・・・つづき

日本で一番暑い県の1つである埼玉。
この日の最高気温を調べてみると「32度」、それほどでも無かった様子。たしかに終始曇り気味で太陽は殆ど見えなかったもんね、暑い暑いと、言うものの時折気持ちよい風が吹いたりしてたな。それでも屋外での活動はあっついです。
さらに2〜3日まえは36度とか37度になっていた様なので、そんな日に来なくて良かったとホッとする。

ということで、いつまでも屋外活動が出来るような季節でもないので3時間ほどで切り上げた。

あせだくなので、プールにでも入りたいところだったが、ぐっと我慢して埼玉と言えば「鉄道博物館」。
ということで、2007年に開館して一時かなりの話題になったが、それから6年越しにようやく訪れることにした。

そのまえに、問題が。

鉄道博物館が私の古いナビについていないので大体の場所まで来たんだけど、どこにも鉄道博物館の看板らしきものが見えない。というか、看板は1つも無いんじゃないのかな?
だから、後で解ったことなんだけど、博物館のまん前まで来ていたのに、看板が無いものだからそのまま通り過ぎて、次の駅まで車を走らせちゃった。

それで、やっぱ絶対にココじゃないということで、元の場所に戻ってきた。で、「この辺りが鉄道博物館だろうな」というところまで戻って電話を掛けてみた。

私:「鉄道博物館ちかくに着いたと思うんですが、博物館はどこですか?また、駐車場はどこですか?」

鉄:「近くに何がありますか?」

私:「え〜っと、コンビニのミニストップがあります」

鉄:「コンビニを左手に見ながら10mも進むと右手に「駐車場入り口」がありますのでそこへ入ってください。」

私:「え?ここ駐車場の前なの?」

ということで、なんとマヌケなことに、博物館の駐車場入り口から「駐車場はどこですか?」と電話をしていたのであった。

事前の情報により、私の頭の中に出来上がってた鉄道博物館は「電車が何十台と展示してあって、一日中遊ぶことが出来る、巨大な鉄道レジャー施設」だったんでさぞかし大きな施設なんだろうと思っていた。

しかし、駐車場に車を停めてもどこに博物館があるのやら?矢印も無いので良くわからん。なんとなく歩いていくとありました。

じゃん!
mini_P7131516_01

ようやくありましたよ。苦節30分もの間、この辺りをウロウロしていたことになります。

で、車を置き、しばらく歩いてたどり着いたのがどっかの駅
P7131517_05

  ・・・・・じゃ無くてこれが博物館の入り口でした。

中に入ってみると外からみた景色と違い、巨大な施設だったことが解ります。当たり前ですね、電車が丸ごと何台も展示されているんですから。
P7131526_06


ただね、我が家の男子は私を含めてそんなに鉄道オタクでは無いんでそんんい興奮する場所は無かったなー。
mini_P7131523_02

mini_P7131521_01

mini_P7131528_03

と言うことと、待ち合わせの晩御飯までの時間が無かったんで、足早に博物館を後にして、向かったのが「大宮市場」の「花いち」って食堂
mini_P7131537_01

ココ、結構有名で私もTVで見て行てみたいと思っていたところ。

市場自体はもう閉まってるんですが、こうした、いくつかの食堂は開いており、ご飯を食べることが出来るようです。実はこの市場土曜日の朝は一般客への開放を行っており買い物が出来るんですが、今回は泊りがけの旅行なので止めておきました。

で、肝心な料理は
mini_P7131539_02
こんな鉄火丼や、
P7131541_07
ジャンボエビフライ。
あと、私が食べたのがカキフライ。
mini_P7131540_01

値段も1000円ちょっとで、手頃な割には量と味は中々良かったですよ。

今回の旅行の残念だったところがあるんだ。
旅行のメインでもある夕食が「花いち」へ車で来たので当然ビールも飲めません。このあと、さらに車を走らせて本日の宿に向かいます。

実は、その宿泊先もビジネスホテルなので、宴会スペースがあるわけでもなく、皆で無理やり部屋に集まって小さなテーブルを囲み、コンビニで購入してきた乾物をつまみにビールとを飲むだけでした。
お酒は雰囲気で飲む部分もあるわけで、実に味気ないビールだったのが残念です。

さいかし翌朝の朝食は美味しく頂き、
P7141549_08


川越の古い町並みを散策して
P7141575_09


mini_P7141559_03


長野に戻ったのでした。
あ〜あ、とにかく暑かったよ。