実家でお袋が一人暮らしをしており、まだ元気なのだが、イヤ、元気だからこそ、調子に乗って転んだり階段を踏み外したりして動けなくなったりしたら何日も気がつかないことも考えられる。

かといって、「元気か?」の電話を毎日するわけにもいかない。
そうなってくると、何らかの「無意識の連絡」を取りたいという事になる。

高齢化が進むこの世の中、大手のメーカーなどもその辺りは良く知っており、こんなサービスが出てる。
象印のみまもりホットライン

テレビCMでもやってるけど、「ポットを利用すると遠隔地の家族にメールが送信される」という感じの機能なんだけど、これがまさに「IoT」だね。

もちろんタダで提供されるはずも無く、これは有償のサービスで3,000円/月と結構な値段になる。

正直、普及するとは思えない金額。
サーバーアプリを置いて動かしているだけなのに、ちょっと取りすぎだと思う。世界のIoT事情を知っていればなおさらだろう。
個人向け「IoT」の先駆けである「IFTTT」や「myThings」はタダでサービスの提供をしているし、最近のアップルなんかは「HomeKit」で既に多くの「スマートホーム」での家電のコントールを始めている。

これを見ただけで、日本はかなりの出遅れをしている感があるが、仕方が無い法律で外出先からの電源オンもできないのだから。


さて、私はどう解決しようかと思ったんだけど、実家にはインターネット環境が無い。

まずはそこからだ。