家庭内映像のデジタル化を考え出すといろんな選択肢が有ることに驚く
最初に検討を始めたネットワークメディアプレイヤー

AV-LS700 I/O DATA(12,000円)
LT-H91LAN  BUFFALO(14,000円)

を検討しているとそれにTVチューナと録画機能が加わった
 ※ただし、外付けのハードディスク(HDD)が必要

HVT-BC300 I/O DATA(15,000円)
DTV-X900 BUFFALO(24,000円)

が出てくる。こうなってくると録画機能が付いたものが欲しくなるのが当然であり、さらに録画機能付きの2機種をもう少し深く調査してみる。

とりあえず、共にネットワーク動画が再生できてTV録画ができるプレーヤーのHVT-BC300DTV-X900の1万円もの価格差は一体なんなんだろう?

基本的には同じ機能を持ち合わせているんだけど、DTV-X900のみが持っている特殊な機能が2点ほど有りました。

一つ目が「NAS(Network Attached Storage」です。これは私が一番重要視した機能ですが、説明はややこしいですね。
図を見ると解り易いかな
NAS機能
こんな感じで「DTV-X900へ接続したハードディスクへパソコンから直接データを保存できる。」事なんです。

なんだぁ、と思うかもしれませんがこれが出来ないと、パソコン上のデータをDTV-X900へ保存するのにイチイチHDDを抜き差しする必要が出てしまいます。
もちろん常時パソコンが起動していればパソコン内の映像を見ることが可能なので問題ないのですが、それではあまりにも不便です。
事前にパソコン内のデータでリビングのTVで見たい動画はNAS機能を用いてDTV-X900へ接続されたHDDへ保存しておけばいつでも好きなときに見ることが出来るというわけです。「NAS機能を用いる」って大げさですが、普通にコピーするだけです。

二つ目の特殊な機能が「DTCP-IP」です。DTV-X900と直接つながっていないTVに対して映像を「配信」することが出来る機能です。
つまり、リビングのTVに接続してあるDTV-X900(に接続したHDD)に保存してある映像を寝室のTVで見ることが出来るということです。もちろ寝室のTVも「DTCP-IP」の機能を持っている必要は有りますが、最近のTVは持ち合わせていることが多いようです。

ただ、我が家には一台しかTVが無いので、この二つ目は現在では不要な機能ですがね。
でも、なんとなく購入すべきメディアプレーヤーは決まってきましたよ。

この録画もできるメディプレーヤーの最大の欠点を話しておきます。それは、

「HDDへ録画した番組がDVDにバックアップが取れないこと」

です。何故か?ということに関しては「コピーワンス」というルールがすべてをダメにしています。このルールさえなければたやすくバックアップだって取れるのに、コピーワンスのせいでDTV-X900がHDDへ録画した映像はDTV-X900しか利用できません。

「観ては消す」という使い方、もしくは消えても困らないという使い方ならば何の問題もありません。

3万円くらいでデジタル映像を鑑賞する選択肢が非常に増やせる環境が整うということはとても安い投資じゃないかな〜と思います。

まあ、お金持ちならばブルーレイ(BR)レコーダを買って、見たい映画やコンテンツもどんどん購入すればこんなことに頭を悩ます必要もないんだけどね〜。