またAmazonドライブのお話。

自宅のインターネット環境はもちろん光で、速度も「70Mbps〜90Mbps」とそれなり?に出ていたので特に不満は無かった。

しかし、このAmazonドライブを運用し始めてから数ギガ単位のファイルを頻繁にネット上へのアップロードをし始めると遅い!!と感じてしまいます。

すべて、BNR スピードテストでの結果なのだが、上記「70Mbps〜90Mbps」は下りの速度で有って、上りの速度は「10Mbps〜20Mbps」しか出ていない。

しかも、先述したようにアマゾン側でもセッション辺りの速度規制が掛かっているらしく、思ったほどに速度が出ていないことが判明した。

試しにAmazonドライブへの転送速度をフリーソフトのTCPモニターで計測してみると、一番速度が出ているであろう深夜で

----- トラフィックログ取得日時 2016/**/** 03:02:46 -----
キャプチャ時間 1日 11時間 10分 02秒
平均送信速度 8.964 Mbps
平均受信速度 16.301 Mbps
瞬間送信速度 6.471 Mbps
瞬間受信速度 6.621 Mbps
最大送信速度 8.218 Mbps
最大受信速度 8.450 Mbps
----------------------------------------------------


この速度で、計算上、100Gbyte/Day弱であるが、ここへ様々のオーバーヘッドがあり、エラーもあったりで実質は60G/Dayが良いところだ。


前置きが長くなったが、詰まるところ光回線の契約を「フレッツ光」→「フレッツ光ギガ」へと変更したというわけ。
するとどうだろう?混み合っていると思われる朝の時間帯で

----- トラフィックログ取得日時 2016/**/** 08:48:35 -----
キャプチャ時間 0時間 30分 00秒
平均送信速度 78.082 Mbps
平均受信速度 169.585 Mbps
瞬間送信速度 50.405 Mbps
瞬間受信速度 194.453 Mbps
最大送信速度 85.598 Mbps
最大受信速度 207.507 Mbps
----------------------------------------------------


な、なんと
10倍!!

今日から速度変更なので、トータルでどれほどデータが転送できるかは明日にならないと解らないが、単純計算で600G/Dayもアップロードできることになる。

その半分でも出ればあと、2〜3日で全ての転送が終わることになるんだけどな。

たのしみだ。