浄水器シーガルフォーのフィルターを交換した。年に一回の交換を目安にしてる。
ただ、昨年も交換しているはずなんだけど、その記事が見つからなかったんで、もしかすると、丸2年交換していないのかもしれない。

そうと解ればきれいにしたい。前回交換の記事に、「パッキンを交換したい」とあったんで、とりあえず、フィルターと交換用のパッキンを購入した。

フィルターの交換自体はそんなに難しいもんじゃないんですぐ出来る。
家のシーガルフォーはビルトインタイプなんでこんな形
シーガル4本体

で、今回購入空いたパッキンは上下に分割された本体の間に挟むもの。次の画像の左側の青い奴。
パッキン交換

で、見てもらうと解るんだけど、図の右側にあるように、もう一つ大事なパッキン(メーカーではガスケットと呼んでいるらしい)がある。

こちらは本体内側で、フィルターへの入水口を押さえる為の物だ、そもそも、事前の調査不足で、注文しなかったんだけど、そもそも、このガスケットは接着剤で留められているらしい。
飲み水が通ったり熱湯が通ったりしても大丈夫な特殊な接着剤で留まっているという。

それなりに汚れてきていたので交換したいと思ったけれど、今回は目をつむってそのままリセット。
内部を軽く拭き掃除したのみです。

次回もこれを交換するのか悩むところだ。
パッキン
交換用のガスケット