金曜に、「 デジモノステーション2月号」にSIMカードが付録に付いたと言う記事をネットで目にする。

「ほう、最近は無料のSIMカードが付録に付くのかぁ」
でも、こういった物には必ず何処かに落とし穴があるんだよな〜と感心しながら記事をよく読んでみるとこんな感じ。

・ 初期手数料無料
・ データ通信料金
 〜 499MB :0円
 500MB 〜 :100円/100M(MAX 1600円)
・ 速度制限:なし(ただし5GBまで)
・ NTTドコモ 4G LTE(下り最大225Mbps)
※3ヶ月の無通信で自動解約

ん ・・・ これって、データ通信料が少ない人(端末)ならば無料で運用出来るんじゃ無いのか?
なんだかラッキーな発見の様な気がして、会社帰りに本屋へ寄ってとりあえず一冊購入。

IMG_20151225_220519


付録のSIMは
IMG_20151225_220550


条件も
IMG_20151225_220720


確かにこれなら500M/月以下で有れば無用で運用可能だ。

ということで早速手続き。
500Mを越えたら通信料が発生するのでクレジットカードの登録が必要。そりゃそうだ、プリペイド型と違うんだからな、個人情報を登録するのは当たり前。

現在、私の持っているスマホが3G回線のみなので、上記仕様にLTE回線と書いてあるので縛られていないか?少々心配だったが、無事に開通成功。

ただ、3Gのせいなのか、速度はたったの200KByte/sec程度しか出ないが、我が家で最安のSIMカードの誕生。

このまま、このサービスが永続されるのであれば、私の使い方ならば、メインのスマホもこのカードで問題無さそうだ。

まだ今後、SIMカードは必要になることは間違いないので翌土曜日、再び本屋の開店時間に出かけ、さらに+2冊を追加購入しておきました。
ああ、ちなみに雑誌代は620円です

このSIMカードの契約内容はデータを多く使う人もあまり使わない人にも納得出来るサービスかと、個人的には思うんで、今後はこういった形態のサービスが一般的になるのかもしれないね。

どうやら「0sim by so-net」で同じ物を販売するっぽい。

しばらく様子を見て500円/月のDTIは解約するかな。