5月のGW空け頃だったかな、「ハバネロ」に興味を示し、ネットで調べてみると苗が打っていることが解った、で早速2苗購入して植えてみた。

基本的にはピーマンや、唐辛子と同じと言うことなので問題ないと思いつつも、基本的には南国の植物を寒冷地で育てているため、一応注意深く水やりなどを行ってみた。

案の定、なかなか育たない。ピーマンや、トマト、キュウリ等が見事なまでに成長する中、ハバネロくんは7月に入っても背丈が300〜400mm程度と芳しくない。このままで実の収穫が出来るのだろうか?と心配になる。

しかし7月半ばあたりから成長が早まった。やはりハバネロくんの成長は暑さに正比例するようだ死ぬほど暑い日が続く最中、ぐんぐん成長したようだ。

今では背丈600mm〜800mmくらいあるかな、脇枝も葉も沢山茂り見た目にも元気になった。お盆前には結実した様子で小さなピーマンのような実が付いていた。今では2本のハバネロくんに沢山の実が成っている、楽しみだ。

ちなみに「大辛ソース」の記事で書いた様に辛さの単位はS.H.U.

タバスコ・・・約2,000SHU
VIPER・・・・約250,000SHU

だった

ハバネロの実はなんと 300,000SHUだそうだ。

ただ、こういった植物は栽培の土や気候などによって辛さはかなり増減するらしい。が、ネット上の情報を見る限りでは危険なほど辛いのは間違いないようだ。

ハバネロは2本

こんな感じの二人のハバネロくんに

ハバネロの実


こんな実が沢山ついています。完全に色付くまではかなり時間が掛かるようなので今度青いハバネロくんを一つ調理してみようかな。