「ダッシュボタンって何!?」
と必ず聞きたくなる、ある意味「耳慣れた」言葉であるが、「意味の分からない」言葉である。

私もちょうど記事を目にして調べてみた。

また例のごとく「Amazon」のサービスである。

箇条書きで説明すると、こんな感じ。

(1) 「商品名のボタン」を自宅に設置
(2) ボタンを押す
(3) Amazonに注文完了
(4) 翌日届く

つまるところ、「IoT」の基本的な奴ですね。

「IoT」(Internet of Things)という「モノ」と「インターネット」が結合されたサービスです。日本では12/5発売されたばかりですね。

これは日用品とかに便利なのは一目瞭然、早速購入、500円/ボタンなり。
しかし、よく説明を見てみると「初回の購入で500円の割引します」と、なんとこのサービスも無料です。

Amazonのサービスは私みたいな人の購買欲を非常に上手に突いてきており、確実にAmazonという、底の見えない沼に足を突っ込みかけています。
というか、年間アマゾン経由で何十万もお金を動かしているのだからもう、完全に飛び込んでいます。

それはさておき、早速購入。

IMG_20161206_184136
まず、食洗機用の洗剤「JOY」とトイレットペーパー「エリエール」

うん、これを設定してみると解るのだが、「エリエール」とうボタン一つで設定により「BOXティシュ」「トイレットロール」「ウエットティシュ」などアイテムを設定できる。

私は「BOXティシュ」と「トイレットロール」が欲しかったのだが、一つのボタンに設定できるのは一つの製品だけだ。とりあえず「トイレットロール」を設定してテプラでシールを作って貼り付けておいた。

IMG_20161206_192734


これで、イチイチ私が日用品の在庫を調べて買い物や注文しなくとも、家族が勝手に注文「ダッシュボタン」してくれるので忘れることが無い。

便利そうだが、少々商品のラインナップが足りない。「ドッグフード」や「アルコール」他に調味料なんかも充実するとさらに快適になりそう。



一応仕組みを書いておくと、こんな感じ。

小さいながらBluetoothとWifiの機能を持ち、設定はスマホとBluetoothで行い、実際の注文はWifi経由で直接Amazonへの注文を行っている様子だ。

なので、Wifiとスマホが必須である様子。