おもしろい記事を見つけました。

「博多ラーメンしばらく」と言うお店が開店した昭和28年からのラーメンの値段の推移表です。

「博多ラーメンしばらく」値上がり表

自分の成長過程と比べながら当時のラーメンの値段をみてみると「へ〜っ」と思いますね。ただ、ちょっと安めの設定ではないのかと思います。

おそらく私自身が一番外食が多かった学生時代で有る平成の初期の頃はラーメン一杯300円台とありますが、そんなに安かったかな?と言う印象です。300円台で食べられるのは学生食堂くらいだったんじゃないかな?
当時から500円位はしていたと思うのですが、どうだったでしょう?

当時の覚えている値段がほっかほっか邸ののり弁が200円前後だったと言う事。
当時としても安かったはずだし、現行ののり弁は300円前後
一食につき、100円くらいの物価のスライドでしょうか?

あと、私が三河人だったころ、有名な「スガキヤ」のラーメンは「180円」だったのを鮮明に記憶しております。ちょうど昭和62年の頃だったと思います。そのころの「しばらく」の値段は昭和61年で330円ですね。やっぱり「スガキヤ」は安かったんだなと納得。
ちなみに現在のらーめんは290円です。やっぱりちょうど100円ほどの値上げになってますね。

今時の流行のラーメン屋さんをみてみると平気で700円とか、800円とかする場合もあるので、この店がちょっと安めの設定だったのかもしれません。

食事って言うのはいくらでも高い食材を使えば際限なく高くする事が出来ますが、制限された条件の中で美味しい食事を提供して入れる事が大事だと思うのですが・・・・・。ちょっと最近のらーめんは高いと思います。


いずれにせよ、自分の産まれた頃のラーメンの値段とかみていておもしろいですね。

物価の話なんか始めると「年取ったな〜」なんて言われちゃいそうです。