宮城旅行(2/2)発見!美味しいインスタントラーメン

2010年11月09日

「デビルマン」って酷いよね

最近、この「デビルマン」を読み返してみたら、改めて恐ろしい話だと思ったのでここに報告します。

デビルマン

あらすじ
----------------------------------------------------

主人公「不動 明」は友人の「飛鳥 了」の父親が残した「恐怖の遺産」を共に受け継いでくれと言われ、デーモンと合体し、(人の心を持ち、悪魔の力を持つ男)になってしまった。
この時、不動は世界が少しずつ、悪魔に乗っ取られ始めていることを知り、それを阻止するために「デビルマン」として立ち上がった。

その後、いくつか事件は起きるのだが急展開として不動とは違いデーモンと合体できなかった飛鳥 了が「世界で起こっていること全てがが自分の考えている通りになる」事に疑問を抱いた。

確認の為に今回の原点である「悪魔の像」を再度調べに行くがそれは単なる置物であり、さらに自分が「飛鳥 了」という人間とは別人であることに気が付く。

ここで、飛鳥了は自分が「大魔神サタン」だったことを思い出し、わざわざ人間として人間界に来ていたのは「両性具有者」である自分が男性である不動明に惚れてしまい、不動明を人間界から悪魔界へ連れてくることが目的だったと思い出す。

その頃、居候でお世話居なっていた牧村夫妻と、恋人の美紀が人間たちの悪魔狩りで殺され、怒り狂った不動明ことデビルマンは大魔神サタン率いる悪魔軍団と、自分と同じように人の心を持ったデビルマンを集め、全面的な戦争の準備をしていた。

不動明(デビルマン)の事を愛している飛鳥了(サタン)も不本意ながら戦うしか選択肢は無いと悟り、ついに最終戦争(アルマゲドン)に突入してしまう。

結果は人類も悪魔もすべて滅び、残ったのはデビルマンとサタンのみ、お互いに最後の会話を交わし、ついに、デビルマンも果ててしまう。

で、最終的に地球上に残ったのは大魔神サタンのみ。
----------------------------------------------------


・・・というとんでもない結末であります。

少年誌にしては禁断の「同性愛」(男性と両性具有者なのでチト違う)と「世界滅亡」を描いた漫画なのであった。こんな漫画はとても現在では連載できないだろうと思われる。

サタン
両性具有のサタンとデビルマンの図

djebel125 at 18:38│Comments(0)TrackBack(0)映画・TV 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
宮城旅行(2/2)発見!美味しいインスタントラーメン