二日目の最初の目的地は北海道の観光地を探していたときに見つけた「神の子池」という場所。湧き水で出来た池でとても美しいようだ。
P8092515
まずは朝食を食べていざ出発。

神の子池は摩周湖周辺に有るんだけども、「裏摩周」と呼ばれる、いわゆる道路の便が悪く、一般的じゃない方の入り口へ行く途中にあるんで摩周湖も「裏摩周湖展望台」です。
P8092546

心配された雨は上がり、霧が掛かっているものの、時折晴れる霧の合間に神秘的な摩周湖が見える。
で、来た道をちょっと戻り、山の中の林道を1km程走ると現れたのが「神の子池」
P8092531
いや、思った以上な透明度と流れの綺麗なこと。
ここには流れ込んでる川はなく、おそらく、池の底から湧き出している水のみで流れが出来てるんだと思う。出て行くほうの流れは結構な量だった。

池を十分に見た後、向かったのは知床までだった。昼食は途中の斜里町の海鮮料理屋の「番屋」で頂きました。
P8092590

P8092589
なんでも主人曰く、この日のマグロは「大間のマグロ」だといい捌いたのも昨日だから、一番美味しいはずだとの事。
私はすしを食べたんだけども写真が無い。とにかくどれも美味しかったね、得に、ウニは独特な美味しさで、長野じゃなかなか食べられないでしょう。
P8092592


知床へ到着前にどうしても寄りたい所があった。
P8092572
そう、「日本で一番長いまっすぐな道」です。実際は2番目らしいけど、道内にある1番目は「美唄市の国道12号線」らしいんだけど、町中の道になってしまうので景色がイマイチなのだと。距離的には28kmと29kmで殆ど変わらないんでこれを日本一だとしてもOKだと思う。
いやはや、本当に雲の中まで続くような道路は圧巻でした。ちなみに、この道は「国道334号の斜里〜網走」へ続く辺りの28kmです。

P8092550
途中のドライブインで寄り道しながらたどり着いた知床。
P8092614
2時間コースの船に乗って見学してきたけど、正直言うとあまり面白くなかった。確かにクマもいたし、壮大な自然だったけど、まあそれまでといえばそれだけ。でも、記念と話のネタにぜひ行って見るべきかな。

で、この日の泊まりは網走まで戻って「かに本陣 友愛荘」です。料理はちょっと奮発してワンランク上を頼んだら超豪華!
P8092630

P8092636

さすが「かに」で売っているだけあって、一人前に「タラバ半分」「ズワイガニ一杯」「毛蟹一杯」もちろんその他の料理も満載。結局食べきれないのも出てきてちょっと勿体無かったぞ。

と言うことで二日目も終了、早いな。