実はGWの初日の朝マヅメにアジの偵察に行っていたんだけども全然釣れなかった。うんともすんとも言わず、釣れたのはイナダがサビキに掛かってきたのみ。
それで、こんどは夕マヅメだと言うことで出かけてきた。

現場に到着したのは16時。コマセ買うときにお店で「アジ釣りたいんだけど湾内か突堤か?」と訪ねたら帰ってきた答えは「突堤の方が多少釣れるんじゃないか」と。
そう、釣れていないと言うことらしいです。この店は正直にそう答えてくれます。
それでもハイシーズンのはずだからちょっとは釣れるだろう、と期待して入りました。
P1010072


しかし、投げても投げてもウキは無言のまま小一時間、気がつくと無くなっているウキにあわせを入れてやると底へ底への強烈な引き、これは黒鯛の引きです。しかし敢えなくラインブレークで残念。

その後も何の反応も無いままさらに2時間後だったろうか、先にバラしたのと同様の強烈な引き。今度は慎重に約50cmの黒鯛をランディングに成功。


結局その後もサイズダウンした黒鯛と30cm位のコノシロを釣って20時にゲームオーバー。この後はさらに用事があるんです。

上越の釣り座を片付けて車を走らせ到着したのは富山県の某所。そう、今年最後のホタルイカ掬いにやって参りました。
P1010073

だがここでも思わしくありません。22時頃到着して、結局25時頃まで粘ったのですが、出会えたホタルイカはわずかに3尾、悲しすぎます。

それでも今日の釣果は結果だけ見ればすばらしい物なんですが、なんとも納得できない釣りでした。
P1010076


<本日の釣果>

黒鯛(44cm〜53cm) ・・・ 2尾
コノシロ(30cm) ・・・ 1尾
ホタルイカ ・・・ 3尾