ジェベルその後タイヤ購入で節約

2007年11月04日

佐渡へ

何故にこんな季節なのかというと、フェリー代がタダだったからに他ならない。新潟の観光協会が配っているのを入手しただけなのだ。

フェリーは片道2時間30分。思ったよりも長かった、10年くらい前に言ったことがあるはずなのだが、忘れてしまった。

とりあえず佐渡らしく「たらい船」に乗る、でも下の息子が怖いと言って乗らない。たらい船を見る前から乗らない。なにかトラウマがあったのだろうか?

昼ご飯がまだだったのでたらい船の船長さん?に教えてもらった近くの小料理屋「まつなみ」で頂く。ちいさな小料理屋だがおいしく頂くことが出来た。



さて、今日の目的地「佐渡金山」へ直行。佐渡は広いのか狭いのかよく分からない。時間感覚の無いままに到着する。「ん〜、やっぱり来たことがあるところだ」。

せっせとロボット達が再現している炭坑を探索。こういったところで、生活している人たちが一杯いたんだろうな〜、と穴蔵生活を哀れむ。

12kgもある延べ棒がアクリルボックスの中にある。持ち上げたら小判のおもちゃがもらえるらしいが、大人の男はケース入り口に腕が入りきらないので無理。細腕の力持ちが成功する仕組みだ。



この12kgの延べ棒3,000円/gとすると12,000g x 3,000円 = 3,600万円也。
けっこうするのね。


金山の帰りに「波触甌穴群」なるものを見てきた。岩の海岸にこんな穴が大小無数に存在している。波のいたずららしいが見事だ、一応天然記念物。

このあとは海岸でサン・セットを拝んで「民宿たきもと」へ。景色の良いところに立地している民宿だ。歩いて海岸に降りるとそこは岩場の磯、よくテレビで磯釣りをやっているようなところが永遠と続いているようだ。
大物もあがるらしい。


お風呂をもらって、晩ご飯。ま、普通だった。一番おいしかったのは豚汁でした。

みんな、くたびれたので早めに就寝。

早寝すると早起きするのが我が家の習慣。子供達は5時前から起きて磯遊びに熱中。
朝食の前まで遊んでいたらしい。

朝食を食べたら釣りを少ししたかったのでオキアミを買ってで出かけたが、あえなく撃沈。いつものようにフグとベラしか釣れなかった。ま、こんなもんか。まぐれで大物が釣れること期待したけれども、無理。

今日は佐渡での第2の目的地である「トキ」を見に行く。
佐渡といえば、なんとなく「金」と、「トキ」だと思っていた。でもトキはそうでもないらしい。

簡単な地図とナビを頼りに「トキのも森公園」へ行こうとするが、ナビが全然当てにならない。なので道のカンバンを頼りに進めて行くがなかなか無い。しばらく進んで行くと見落としそうなカンバンを見つけた。
「トキの森公園」「トキ保護施設」こっち
てな感じで。

曲がってみても何もないたんぼ道。おそるおそるさらに進めて行くとあと、2つくらいの立てカンバンを超えて何とかたどり着く。

一応観光地らしくなってはいるがかなり閑散としている。季節はずれのせいもあるか、かなり観光客はまばらにいるだけ。お土産屋さんも子供だまし。

それでも、本物のトキは居る訳だし、資料も少ないが?きちんと展示してある。
どうやら、皆さんあまり「トキ」は見に来ないようだ。純血日本種は数年前の「キン」が死んじゃって途絶えたしね、しかたないか。



でも、トキのゲージまで遠いのなんの、約20m。トキはとても臆病なので離れて居るんだって。


近くのドライブインで養殖している「カキフライ定食」を頂、あとは「両津郷土博物館」で佐渡の勉強をしてからドライブをしながら小木港へ向かう。



djebel125 at 22:00│Comments(0)TrackBack(0)旅行 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ジェベルその後タイヤ購入で節約