お使いのパソコンの性能が低下していますグラス

2013年07月01日

アルプス搗精工場

ちょっとした地域の団体旅行で「アルプス搗精工場」というところへ行ってきた。

字を見ただけでは何を作っている工場だかわからないんだけど、事前の話によるとなにやら「日本酒醸造米の精米場」という場所という噂を貰っていた。

「私の脳内イメージ」
img_55561_8483147_2


なので勝手に脳内変換で「精米場」→「酒造場」とされていた為、到着したときは
「なんだか違う感」たっぷりだった。

こんなので
img002

こんなの
P1000103

よくよく話を聞いてみると「ここはお酒を作っていません、酒用に米を精米しているところです」と。
あぁ、そうなんだ。

でもこんなに一杯お酒のビンをを展示して、さぞかし沢山の酒造場に米を卸しているわけだから、きっと目移りしちゃって困るほどの試飲が出来るんだろう。酔っ払っちゃったら困るからあまり飲まないようにしよう。
P1000106


なんて思っていたのに、係りの人に「試飲は?」と聞いてみると「300円のお猪口を購入していただき、2種類=2杯飲むことが出来ます」だと。

6-23


「まさかの有料、しかもお猪口2杯まで!」

みんな口には出さなかったけれども、これにはがっかり度500%でしたでしょう。

立ち寄るだけならばいいけれども、とても団体ツアーのメインに組み込むような場所ではありませんね、「長電観光」さん。

この後、何にもすることがない工場から出ると、運転手とガイドが何やtら話し合ってる。どうやら時間計算を誤って2時間近くも空き時間が出てしまう始末。

仕方がないので私たちからの提案で「アルプスあづみの公園」へ行って遊ぶことにしました、天気も良かった為、欲求不満気味の子供たちは大はしゃぎ。
20014260_3665_1
この公園はやたらと広いんで本来はゆっくりと時間掛けて遊びたいところですが、短い時間だけ楽しみました。

結局はこの公園が一番楽しかったというんでは、旅行会社の存在価値すら見出せません。
単なるドライバーとバスの誘導係ですね。

djebel125 at 20:36│Comments(0)TrackBack(0)旅行 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
お使いのパソコンの性能が低下していますグラス