話しは前後してしまうが、こないだの潮干狩りの帰省の際、高速道路を走っていると「諏訪」という文字が見えたため、反射的に高速のジャンクションを諏訪方面に曲がっていた。

そう、もちろん諏訪大社に建てられたという御柱を見にいくためだ。
ちょうどこの日は5/6で、昨晩のTVで散々やってた
「建御祭が行われました」
というニュース。

7年(実質6年)に一度のお祭りだし、次は見に来る気分になるか、今のタイミングを逃したらこの雰囲気を味わうことは一生無いかも、と思ったら勝手に車を走らせていた。

とはいうものの、ニュースは小耳に挟んだだけだし、御柱祭を見にいくのは初めてで、何がどうなっているのか見当も付かない。とりあえず、建てる(た)柱は何本か有って、「なんとか宮」って所には一番太い御柱があると言うんでとりあえず、自動車のナビで適当に調べるとあります。

「諏訪大社 (秋宮)・・・が。

と、いうことで、岡谷インターを過ぎ、諏訪ICを降りて諏訪大社下社へ向かう。
意外と車も空いており、簡単に駐車できた。
(祭りがあったのは昨日だから、さすがに翌日は空いてるな〜)なんて思いながら鳥居に向かう。
IMG_20160506_105055

おお、荘厳な鳥居だ。

しかしこっちを探しても、あっちを探してもあれだけテレビで放送していた柱が存在する気配すら見えません。あんだけ大きいんだからどこからでも見えそうな物なのに、おっかしいなぁ〜〜〜

ということで、お守りを頂ける巫女さんに聞いてみると

下社の建て柱は5/16ですよ。

・・・???と。

さらに、「昨日のニュースで柱建ったのやってたよ」と聞いてみると、

昨日(5/5)の建て柱が行われたのは上社です。

と、私もここでようやく気がつきました。諏訪大社には上社下社とそれぞれに2社のお宮がある事が。

ここで、私が知らなかった大事な要点を整理してみましょう。

(1) 諏訪大社は上社の「宮前」「本宮」と下社の「春宮」「秋宮」と四つの境内から成り立っている。
   (さらに、上社下社は直線で10km以上離れたところにある。)

(2) その4の境内をそれぞれ取り囲む様に4本の御柱が建てられている。
   (4 x 4 = 16本の御柱があるという事)

(3) 上社下社で御柱祭の日程も異なる。

と言うことである。
これらのことを全く知らずに来た為この様な勘違いをしてしまった。ただ、下社をお参りしてこのまま帰るわけには行かない。といおうことで上社の場所を探してみるとなんと諏訪インターの脇ではないか。1時間ほど前に降りたインターである。

諏訪大社


仕方ないので、そのまま諏訪インターへ向かい、なんとか空きのあった駐車場へ車を停め、本宮に向かう。

下社とは雰囲気が違う、昨日の祭りの片付けをしているのか氏子と思わしく人々が大勢後片付けをしている。
IMG_20160506_113507


おお、やっとたどり着いた下社は本宮、向こうの方に御柱が見えるでは無いか。・・・と近づいてゆくと、神主さんの様な人を先頭に説を作りなにやら神事が執り行われてなわれている。
さらに下社には居なかったテレビのクルーたちもあちこちで待機していた。まだ何かあるのかな?
IMG_20160506_114209

昨日の建て御柱で終わりというわけでもないんだな〜と思いつつ、本殿を見てみる。

此方も何らやら神事が・・・。
IMG_20160506_114631


とりあえず、私達がみた御柱は本宮の「一の御柱」という物のようだが、これを16本、全部拝むとなると丸一日で足りるかどうか?
3c6ff2477392983a4c649d4d1a3608cb


私達には実家に帰るという目的があったんでとりあえず一本の御柱を見たことで満足して旅路を進めました。