結局私のモバイル環境は現在どんなに成っているかというと

「通話専用ケータイ(docomo)」 + 「通信専用スマホ(MVNO)」の2台での運用中。
そもそも、なんで2台必要なのかと言うことのおさらい。

docomoの携帯とメールを利用していて、機種変更時、スマホでも良いかぁ、と思ったが、思った以上に料金が高額だと気がつく。

私がネットを必要とするときに利用する環境として、会社でも家でも常時PCが使える環境なのでスマホで調べ毎をしたり音楽聴いたり動画を見たりすることは殆ど無い。

ということはスマホにすると必然的に発生する月々の6,000円程の通信料は殆ど無駄にされることとなる。なんとももったいない話しだ。

とはいえ、いざというときにスマホの気軽さや瞬発力には魅力を感じている。なんとかして安くスマホを利用出来ないかと言うことの結論が「2台持ち」だ。

そんな中、相次いで画期的なスマホが発売されたらしい。

Xiaomi Mi 5

ASUS ZenFone3


言い方は色々あるかと思われるが、「デュアルアクティブ」という機能を持ったスマホ。簡単に言うと
2枚のSIMカードを同時に待受が可能になる機能だ。これまでも「デュアルSIM」という呼び名のスマホはあったがアレは「2枚のSIMを切換式で運用できる」という物。私が利用しているスマホ(fleaz F4)もこのパターンだ。


具体的に「デュアルアクティブ」なスマホで出来ることはこんな感じだろう。

キャリア(docomo)のSIMを通話専用で利用し、同時にMVNOの格安SIMでデータ通信する。
これはドコモで言うところの「カケホーダイ(2,700円)」を利用しながら、0円SIMを利用出来るという訳だ。

メールだけなら0円SIMの500M制限で余裕なのでキャリア通話し放題でメールもネットも出来るスマホが2,700円/月で持てるという事になる。スマホでの通信に重要性を感じない私の様な人には朗報だ


また、どうしてもキャリアメールを維持したいと言う人はあと300円を支払ってキャリアメールを維持し、送受信はMVNOで行えばそれも可能だ。
※ただ、MVNOでキャリアメールの送受信を行うには面倒な準備と設定が必要となる。


大きな問題として、日本国内では正式な認可が下りていないんだとか。
ただ、外国人旅行者が持ち込んだスマホはどうするんだ?とかが厳しく規制できない分野なので、絶対に使えないと言うことでもない様だが、現時点では並行輸入したスマホをこっそりと使うしか無い状態。

今後の動向が気になるところだ。