最近のニュースで日本通信が「SkyGateway」サービスを開始するという。
調べてみると、2011年頃からそんな話しは出ていたようで、知らなかったのは私だけだった。

「SkyGateway」って何だろう?というとは簡単に言うと
「自宅固定電話をスマホに転送する機能」を言うらしい。
しかも受けるだけでは無く、スマホを利用して固定電話から発信も出来るという、サービスのようだ。

じゃあ、そんな事をどうやって実現するのかというとどうやら光電話と固定電話の間に専用のルーターを一台接続する事によって機能を実現するらしい。

skygateway


何故か何処の記事にも詳しい説明が無いので、図から想像してみる。

おそらく光電話が必須で、光電話の光ルーターのと固定電話との間に屋内側に「SkyGateway」っていう機械を取り付けて固定電話への発信受信を制御するという事によって成り立っているサービスのようだ。

ただ、気になるのが図を見る限りでは「日本通信データセンター」内のIP-PBXを通過しないと通話の変換がされない仕組みの様子。
個人的に技術的要素を推測するならば屋内に設置した「SkyGateway」っていう「機械のみ」でスマホとリンクさせた固定電話番号での発信も受信も出来そうだが・・・・

これは、使用料金が取られる仕組みだね。

この機能使えばガラケー(通話)とスマホ(通信)の2台持ちの私はますます使い勝手が良くなる、
データ通信専用だったスマホの方で固定電話が使えるようになるもんね。

そうなれば便利そうだけど、値段によって使わせてもらおうかな。