さて、スピーカーの設置は終わったし、おともそれぞれのチャンネルから出ていること位は確認できた。

でも一体どうやってセッティングすればいいのか全然わからん。アンプのマニュアルに出てくる用語も難しい単語ばかりでちょっとヒューマンインターフェイスが優しくない印象を受けた。

とりあえずの目的は「5.1chで作られている映画の音をきちんと聴く」なので、参考になる映画を見ればいいんだ。そこで見つけたのがこのホームページ

ここのホームページでは「ドラゴンハートで遊ぼう」というタイトルで、5.1chのサラウンド映画ドラゴン・ハートのサウンドを利用してホームシアターがきちっと音を出しているかを確認する事を目的としてる。

早速レンタル屋さんで借りてきた「ドラゴンハート」
ドラゴンハート

まずは、DVDをセットして、「ドラゴンハートで遊ぼう」の最初の項目にあるチャプター12の「ドラゴン360度旋廻シーン」を見てみた。
HPによると、このシーンで「ドラゴンは自分の頭の上を3回旋廻して、その時の羽ばたき音が聞こえる」らしいので、実際に聞いてみた。

「あれ!?聞こえないじゃん」

ドラゴンの羽ばたきは画面の方で左右にバタバタ言っているけれども自分の上には飛んで来ない感じ。

ダメだ、やっぱ設置しっぱなしでは音がきちんと聞こえないらしい。

何度か繰り返し聞いてみると、音は出ているようなのでどうやら音量レベルが足りないみたい。メイン、センター、サラウンドのそれぞれの音量レベルを調節して再挑戦。で、再度聞いてみると。

「おおぉっ、目の前をドラゴンが通ったぞ!」

さっきよりはかなりましになった感じ。その後も調整を繰り返し、スピーカーの向きなどもちょっと弄ってやったらさらに良くなった。
ドラゴンが旋廻しているのがずいぶんと立体的に聞こえてくるようになった。


ただ、サラウンドスピーカーの設置場所の天井が3M有るので、ちょっと高すぎるのか本来、後方から聞こえてくるはずの音が後方上部から聞こえてきてしまうようです。

ドラゴン旋廻シーンでは元々上を飛んでいるドラゴンなので、あまり違和感は無かったですが、チャプター24の「はるか左後方から矢が飛んでくる」はずのシーンなんかでは、なぜか後上の方から飛んできます。

と、色々と問題は有る様なんだけど、それっぽいセッティングも出来たし、とにかく臨場感というか、立体感が有る、まさに映画館で聞いているような音場になったので、ひとまずこれで完成としました。