次の週末、早速車を取りに来てもらって週末中に直してもらうことにしました。

私は「急がないので、丁寧な仕事をしてください」とお願いしました。私もある意味製造業に携わっておりましで、納期を短くして、良い物を期待することが間違っているのは承知の上と言うことでそうお願いしました。

要求は上記1〜3を要求通りにして欲しい(車本来の機能をつぶさないでくれという単純なお願いなのですが...)

案の定というか、何というか。結論は「おまえら何やってんの?」です。

箱の高さは、まぁふつうに低くしてくれて、3rdシートは倒れるようになりました。(前後を見ると、加工の後が分かりますが。)でも、フルフラットにするという条件は全く満たしていません。それどころか、2nd、3rdシートだけのフラット化も出来ないままです。正確に言うと2nd、3rdシートのフラットは可能なのですが、フラット状態では3rdシートがロック状態でないのです。

つまり、3rdシートは2ndシートと、後ろの箱に挟まれた状態で止まっているだけなのです。これでは箱の固定に負担は掛かるし、安全でもないのでだめです。

一応工具入れが使えるようになったの図
849679be.JPG