きちんと設定できたかに見えた「WemoSwitch」まだ問題は多かった。

WemoSwitchはファームウエアのアップデート機能がある。
初期設定が終わると早速Wemoアプリへ通知が出てくるので出来るのでアップデートを行ってみると、10分位経過しいただろうか?「アップデートが無事に終了しました」と表示されるので、アプリもSwitchも共に再起動して見るが、何時間経っても繋がらないではないか!

「きっとこの辺りの不具合が今回のアップデートでファームウエアが更新されたんだろうな。」と思うことにして、再度セットアップ開始

※「WemoSwitch」の設定リセット方法は物理的にボタンがあるのでそれを押しながら電源へ差し込み5秒ほど待つとWifiマークのLEDがオレンジに点滅してリセット完了と設定の準備が整ったと言うことの様だ。

で、再度、全ての設定を行うと、再びファームウエアのアップデート通知が来ているので、「ファームウエアの更新は一回で終わらないんだ、めんどくさいな」と思いつつ再度リセット&初期設定。

・・・・という事を4度ほど繰り返したところで「ファームウエアの更新が終わっていないんじゃ?」と疑いを持つようになりました。
実際Wemoアプリにはファームウエアのバージョンを確認出来る場所があり、そこのバージョンはずっと替わっていないのは知っていた。
BlogPaint

何かのバグでそのうちにバージョン情報も更新されると思っていたが、そうではなく
バージョンアップは正常に終了していないのでは無いか?
という疑念が確信に変わった。

さあ、困った。
このままファームのバージョンが古いまま、更新通知が有る状態で使い続けても良いのだが、各種不具合が解消されているだろうし、IoTはセキュリティ問題も気になるので、今後もバージョンアップしない(出来ない)ままにしてしまうのはよろしくない。

で、気がついた。いくら、ファームウエアのバージョンアップとはいえ、10分以上掛かるのはオカシイのでは無いか?酷い時は20分後くらいに「終わりました」メッセージが出たときもあった。

もしや、時間帯によっては激遅い「0-SIM」での通信でトラブルが出て正常にアップデートが終了していない可能性も有るのでは無いか?

ということで、通信設定を実環境で利用予定の「WM340」ではなく、一旦自宅のフレッツ光のWifiに接続する設定を行ってみた。もちろんWemoSwitchリセットからの初期設定を行う必要がある。

するとどうだろう、バージョンアップは無事に完了したではないか!!バージョン情報もきちんと更新されている。

この後、再度WemoSwitchをリセットしネットワークを「WM340」に接続し直した際に、「もしかしたらファームウエアも元に戻ってしまうのでは無いか?」という懸念もあったが、無事、ファームウエアは最新のママだったので一安心。


・・・と、安心していたが、翌日再び繋がっていないことに気がついた・・・・・続く