デュアルスタンバイ「DSDS」なスマホを購入(使用感)モノタロウって何?

2016年11月03日

そろそろ年末。

年末と言えば、年越しそば。

と言うことで、そろそろ私も本気でそばを打とうと思い、そばの道具を追加した。それは「鍋」

我が家にある一番大きな(たくさん水の入る)鍋はジオのパスタポットで寸胴の形をした6.7L
B74919pb01_44113H

パスタやうどんを茹でるにはこれで十分(というか専用の鍋)なんだが、これで生そばを茹でると、対流が足らないのか、茹で方が悪いのか。打ち方が悪いのかは不明だけど、そば同士がくっついてしまってきちんと茹でられない。

というので、とりあえず大きく、開口部が広い鍋を探した。
パスタポットは開口が21cmと狭く、一度沈んだそばがくっついてしまうのだと思うんで、30cmはある鍋を探した。

とあるメーカーはIH対応、アルミ製の31cm。内部がテフロン加工されている鍋があったりしたが、ずっと使うことを考えるとやはりオールステンレスと言うことで見つけたのが、金物の里、新潟で作られた鍋。
30cm 9.6Lとちょっとばかり小さい気もするが、IHは結局15cmの部分しか暖めることは出来ないんで
余り大きくても関係ないかなと。

IMG_20161101_220318


これで、年末の年越しそば茹でられるかな?



djebel125 at 22:08│Comments(0)TrackBack(0)作る&食べる | 徒然

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
デュアルスタンバイ「DSDS」なスマホを購入(使用感)モノタロウって何?