新築から4年、寒冷地であるここ信州であるが、夏場はけっこう暑い。

我が家は昼間留守にするので帰宅時まで部屋は閉め切ったままになる。そうすると必然的に日中の外気の暑さがじわじわと部屋の中を暖めてくれる。これはいくら高断熱な家でも物理的に仕方がないと思う。
それでも帰宅後に家中の窓空けを行うとしばらくするとだんだん涼しくなり、大抵は寝る頃には快適になる。

と言うようなサイクルを繰り返すのだが、真夏ともなるとさすがに夜までずっと暑苦しい場合がある。エアコンを付けたりするのだが、結局エアコン付けたり窓空けたり。窓なんか1Fと2Fの窓空けたりしているので、どんなタイミングで閉めたりするのかいちいち考えたり行動したりがめんどい。

だから今夏はタイマーによるエアコンの間欠運転を行おうかと計画中。昼間の何時間かエアコン付ければキット、帰宅時の「ムッ」とする暑さも和らぐのではないかと思われる。あとは電気代との相談になる。

ではどんな作戦で夏を乗り切るかをちょっと考えてみる。

日中が暑いとはいえ、日中エアコンをつけっぱなしにしておくのは電力契約の視点からしていかにも効率が悪いと思う。なぜならオール電化に特化した契約をしている為に、深夜(ナイトタイム)に比べて日中(デイタイム)の電気代は3倍、朝晩(ホームタイム)は2倍となっているから。

我が家の平日の帰宅時間は平均すると6時30分くらいだろうか?又、電気代が割高にならないデイタイムの時間帯は09:00〜17:00である。だから17:00〜エアコンをつければ帰宅直前に1時間30分〜部屋の中を冷やしてくれる事になる。
この時間帯の17:00〜2時間程度エアコンをタイマー運転すればなんとかならないだろうか?


電気料をおおよそ計算してみる

我が家のエアコン東芝「大清快」2005年モデル
RAS-716NDR
平均冷房COP 2.53
消費電力 2,810W(65〜2,950)
冷房能力 7.1kW(0.5〜7.3)


最大出力で毎日2時間運転すると7/10〜8/20の40日間での使用電力は
40day x 2 h= 80h

取りあえず、エアコン全開運転で最大電力が2,810Wなので

80h x 2,810W = 225kWh

ホームタイム22円/kWhなので

225kWh x 22円 = 4,950円

実際問題として、フルパワーで2時間も運転するわけ無いので平均70%と考えると
4,950円 x 70% = 3460円

毎日2時間ずつ、夏中タイマー運転しても電気代は4,000円を切る程度と思われる。
この程度なら是非やりたいと思うが、夕方のたった2時間程度の運転で日中の上がってしまった室内温度を冷やす事が出来るのだろうか?この辺りが怪しい所。

暑い暑いと毎年いってるけれどもこれまでまともな対策無しで進めてきたが今年はちょっと対策をしてみようか。