一度、自分で捌いて食べてみたかった秋刀魚の刺身。
img59711994

良くあるネットショッピングで気仙沼直送の秋刀魚を購入してみた。宮城の漁港から来たと思われる発泡スチロールに入った秋刀魚。

秋刀魚_R

確かに新鮮そうなんだけども、身が凍っている。
私の予想では、数日間に渡る秋刀魚漁の間、一旦船の中で凍らせたものを港で潮氷に入れて解凍がてらにスチロールに放り込んで発送する。

といったところか?梱包された秋刀魚も物によっては身が崩れそうな奴も有ったんで、同じ日に獲った魚ではないような気がする。

とはいえ、明らかにスーパーで買ってくるのとは色々と違ってる。半分凍ったルイベの様な状態の秋刀魚を捌く。
サイズはあまり大きくないが25尾入って2500円の秋刀魚、送料込みなので量が多すぎるかもしれないが、決して高い買い物ではない。

その日にの夕食で4尾ほど刺身として捌き
sanmasashi

直ぐに食す。

これが最高。
これっぽっちの生臭さを感じさせず、秋刀魚の癖にちょっとだけプリッとした触感。これは本当に良い、秋刀魚にもこんな食べ方もあるんだなと感心。

他、近所の親戚へ10尾ほど配り、6尾は背開きにして干した
img3850328911586

さらに残ったの4尾ほどは「酢〆」にしてみた。以前、新鮮なアジやサバでやったけど、我が家では不評な「酢〆」懲りずに4尾ほどチャレンジしてみた。
が、やはり不評
我が家では私を含めて酢はダメらしい。


十分に満足できるような秋刀魚が来ましたが、こんどはさらに上等と言われる「日帰り秋刀魚」っていう本気の獲れたて新鮮な秋刀魚を買ってみようかね。


※写真を失念してしまったんでこの画像は他HPからの拝借