ロボットだ。
10267334p

これ見たことある人も多いはず、最近は「宇宙戦艦ヤマト2199」って復刻版を放送していたもんね。

しばらく前に購入したんだけど、先日思い立って今作ってる最中。
IMG_20151004_192434


作っていて思ったんだけど、この体つきはどこかで見たことあるよね・・・・・そう

スターウォーズのR2D2 !
r2d2

腕も無いし、足も無いので全然似てないと言えば似てないけど、宇宙映画の戦艦に出てくる設定とか、以外とひょうきんな所とか、共通点は多い。
そう言われてみれば同じようにも見える。
amiami_toy-rbt-3713


ああ、きっと宇宙戦艦ヤマトの作者達(松本零士?)が真似たんだな・・・?

まてよ、スターウォーズとヤマトどっちが古いのか調べてみた。

スターウォーズ・・・・1977年に劇場第一弾「エピソード4/新たなる希望」が公開

宇宙戦艦ヤマト・・・・1974年にアニメ放映開始

なんと、ヤマトの方が古かったと言うことです。

ということは・・・・・ジョージルーカスが真似た?

ジョージルーカスは黒澤明などの日本の時代劇に影響を受けているという、他にも

・ ジェダイの騎士 → 時代劇
・ ライトセーバー → 日本刀
・ ダースベイダーの面 → 兜

などなど、有名な話し。

ヤマトを見たかどうかは解らないんで、影響されていたかの判断も解らないが、関係が有って欲しいね。

新米の季節です。

今の時期は秋の収穫祭も終わり、稲作の収穫時期。我が家の周りの多くの田んぼも収穫を始めてる。

実家でも米作っているんだけど、田植えも稲刈りも機械で行うので私たちが手伝うことは殆どない、以前は「ハゼ掛け」って言って、米の乾燥を太陽の力で行っていたんだけど、もう今は作業する人も居ないので全部機械任せ。

じゃあ、機械ってなんぞや?って言うことになる。コンバインで刈り取って、籾の状態で乾燥機に掛けるわけだ。
IMG_20151001_111810
で、これがその乾燥機で、今日の私は手伝いに来ている。

皆が収穫した米を機械に入れて、出てきた籾や、玄米を袋積めする・・・と言った作業。意外と重労働です。

IMG_20151001_111807


その米なんだけど、私の住んでる地域の米は実は(かなり)優秀な米で「特A」を与えられている米だ。

この等級は「米の食味ランキング」って言って、実際に食べたときに美味しいか?という指標。
IMG_20151001_111803

このランクには、最も良い品質から「特A」、「A」、「A'」、「B」、「B'」の5種類ある中の「特A」なんで日本の最高級の米と言うことになる。

また、つきたての新米の味は格別、普通に食べている米も美味しいけど、新米を食べると「こんなに美味しかったんだよな〜」と感心しきり。

そんな美味しい米を好きなだけ食べられる環境に感謝!
ブログ内google

www 全体を検索
本ブログ内を検索
過去の記事
メンテナンス用
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ