畑の野菜も終盤を迎えている。キュウリは殆ど終わってしまったし、スイカも完熟してる。そろそろ畑も草ぼーぼーです。

で、グリーンカーテンに鈴なりにのゴーヤを処分を兼ねて料理してみた。

IMG_20150822_161140

ゴーヤ炒めばかりでは能が無いので、おひたしを作るための下処理をしてみた。
調べてみると塩と砂糖を適量混ぜて揉み込みしばらく放置後、10行くらい湯通しするとうまく苦みが抑えられるというのでやってみた。

IMG_20150822_161156


忘れてしまったが、今年は何種類かゴーヤを植えたんだがその中に白いゴーヤがあったらしい。せっかくなので味の違いを見るためにそれぞれ、同じように下処理をしてみた。

緑のゴーヤ:いつものゴーヤの味で食感も良い感じ

白のゴーヤ:苦みは薄く、味も薄い、水っぽい感じ

ただ、ゆで加減とか切り方、また水にさらす時間とかも適当なので素材のせいでない可能性もある。


で、本題はこの後。

ここ数年、知り合いから加工用トマトを分けて貰ってトマトソース(というか、トマトの水煮)を瓶詰を作ってるんだ。今年もコンテナ一杯入った20kgのトマトを加工用に調理する為、キッチンに運んで、シンク上に乗せようと反動を付けた瞬間!!


「ピキッ!○△□××△□・・・」

ことしもやってしまいました、「ぎっくり腰」。

幸い症状は軽く(と思っていた)、当日はトマトの水煮は作りをそのままやり終えたのですが、結局それが祟ってか翌日は起きられずに会社を休み療養です。

本当に最近は年1回/年でやってます、夏前後なんだよね〜色々と遊びに体力が付いていかないのかなぁ?

と言うことで、一句

そこで一句


もう、昔は出来ていたから今も同じようにすることは無理なんです、頭の中のイメージを崩さないことにはまた同じ事を繰り返します。

IMG_20150822_164520
でも、トマト煮は一年分出来ましたぜよ。