最近見たアメリカドラマがあまりにもヒドい終わり方だったんで、その報告。

タイトルは「V(ビジター)」っていう私がよく見るSF物、宇宙からの侵略者(エイリアン)が平和を装ってじわじわと地球の征服を試みるというヤツ。

ジツはこのドラマ今から遡ること約30年前にオリジナル版が放映されている。
1983年に放映されたビジター(1983年のドラマ)は私もビデオを借りて見た。まさにこのドラマがアメドラの先駆け的なドラマだったんじゃないだろうか。この他にもこの頃はナイトライダーなんかもよく見ていた。

オリジナルの「ビジター」は5話で完結しており、続編として「v2〜ビジターの逆襲」が二十数話作られた。昔のことなんで細かい内容は忘れてしまったけども完結していたと思われる。

それがどうだろう、新しい「V」はファーストシーズンが12話作成され、ウイキペディアによるとセカンドシーズンも13話で終了するはずが10話で打ち切り。

その打ち切りのひどい事と言ったら。

セカンドシーズンの10話まで見たところでレンタル屋に行って次を探してみるも無い。とっくに終わっているはずのドラマなので有るはずなんだけどな〜なんて思いつつ、ネットで調べてみるとこの打ち切りの情報を知ったということ。まさか終了しているなんていう終わり方ではなかったんで衝撃だった。
私的にはかなり面白い内容だったんでとても寂しい限りです。

例のようにドラマの中に色々と散りばめられた伏線はひとつも解決することは無く、それどころか、何が起こったのか解らないような状態で終了してしまった。

本当にまいった。

V