本当はガレージの棚を作る前にこっちを作るべきでしたが、後の祭り。

ガレージ棚作りではいろいろ無理な体勢での作業が多く、腰を痛めてしまいました。と言うことで次回からもっとスムーズな作業が出来るように作業台作り。

さて、作業台ってどんなサイズを作れば良いのかよく解らないのでネットでいろいろ調べてみた。

1) 手ノコ用の作業台
 これはノコを引くための台で高さは400〜500mmと低めに作られている。

2) 丸ノコ作業台
 丸ノコを作業台の下に天地反対で取り付けテーブルソーのようにして使う物。

3) 一般の作業台
 600〜700mmのちょうど力が入る程度の高さで汎用的な台

4) 「ソーホース」と呼ばれる物
 これはいわゆる「馬」で(海外でも馬って言うところが可笑しい)2脚セットで利用し、馬の上にコンパネを置いたりすればテーブルにもなる、なんとなく有ると便利そう

さて、私は汎用的なテーブルが欲しかったんで3)の一般的な作業台に取り組む
主な用途は丸ノコ用だろう。

面積は3feet x 2feetくらいかな、これは2x4の規格の為。