シミュレーション通りにうまく進むよう期待しながら、自分に言い聞かせながら2回目のディーラーAへ向かう。

毎度、頼りなさそうなセールスマンがお出迎え。一生懸命なのは分かるが客との駆け引きもできないし、車のことも全然詳しくない。まぁ、おれが育ててあげようくらいの気分で商談に望む。

だが、思った以上にこのセールスマンは話ができない。値引きの話も全くできないので、しょうがないから上司を呼んでもらい話を進めることに。さすがに上司は話はできる。が、いまいち自分の担当で無いせいか「売るぞ」っていう気迫が感じられない。気迫に関しては頼りないセールスマンの方があったようだ。店の選択を間違ったのか?との心配が頭をよぎるが今はそんなこと考えてられない。
きちんと見積を作成してもらうとこれが結構な金額になってしまった。

車体価格 3,540,000
スタッドレス(アルミ付) 115,600
特別色 75,000
マッドガード等 54,000
税金、その他諸費用 449,641
値引き これから
下取り車(H7ランティスTypeR) ▲0
支払い計 4,234,241
大きな誤算は特別色が結構高いことと、現在の愛車の下取りが\0だということ。10万キロも走っているのでもしやとは思ったけれども、まさか\0とは、それどころかトヨタはその車の廃車手続き料なんてのを見積に乗せやがって、「こちらで処分するからいいです。」ってそれは引いてもらったけど。

でもこれがシュミレーション通り350万代になるとはとても思えない。当初スタッドレス無し状態で370万あたりから商談を始め、最終的にはスタットレスタイヤをつけて「380」言ったところ、最終的には383万円+ラゲッジネットサービスで落ち着きました。
まぁオプションつけて46万円引きならいいのかな?って感じでその夜、ハンコ押してしまいました。

車体価格 3,540,000
スタッドレス(アルミ付) 115,600
特別色 75,000
マッドガード等 61,000
その他諸費用、税 498,208
   
合計金額 4,289,808
値引き ▲459,808
税込支払い計 3,830,000