お盆前の話になるんだけども、食洗機から水漏れていることが見つかった。

こりゃっ大変ということで早速工務店経由で修理を頼んだが、その場では直らないということで結局持ち帰り修理に。なのでしばらく食洗機なし、食器を手洗いする生活は5年振りとなる。

これが想像以上に不便で食洗機の偉大さを感じさせてくれる。食洗機は食器を一度に多く洗ってくれるだけではなく、熱水で手洗いではどうしても手の届かない部分まで洗浄してくれる。
だから特に汚れの落ちにくい樹脂製品なんかは手洗いしたやつだと、匂いが残るのが分かる。最近愛用しているこんな保冷水筒はどうしても飲み口がきれいに洗えず、明らかに匂いが残ってしまう。

詰まるところ、「食洗機無しの生活はえらく不便!」ということ。

IMAGE000

早く直ってきて欲しいけど、まだ一週間位かかるとのこと。

今回の修理費用について尋ねると、劣化によるポンプの故障であるので実費であること。また、水漏れしていた為に、床がカビちゃった事などに関しては全くの保証外ということだった。それどころか、本食洗機メーカーの「ホシザキ」曰く

5年〜6年で水漏れしてしまうのは仕方が無いという返事だった。


事故が起これば大きな被害が出るであろうと用意に想像出来る水漏れに対する対策はなされていない状態らしい。そもそも、ホシザキは業務用を多く取り扱っているメーカーなので、「定期メインテナンス有り」きな運用の様だ。
ホシザキが家庭用食洗機から撤退していった理由が解ったような気がします。どうも、こういった家庭用家電に必要な繊細な対策(対応)が面倒だったんでしょうね。


とはいえ、他メーカーとは違う性質の業務用食洗機の方向性を持った家庭用食洗機。すでに家庭用から撤退してしまったホシザキなので、もう購入することが出来ない、食洗機。この機械がいつまで持つか解んないけれど、定期的な修理をしながら大事に使わにゃいかんと思ったわけです。

※ホシザキ食洗機:BJW-12A