これまで考察を重ねてきた「キャリアガラケー+MVNOスマホ」 を 「SIM2枚差しスマホ1台」で運用する件をついに実験の段階まで来た。

前回、「FOMA契約のSIMのみでドコモクラウドの利用開始する方法」が解ったんで、早速実験

前提条件
・FOMA契約のSIM(SIM-Aとする)を準備
・SIM-Aはパケット定額制に未加入(定額制ならこんな苦労する必要も無い)
・SIM-Aをspモード(iモード契約可) に契約変更する(無料)
・FOMA契約のSIM-Aが利用可能なスマホ(A)が有る(私が利用したのはP-01D)
・iPhone偽装できるブラウザを(A)にインストールしてある
・ドコモIDを取得してる
・wifiが利用出来る環境

こんかいの作業を行うのに、「ここ」を大いに参考させて貰った。

ただ、私が作業したときはいくらか違う部分もあったが、簡単に手順を説明しよう。

(1)スマホ(A)をwifi接続で「dメニューお客様サポート」を開く

(2)iPhone偽装すると「ドコモアプリダウンロード」が「プロファイル設定」と変わる
Androidから見た場合
01-1


iPhoneに偽装してから見た場合
05-1-1

 ※ドコモアプリがiPhoneに対応していない為、こんな抜け道が存在すると思われる

(3)wifiを切断してSIM-Aでspモード接続して「プロファイル設定」を進める。(パケット料金発生)

(4)ドコモIDを入力後、「ドコモメール」の利用設定きが終了したら再びwifi接続に切り替えて終了

(5)以下の様にドコモクラウドでWebメールが出来ればOK

PCでドコモメールを利用中画面

ドコモメール


出来たよ!


あとはこのIMAP公開されたドコモメールをGmailで送受信出来売れば完璧です。
ちなみに、その際の設定情報を覚え書き

ユーザー名 :  docomo ID(メールアドレスで無いので注意)
パスワード : docomo ID のパスワード
メールアドレス :  ドコモメールアドレス (@docomo.ne.jp)
IMAP サーバ :  imap.spmode.ne.jp:ポート993 (SSL/TLS)
SMTP サーバ :  smtp.spmode.ne.jp:ポート465 (SSL/TLS、要ログイン)

この設定でGmailを利用してspモードで契約した「*****@docomo.ne.jp」のアドレス宛のメールを送受信することが出来た為、ここまでようやく実験終了。

大手通信事業者のやりたい放題、情報弱者を自身の都合の良い契約内容へのミスリードなどに負けず、必要なものだけ契約しましょう。ちょっと工夫すると出来ます。

ちなみにここも大事なところですが、SIMカードの契約変更で「spモード(iモード契約可) 」とした場合、iモードのメールアドレス(現在利用中)に加えて、新たにspモード用のアドレスが交付され、2つ目の*****@docomo.ne.jpアドレスが使える為、こちらのアドレスを使い、この様な実験が出来るんです。

この後、本気でガラケーを利用しない(あるいはiモードメールは利用しない)判断付いたところで、iモードのアドレスとspモードのアドレスを入れ替える事によって本格運用が始まるという仕組み。

なので、現在の私はこれまで通りのアドレスをガラケーで今まで通りに通話とiモードを利用して、さらにspモードの2つ目のアドレスを使ってドコモクラウドを利用出来る状態。


ちなみに、「ドコモクラウド」初期設定に発生したパケットが気になったんで、おそるおそるドコモマイページで確認してみると当月は「10,538パケット」先月分が「539パケット」なので手続きに発生したパケットはおよそ10,000パケットと思われる。

では、一体幾ら掛かったの?

パケホーダイダブルの契約は4,650パケットまでは370円の定額制で、以降は0.08円/パケットなので、
( 10,000 - 4,650 ) * 0.08  = 約430円

まあ、放題天井の5,700円も覚悟したのを考えると、思ったより高くなかったけど、ちょっとした手続きでも500円近くも掛かるパケット代、恐ろしいです。
注意しなきゃ。


さて、最後は実践編と行きたいが、さてどうするか・・・・?