最近(と言っても〜2年内)みた海外ドラマ
その5になって、最近見ているドラマになります。

・その5:「秘密情報部トーチウッド」

img_1


・ストーリー

「ドクター・フー」というタイムトラベルドラマのスピンオフ作品。
主人公「ジャック・ハークネス」はドクター・フーの元コンパニオン。彼率いる「トーチウッド」は世の中の謎事件を担当する秘密組織が毎回解決する様々な事件の様子が描かれたSF・ミステリー作品

・SF&ミステリー
・ストーリーの連続性は基本的に無し。
・シーズン1〜4

初めて見たBBCの番組だ。
私は英語が話せるわけでは無いが、こうして吹き替え版を見てみるとハリウッド映画とかで出てくる、いわゆる「イギリス訛り」が良くわかる。
イギリス英語ってのはアメリカ英語と違ってひとつの単語をはっきりと発音するような感じか?

特に、「I can't」の発音が気になって仕方が無い。

私達が習ったのは「アイ、キャント 〜」

しかし、ドラマ中だと「アイ、カント 〜」

てな感じで、最初はなにかふざけるのかと思った。アメリカ映画で「おまえ、イギリス人だな」なんていうのが良くわかった気がした。


さて、ドラマだが、まず設定が普通で無い。
まず、主人公の「ジャックハークネス」はゲイだし、それよりもとても気になったのがヒロインと思わしき人物の「すきっ歯」。
ハリウッド映画だと考えられないような人選だろう、見ていてそればかり気になってしょうがない。

LowCostドラマだから仕方なくギャラが安い女優を使っていたんだろうと思っていたが、次に紹介する同じくBBCドラマ「ドクター・フー」でも「あれ?」「アレ?」という様なヒロインが抜擢されているのを見ると何らかイギリスの慣例なんだと気がつく。

ドラマのヒロインの彼女たちを美人とみるのか?個性的とみるのか?あるいはちょっぴり不細工なのか、設定が全く解らないが、これがイギリスBBCなのだろう。

本編ドラマ「ドクター・フー」を見る前に此方を見てしまったが、特に問題無し。ドクターとは一体何なのか?という期待が膨らみつつ、ドラマを楽しめる。

ラブシーンや、グロテスクなシーンが結構多い大人向けのドラマなのだが、見ていてもそんなに不快感は無い。

家族で見るべきドラマじゃ無いが、これもオススメだ。