食玩コレクション家庭内デジタル化計画(2)

2010年12月14日

家庭内デジタル化計画(1)

私たちが毎日観ている動画はもれなくデジタルの動画に成っているのはみんなも周知の事実。
実はTVの映像も、レンタルDVDの映像も、ビデオカメラで撮り貯めた映像も、パソコンでインターネットからダウンロードして観ている映像も全部デジタル動画です。

なのでそれらの動画すべてを同等に扱えるはずなのですが、様々の事情で同等に扱うことが出来ない。

例えばTV放送を録画するのはDVD(BR)レコーダーを使い、鑑賞するにもDVD(BR)プレイヤーとTVを利用する。
また、インターネットの動画を保存するのはパソコンへ保存して、パソコン上でしか見れない。

なんで自由に見られないのかというと、これらは「デジタル動画」という一括りのデータなのだが、それぞれ
フォーマットが違うことが原因なんです。

つまり、保存する言語が違うということ。TVの録画には英語を使うけれども、インターネットの動画はフランス語、でもビデオカメラは日本語で保存されている。というような感じで。

なので翻訳を行えばあるいは通訳を返せばこれらの動画は並べてみることが出来るんです。

翻訳の典型としてビデオカメラで撮った動画はパソコンで編集して、DVDへ焼き付ける事によりTVでも鑑賞することが出来る。これはパソコンで翻訳処理をしていることになります。

ただ、変換(翻訳)処理はとにかく時間がかかるんです。2時間の映画なら等倍の2時間程かかります。
なので、これまでパソコンの動画をTVで見るためにいろんな苦労をしてきました。

でも、もうこんな変換処理はやりたくないのでこのクリスマスに我が家の家庭内デジタル化をすすめることにしました。

やりたいことはとりあえず、

※PCに溜まっている色々な動画ファイルを、ネットワーク越し、無変換でリビングTVでみられるようにする。

探してみると、色々とあります、とりあえず怪しいのも多くあるのでそれらを除外してたどり着いたのが次の2点

アイ・オーデータのAV-LS700
(実売価格:12,000円)

バッファローのLT-H91LAN
(実売価格:14,000円)

これら2機種は「ネットワークメディアプレイヤー」と言われるカテゴリの製品で、いわゆる「動画の翻訳者」です。

インターネット上からダウンロード出来る色々な形式(言語)の動画ファイルをリビングのTVで再生するのに加えて、ネットワーク上にあるパソコンからデータを取り出し、リビングTVへ転送&再生する事が出来ます。

価格も安いしこれでいいじゃんと思っていたんですが、

さらによく調べるとLT-H91LANの上位機種はチューナーが付いており、しかもその映像を地デジ or BS・CSの映像を外付けのHDDへ録画出来るらしいんだ。なんともサプライズな機能が付いている事!!

ちなみに、その機種の最新型が
DTV-X900
(実売価格:24,000円)

つまり、LT-H91LANに以下のような機能が追加されて居ます。
・地デジ、BS、CSのチューナー追加
・録画機能が加わる(HDDを追加購入必要)
・その他、全般的な機能強化

しかし、価格は倍。録画のためにHDDを買うとさらに数千円の出費。でもデジタル放送の録画はずっと昔からの我が家のテーマ。

1.5万円で十分間に合った予算が、3万円くらいになっている。

ならBRレコーダを買っちゃう?安くなったかなと思ったけれどもやはりBRレコーダは欲しい機種になると10万円は下りません。

じゃあ、DVDレコーダで我慢しようか?と、DVDレコーダならば5万円くらいでちゃんとしたのが買える。
・・・・・いやいや、当初の「インターネットの動画を再生する」という目的がなくなっちゃう。

理想的なのは「インターネットの動画も再生出来るDVD(BR)レコーダ」なんだが、現在はこの条件に見合ったのは販売されていないんだ。


とりあえず、他の可能性も探りながらひとまず保留としよう。


djebel125 at 19:04│Comments(0)TrackBack(0)家電・PC | 映画・TV

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
食玩コレクション家庭内デジタル化計画(2)