今年の潮干狩りは何処へ行こうかずいぶんと悩みました。
なにせHP上の噂を見てみると「不漁」「捕れない」という内容がとても多かったからです。

さらに今年も長野からみんなを連れてくるので、捕れなかったら皆大変。

ということで、吟味に吟味を重ねた結果、ギリギリに決めたのが衣崎海岸となりました。
少なくとも「捕れる人は捕っている」らしいです。なんとかなるでしょう。

当日、私は豊田市からの出発ですが、意外に23号線が混むので家を6時45分頃とちょっと早めに出かけました。すると道はスイスイで、8時前に現地到着。
駐車場には車もまばらだったので、私の車を含め数台の駐車場を確保。皆の車を並べて停めることが出来ました。

到着ビールや昼ご飯などを食べつつ、待って、気がつくと10時頃には結構な人が海へ出ていました。なので私達もそろそろ海へ出漁。

途中経過は省くけど、終わってみればいつもの大漁です。

私の家族3人で50kg〜60kg位の収穫だったでしょうか?
一家族ででこれだけ持ち帰るとさすがに漁業規定違反なのですが、我々団体の皆で収穫したアサリは 人数 x 収穫可能量には遠く及ばないと思います。
なので、我が家の収穫の多くを初心者の家族へそれぞれお裾分けの終了。

皆楽しんでもらえたと思います。

11-05-05_01

こんな感じで衣装ケースなどを総動員して砂抜き。

11-05-05_02
また写真の撮り忘れ。

帰りには皆と一緒に「スーパー銭湯ふろ屋」へ寄ってから豊田へ一足先に帰宅。

皆はこのまま長野までのロングドライブ、気をつけてください。



ところで、アサリの収穫方法の最大のポイント
アサリは足で探します
アサリの少ない所では掘り続けてもなかなか居ないし、小さいのが要るところには、小さいアサリしか居ないことが多いです。なので、小さいのがポツポツ有るからと要ってポツポツ採り続けていると2時間経っても、小さいアサリで規定収穫量の網一杯になるのがやっとです。

まともに2時間も潮干狩りをすると酷く疲れるので、ある程度効率よく仕事をしないと、疲労で帰りに事故してしまいます。

居るところには居ると思いますので、「アサリプール」を探しましょう。
特に、初心者を連れてきてその家族の分も採る必要がある場合などは大漁を目指して足で稼いでください。

では。

備忘録として
・ソリは沖からのアサリの持ち帰りに必須

5/7:衣崎海岸
出発:6:40
到着:8:00
干潮:12:13
現地発:15:00