今秋は仕事に家の事情にと慌ただしく一回も釣りに出てない。

せっかく今年から直江津に有料釣り場が出来て、並んでお金を支払えば絶好の釣り場が確保できるという、休みを適当に取る事が出来る人にはとっても有りがたいんだけど、出来なかった。

なので、一段落付いたこの週末、出かけてきた話。

今年出来たばっかなので、様子が分からない。昨年の試験運用から数えると3回ほど出かけているが、未だメジャーで無く、客もそんなに居なかったんで結構楽しい釣りが出来た。
しかし、その後の噂を聞くと、週末に場所を確保するには「先日の夕方から並ばないと先端付近は無理っ!」とか、遅くとも「深夜の12時頃〜並ばないと入場制限になる」等、なにやら怪しい噂を耳にした。

シーズンも終盤だし、寒いし、なんとかなるだろう!と、釣り場に到着したのは深夜の3時頃。

釣り場に近づく海沿いを走ってるとなにやら車がたくさん路駐されており、何を釣っているんだろう?とか思いながら駐車場入り口を探すと、なんと!

釣人の路駐と思っていたのが全部ハッピー待ちの行列だった」

道路に止まって(泊まって?)いる分を数えてみると約40台、平均1.5人くらい乗っているとすると60人か、結構居るなあ、と思いつつ、今日は並んででも有料で釣るつもりで居たので、列に並んで仮眠。快適なベッドを作ってこなかったんで、寝心地悪いが、仕方ない。

・・・・


窓をノックする音で目覚めると前の車が進んでる。時間を見ると4:30だ。

4時頃にゲートが開いて受付を始めるという話しも有ったんだけど、その通りで、先着の20台には優先的に入場できるカードが渡されるらしい。

その他は車の並び順は関係なく、受け付けてからの人間が並んだ順で入場できます。

ということで、受付後も6:15の開場まで約1.5時間、並んで待つしか無い。う〜ん、思った以上に待つ時間が長い。読書をしながら待つが、動かないと寒い。


さて、日も昇り予定の時間になり開場。何番目になったんだろうか?100人位は自分の前に居るような気がする、オロオロしていた隙に抜かされたか!


それでも、左に折れ曲がった堤防を超え、先端から30M位の場所で、堤防の内側を確保。これが今日の最大のミスだった。

よく見れば内側には人は少ない、みんな一段高い堤防外を陣取っているではないか!しかし私の経験が邪魔をした。過去の釣行では外側で釣れなく、結局場所を移動した「内側で釣果が出た」という実績だ。

そのせいで、まだ入れた堤防外側を敢えて外してしまったんだ。


結果は散々、結局11時頃まで粘ったが私の釣果は20cm〜25cmの中アジが4尾のみ。
しかし、私の直ぐ後ろで釣っている人たちは、もれなく皆10尾〜30尾くらいのアジを釣っていた。「棚はどうしてるんだ?」という様な、素人と思われる人も、「コマセないけど釣れちゃった!」なんて言っている始末。「イナダ釣れないけど、外道のアジで遊ぶわ!!」なんて聞こえてくる

しまいには弓なりの竿を持ってる人と、タモを入れるのを手伝う隣人。見てみるとサビキに掛かった60〜70cmのイナダ。もうイナダじゃ無い、立派な「ワラサ」だ!


マジで
「すみません、場所替わってくれませんか?」
と言いたい私。
言っても替わってくれるわけも無いし、そんなこと言えるわけも無い。


結局、「そのうちにこっちにもアジが回ってくるはず」と期待をしながら釣りを強行するが、結局11時には納竿。
もう少し待てば釣りに満足した人達が帰り出すと思うので、場所取りも出来そうだが、眠気もあり、何より心が折れてしまったた私には無理。

IMG_20161113_064731


そのまま帰宅。



<本日の釣果>

アジ   ・・・ 4尾(21cm〜25cm)