「苦労」と言うほどでもないんだけれども、都市部まで遠い田舎に住んでると、各種お店までの距離が概して遠くなる。

Google Mapで計測してみるとこんな感じ。

最寄のスーパー・・・4km
最寄のコンビニ・・・6km
最寄りのホームセンター・・・6.5km
最寄りのビデオレンタル・・・8.5km
最寄りの家電量販店・・・9.5km

この程度のこよりは田舎じゃなくても普通だったりするだろうし、実際にはほとんど不便を感じたことは無い。

ただ、厄介なのがビデオレンタル店。なぜかっていうと返さなきゃいけないから、それだけの話。

ビデオを借りに行くのはちょっとくらい面倒でも出かけるが、それを見終わったらもう用は無いのにわざわざ返しに行かなくちゃならない。当たり前の事なんだけども面倒くさいし、そう思ってると返却を忘れちゃったりする。

2〜3本のDVDを数百円で借りて、返却日を一週間ほど遅れて、5,000円overの延滞料金を取られた事もある。
なんだか理不尽な気もしたけど仕方が無い。
こういうことを何度も繰り返しているのがバカらしく、ここ1〜2年はビデオを借りるのを止めていた。

そんな折、目にしたのがTSUTAYAのこんな新しいサービスの広告。

店で借りたDVDをポストに返却

おおっ!これだと思いましたね。

仕組みは簡単、借入時に100円余計に支払を澄ましておくと専用のバッグをくれるので、返却予定日にポストへ入れるだけ。

そもそも、ビデオ屋さんまでの距離が往復17kmということは、15km/L走る愛車スターレットでも1L以上(≒130円)ガソリンを使用している事になる、それに往復の時間のロスも有るし、単純な経済活動だけを考えても100円で返却は安い。

こんな便利なサービス、もっと早くからやればよかったのに。


これは使わない手は無い・・・がまだ利用していない。