弾丸佐渡釣行塩豚

2008年11月11日

もう一度食べたいうどん

以前に、リニアモーターカーの試乗に行った帰りの事だった。

帰り道、ちょうど昼食の時間だったのか高速に乗る前に何か食べていこうとあちこち見渡してみるとなにやらうどんの看板が目に付いた。

少々道をそれて看板通りに進むとうどん屋を発見。中に入ると大座敷にテーブルがいくつか置いてあり、注文とかを取りに来ないのでセルフサービスの様だ。
TVでよく見る、讃岐のうどん屋さんみたいだと思った。

残念ながらはっきりと味は覚えていないが、そこで食べたうどんが美味しかったことだけは覚えている、もう一度行ってみたいうどん屋さんだ。

さて、最近どうしても気になったので何処の、何という、うどん屋さんだったのか調査してみることにした。

例のごとくインターネットの地図や、検索ページを駆使して大月ICとリニアエクスプレスとの中間地点を見ながら、さらにネットで近くのうどん屋さんを調べてみるとヒットしたHPがこれだ。

都留うどんとの遭遇

ここのHP内にある「手打ちうどん こみや」がまさに、私たちが行ったうどん屋さんに違い有りません。

後になって気が付いたことだが山梨は「吉田のうどん」が有名であり、ここら辺も「都留うどん」として密かに有名だったんだ。

全くの予備知識もなく、そもそもうどんが名物?なことも知らずにふらふらと吸い込まれるように入っていったこのお店(しかも質素で飾り気のないお店)。

奇跡的な良店だったと言うことらしい。

ますます再訪問したくなりました。


djebel125 at 22:02│Comments(0)TrackBack(0)作る&食べる | 旅行

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
弾丸佐渡釣行塩豚