昨年の9月だったかな?会社に送られてきた沢山の胡蝶蘭の中から一つ自宅に持ち帰ってきたやつ。
ひと月程、花を楽しんだ後、かなり立派なランだったんでこのまま枯らせてしまうのはもったいないな〜と思い。
「また花を咲かせることは出来るのか?」とグーグル先生に聞いてみた。
すると、温度は、10℃〜30℃くらいを保つようにすることだけ心がければ肥料も必要ないし、太陽も、なんと水もほとんど必要の無い(冬場は1〜2回/月)らしい。

ランという花はずいぶんと手抜きで育てられる花なんだな〜と感心しつつ、
なら簡単ジャン!!ということで、3本立てになっていた株を3つの鉢に分けて広縁に放置したのが11月頃かな?

幸い、我が家は全館暖房で、何処の部屋でも冬場も15度は切らないと思われる。なので、時折、思い出したように水遣りをやりつつ、迎えたこの5月頃には新たな芽が伸びてきた。
と、6月の半ばにはなにやらつぼみが・・と思っていたら、ついに先日咲き始めました。

20120712_00

結局、3株の内、花が咲きそうなのは2株でもう一株は、枯れているわけではないんですが、どうやら今回は花を咲かせない様子です。

まあ、いい確率じゃないでしょうか?これからまたしばらく、胡蝶蘭を楽しめそうです。