この行事を終えるとようやく正月も終わりになります。
そう、「道祖神祭」。

ただ、私は道祖神祭とどんど焼きがいまいち理解していなかった。この行事のことを人は色々に「道祖神」って呼んだり、「どんど焼き」って呼んだりしてるんでなおさら解らん。

と言うことでいつものように調べてみた。


「どんど焼き」

  ・・・ 小正月(こしょうがつ=1月15日)の行事で、正月の「松飾り」、「注連縄、「書き初め」などを家々から持ち寄り、一箇所に積み上げて燃やす。またその炎で焼いた餅などを食べ、無病息災を祈る日本全国に伝わるお正月の火祭り神事。

「道祖神祭」

  ・・・ どうやら全国的に知名度ある行事では無いらしく、そもそも東日本、特に長野県は日本最多の「道祖神」が存在している地域で、その「道祖神」に「まつわる正月の神事が「道祖神祭」であり、「どんど焼き」という事らしい。
※ちなみに安曇野の道祖神は500体以上と言われており、観光にも利用されている
あずみ野 穂高 道祖神めぐりマップ

※また、日本3大火祭りの一つである「野沢温泉の道祖神祭」は国内外までも超有名だし、奇祭として時折メディアに取り上げられる松本美ヶ原の「道祖神祭」もけっこう有名。


という風に予習をしてすっきりしたんで「どんど焼き」の準備に取りかかる。今年と来年は伍長組の長になっているのでどんど焼きの準備を仕切らねばならん。

まあ、かけ声だけかけておけばみんなベテランばかりなので勝手にやってくれる、ありがたいありがたい。
神飾りだけでは材料が足りないので皆でリンゴの木の剪定した枝や切り倒した木のくずなんかを持ち寄って貰って作る
P1010229


もちろん、土台となる中心の木材は山に切り出しに行ってくる
P1010231


あらよアラよと完成
P1010230


この「物作り」が午前中なので、この後の「ご苦労さん会」でたらふく酒を貰い、夕方には千鳥足で炎を点しにゆく。
P1010237


こんな感じで今年も健康と安全を道祖神さんにお願いして、無事終了しました。
火の後始末も伍長の役割なので、この後、皆が帰ってからも炎が見えなくなる程度まで確認した後、消防へ帰ります連絡をして終了!

今年一年良い年でありますように。


おまけ、「ベイマックス」
P1010239