淡水のワカサギだけではなく、海水での釣りも異変が起きているらしい。

ネットの情報を見てみるといつもはGW頃〜始まるサワラ祭りやアジ祭りだが、なにやら最近の海でも釣られている様子。と言うことでこの金曜の午後、別件で会社を休んだので、とりあえず海へ出かけてきた。

何も考えず、調べずに出かけてしまったが、思った以上に風が強く、海もうねりが強かった。
当初は外海の突堤への釣行を試みていたが、堤防の上まで波が被っており断念、仕方が無いので港内の釣り場へ。
IMG_20160401_175337

16時頃到着、外海程では無いが港内も波は高く、とにかく風が強い。
思った以上の悪天候で、人もあまり居ないので期待せずにウキを投入するも、やはりというか、ウンともスンとも言わず1時間ほど。

両隣にも釣り人がきているが同じく沈黙がしばらく続いた後、多少薄暗くなってきた頃に一発目のウキが沈んだ。

「やった、来た!」

抜き上げてみると25cm位のボチボチなサイズのアジ。GW頃のピーク時の30cmオーバーサイズに比べると、多少小さいが、久しぶりのアジを興奮気味に釣り上げる。

その後、ちょうど一時間くらい、コンスタントに釣り上がる、その間、隣の人たちにはさっぱり当たりが来なく、私の所へ相談に来た。

実は、隣の人のウキがおかしな動きをしているので「海底に仕掛けが到着しちゃってるよな」と思いつつも知らんぷりを決めていたが、聞きに来たので棚が違うことを教えてあげた。

その後はポツポツと釣り上げていた様子だが、手返しも悪く釣果は芳しく無いと思われる。

ちょうど一時間くらいの時合いの中、何故かバラしが多く、あまり釣果は上がらなかったが、非常に短期間で効果的な釣りが出来たと思う。

IMG_20160401_213306


18:30を過ぎた当たりからは西風が止んで海も穏やかになってきた。それと同時にアジもさっぱり当たり無し。この後の予定もあったんで、19時頃にはあっさりと納竿。


で、この後は食事をすませ、富山県のいつもの場所へホタルイカ漁へ向かった。


急ぐ旅でも無かったんで、下道でのんびり移動して、21:30頃の到着。

ここでもうねりは強く、時折堤防を越えた波が来る。これはちょっとまずい。一度海を見に行くが、ホタルイカの着岸がほとんど無い様子。
仕方ないので、海の見える場所にある車へ戻りしばらく眺めていると、大波で投光器を流される人が続出している。発電機を水没させて壊れたと思われる人々も数人見かけた。

こりゃダメかと思いつつも、車のポジションは絶好の場所なのでTVを見つつしばらく待った。


・・・ 23:30頃、もうダメかなと思いつつも、今日の月の出が0:58なのでそれまでは待ってみようと海の様子を見に行ったその瞬間、

「ザップ〜〜ン!!」

と大波に足元をやられ、持って行ったバッテリー&投光器セットもビッシ濡れ。密閉型のバッテリーに防水仕様の投光器なので多少の水濡れは問題ないと思いつつも心配するが、なんとか無事に投光する。

長靴を忘れた私は靴の中まで水没、水しぶきで尻まで濡れている。ちくしょー、このままではタダの「水濡れ損じゃないか!」と、思い、多少の覚悟を決めて観察していると12時頃から海の様子が変わってきた。

相変わらず波は強くうねっているが、時折ホタルイカの小さな群れがやって来るようになった。これから時合いが来るか!!と言うことでようやく私も車へタモを取りに行き、海へ繰り出す。

その後、「大沸き」はしないものの、コンスタントにやって来るホタルイカを救いつつ、小一時間が経過した頃、これまでに無い大波で、荷物の全てを流される。幸いにも注意していたホタルイカの入ったバケツは死守できたが、これで集中力がぷっつり切れた為、まだホタルイカはやってきている様子だが、ここで納竿(網)とする。

<本日の釣果>

アジ   ・・・ 12尾(23cm〜27cm)
ホタルイカ ・・・ 約3kg

ちなみにこの日の海は以下の通り
干潮 3:54
月出 0:58
天気 曇り
波高 うねり有 
月齢 23