巷では話題に上らないようだが、私にとってはかなり衝撃的なニュースだった。

中華調味料「味覇」、「プロの味」は守れるのか 3月末で製造委託メーカーと契約解消、新出発

この「味覇」に出会ったのは10年ほど前だったろうか?それからは中華料理を作る際には、どうしても無くては成らない調味料で、常備している。
blog_import_50892f17dede6


例えば「味覇」に少々のごま油、オイスターソース、醤油を足すとラーメンスープの出来上がり。
餃子の餡を作る際も「味覇」を入れてやると一気にお店の味。
チャーハンだって、「味覇」と塩、胡椒。

八宝菜、かに玉、その他中華料理なんでも使う。こんなに愛して止まない「味覇」がなにやら一大事のようだ。

どうやら「販売元(廣記商行)」と「製造元(創味食品)」のトラブルで

「味覇」の出荷が3/30で終了してしまった


こりゃぁ一大事だ!と思ったが大丈夫、製造元の創味食品も同一商品を販売しているようだ。
その名も「創味シャンタンDX」

10091735_543648b8a6d7f

しかも味覇より安い、そりゃそうだよな、製造元だもん。とりあえず注文してみた。

ちなみに、「廣記商行」も他のメーカーで製造して「味覇」の販売を続けるようだ。
しかし「創味食品」側は「味覇」のレシピを公開していない様なので、味は同じ物が出来るのかもしれないが、結局は類似品と言うことになる。



まあ、それよりも、これまた我が家で和食を作る際の愛用調味料「創味のつゆ」を作っているメーカーと「味覇」を作っていたメーカーが同じだったとは驚きだ。我が家は、和食でも中華料理でも「創味食品」にはかなりお世話になっている事になる。
41jY04usqqL