塩豚弾丸佐渡釣行-第2弾

2008年11月17日

セブ旅行1

フィリピンのセブへ旅行に出かけた。社員予行だった。

ホテルは高級ホテルで

マンゴー

おいしいマンゴーも出てくるし

庭にはプールも付いている。
プール


こんな海でダイビングもしたし、しかもとっても海も綺麗だった。
ウミ

でも納得いかない旅行だった。

・・・・・

ホテルの部屋から裏をみるとバラックが建ち並び、道端には仕事の無い人たちが溢れている。
バラック

バスやタクシーに乗っていると子供達が「give me money!!」と近寄ってくる。

でもフィリピン料理は旨かった。
チキン
こんなのが300円くらいだよ。
物価も安くてありがたいのだが、街に繰り出すとなぜ安いのかよく分かる。
国民の殆どが貧困層だろう。ガイドによるとこの国の外資系企業の工場における最低賃金は300peso/day(=600円/日)だという、これでも中流以上だろう。

私たちがこの国で落として行くお金は一体何処に行ってしまうのだろう。外資系のホテルに泊まり、同じくゴルフをする。これではこの国民は一向に豊かにならないように見える。
バイク



日本に住んでいるとこういった所が見合えないが、我々の生活はこういった途上国の人々の上に成り立っていることを再確認させられた。

こういう所では心から楽しむ事出来ない、心が痛んだ。

こう考えると「ハワイ」はリゾートだったと思う。


djebel125 at 21:40│Comments(0)TrackBack(0)旅行 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
塩豚弾丸佐渡釣行-第2弾