「家庭内ギガビットネットワーク」って言ったって大したことない。こないだ、あまりにも映像データの転送に時間がかかるんで「100 Base-Tのハブ」を今時の「1000 Base-Tのハブ」に載せ替えてみたよって言う話。

今回購入したのは
メインハブで使う「バッファロー:LSW5-GT-8NS」と、
TV周りで枝ハブとして使う「ロジテック:LAN-GSW05/PHB」の2点

P1010029

パソコン本体の性能の向上と価格低下の勢いもすごいが、こういった周辺機器の性能と価格の変化もかなりすごい、これら両方で6,000円強。

差し替える前に、おもむろにネットワーク速度の計測をしてみる。「LAN Speed Test(Light)」っていうソフトで測定。
※ちなみにギガハブ越しに有るバファローのNASめがけて100Mのファイルで転送テスト

変更前テスト
何度か繰り返して、平均がこれくらいの「82Mbps」
100Mbpsの80Mbpsなんで理論値の80%程度出ていることになるんでかなり優秀。
メガビットタスク


で、ハブの差し替えを行い再度計測

変更後テスト

読み込みで「190Mbps」
ネット上の噂ではPCなどの環境に寄っては300Mbps〜出る事もあると言うことだったので期待していたけど、なんとも微妙・・・・・NASが遅いかな?

モニターを見ると確かにリンクが「1Gbps」になったのは確認できる
ギガビット


まあ、それでも確実に倍以上の速度になったんで由としましょう。少なくともこのNASは各種PCのバックアップに使ってるんでこれが倍の速度が出るとかなりありがたい。


と言うことで、今度は本来の目的のメディアプレーヤー「PAV-MP2YT(デジ像)」へUSB接続したHDDとのデータ転送の実験。

Windows7のファイル転送の詳細画面にて。

こっちがハブ変更前「8.96MB/秒 = 72Mbps」
DVD転送


で、こっちがハブ変更後「8.96MB/秒 = 72Mbps」
DVD転送


あれ?全然変わらないんだけども!?

もしかして・・・・・私は肝心な部分の確認を忘れておりました、そうメディアプレーヤー「PAV-MP2YT(デジ像)」にのネットワーク規格です。最近発売したんだからもちろん対応だろうと思い込んでいましたが、おそるおそるHPで調べてみると・・。

ネットワーク規格:10BASE-T/100BASE-TX(RJ-45)x1

なんと、デジ像がギガネットワークに対応していないんです、なんとも残念。

と言うことは家庭内ネットワークがどうのこうのと言う話では無く、そもそも「デジ像は高速でのデータ転送が出来ない」仕様だったんです。

あ〜、なんと言うことだ、がっくりです。

一応、友人にアドバイスを受けてこんなのも購入しておいたんだけども、全部無意味でした。
LAN5eアダプタ



ちなみに、デジ像のUSB規格は2.0で、USBの規格と速度は以下の通り
USB2.0 ・・・・ 最大データ転送速度は480Mbps
USB3.0 ・・・・ 最大データ転送速度は5Gbps
USB2.0で有っても、そのせいでネットワーク速度が引きずられることは無さそうですが。