「ジャ〜〜パネット、ジャ〜パネット、夢のジャパネットたかた!!」

TVを付けるとイヤというほど耳にするこのフレーズ。「ジャパネットたかた」に対する正直な私の感覚は、販売されているラインナップは目玉商品がいくつかと、その他は売れ残りを他の商品とセットにして、
使いにくい部分(売れなかった原因)をかくして安い値段で大量に販売する・・・事が多いと思う。

例えば、パソコンとプリンター、TVとTV台、カメラとプリンタ。このあたりは既に持っている人には不要なんだけど、これから始めるぞ!という人には便利な組み合わせだと思う。
しかも出張での設定が付いているとなると買わないと損ソンとなる。

だから、これまで気になる製品は有ったけれども「さあ、買うか!」とはならなかった。


それがこの先日、ビデオカメラで撮り貯めたminiDVテープをDVDへ変換する作業を行った時に調子が悪いことが判明した。
それは我が家のビデオカメラ「SONY ハンディカム DCR-PC300」がとうとう「テープを再生できないことが頻発する」のであった。
音が途切れること多発、映像が乱れることもしばしば。ただ、綺麗に再生できるのもあれば、昨日再生できなかったのに今日再生できたというテープが有ったりするので録画されたテープの問題ではなく、カメラの再生機能に問題があると思われる。
DCR-PC300
調子の悪い「DCR-PC300」

とりあえず、こないだは知り合いからもminiDVテープを再生できるビデオカメラを借りてきてだましだましDVDレコーダへバックアップしたんだ。
ただ、今後はこのビデオカメラは使う気にはならない。バックアップは大変だし、画像も悪い。なんとかみられるレベルだけだど、最近のハイビジョンの映像を見慣れているとちょっと耐えない画質だというのが正直なところ。

もう子供たちも小学生だし、今後はどんどんビデオも撮影しなくなるだろうから、今後もだましだまし「ハンディカムDCR-PC300」を使おうと思っていたところにちょうど、ジャパネットたかたのチラシが入ってきたんだ。

ジャパネットチラシ
ジャパネットのチラシ

ハイビジョンのデジタルカメラ本体(Victor GZ-HM240) + ブルーレイライター(IO-DATA BRD-UH8LE)のセット。
※ちなみにジャパネット限定モデルのGZ-HM240は汎用モデルのGZ-HM320のメモリ拡張版だと思われる。

このセットでこの価格帯だと激安製品なんだけど、気をつけなければならないのがこのカメラにはハードディスクが装備されていない。標準装備なのは16GBのメモリのみで、最高画質での録画時間はたった2時間弱である。
「2時間録画したらブルーレイディスクに保存する」という事を繰り返す必要がある。知らないでビデオカメラ本体だけを購入しちゃった人は大変である。
別途購入で「SDカード」を利用することができるが、2時間録画用のSDカード(16GB)は3000〜5000円もする為、永久保存用にはちょいと高すぎる。やはりDVDもしくはブルーレイに保存する必要がある。
ブルーレイライターがセットになっているのは非常にありがたい。もちろんパソコンでも利用出来るブルーレイレコーダなんだ。大容量のバックアップに使える。

※わかると思いますが、ブルーレイレコーダを持っている人、または近々購入予定の人はこのセットは購入してはいけません。

ということで、今回は初めてこの「ジャパネットたかた」で購入してみた。
まだ、物は届いていないけれど、まあ大丈夫だろう。楽しみだ。


バッテリー型式名
BN-VG114(同梱)   ・・・1400mAh
BN-VG121(追加販売)・・・2100mAh