c3414f15.JPG
少し遅い朝食を終えて天橋立へ。

おそらく20年位前になると思うんだけれども中学生くらいまで毎年夏は福井県の敦賀湾の海に2泊3日くらいの家族旅行に出かけていた。
ある夏に海の帰りにここに来たのを記憶にしている、たしか雨降りだった覚えがある。

ここのビューランドに昇って天橋立を見てから20年。そして3年ほど前からその旅行も今は家族が増えて復活している。

松島、宮島と共に日本三景の一つであるこの天橋立で有名なのは股の間から見る景色。
なぜ美しく見えるかというのはここの立て看板に書いてあった。

「・・・逆さでのぞいているうちに頭に血が上って風景が幻想的に見えてくる・・・」かららしい。

なんだ、血が上ってくらくらするから幻想的に見えるのであれば天橋立でなくともいいのでは?と思うのであった。