我が家にはキャンピングカー登録をしてあるグランドハイエースが有る。

ただ、最近は夫婦共に軽自動車を通勤に利用しているので盆・暮・正月・GW他の遠出するときにしか利用しなくなってきてる。
とはいえ、レンタカーで良いかというと田舎の不便さも有って自家用を持ち続けている方がやはり具合が良い。

さて、毎年春になると自動車税のシーズンです。さすがに車が3台も有ると自動車税だ、重量税だ、車検、保険だとこの春の時期に何十万と出費がかさむ事になる。

その中でも「自動車税」の金額で気になる事が有った。

確か、昨年までのグランドハイエースの税金は38,500円だったと思われるが、今年はなぜだか、53,200円と1万以上値上がったような気がする。

十数年ほど前にキャンピングカーの自動車税が2万円程度(一般車の2割程度)から一気に増やされた記憶も
新しいけど、今度はさらに増えているというか、ここ日本は10年ちょっとでどんだけインフレーションしたのかという、爆増っぷり。

さて、何か起こったのか調べてみると「グリーン化税制」が効いてきているらしい。

簡潔に言うと環境に優しい(新しい)車は優遇され、環境に悪い(年式が古い)車は重税にするとう物。
じゃあ結局、「グリーン化税制」は何かって言うと、環境保護対策という名目のもと、自動車作業会に対しての経済対策という話だ。

「日本経済回復のため、古い車はさっさと乗り捨てて新しい車を購入してね」

という訳だ。

まだ調べてないので、詳しい金額は分かんないけどいずれにせよ、我々田舎の車持ちが経済対策の食い物にされているという訳なんだ。

この頃は、本気のレジャー専用のハイエース、数日/年しか乗らないのに、維持費だけが重くのしかかってくる。