なんとか、ファームウエアのアップデートは無事出来たのだが、WemoアプリからWemoSwitchが見つからない現象が止まらない。

ファームの更新をする前から時折繋がらなくなってしまうのは有ったが、更新後も結局見えなくなってしまう。しかし、WemoSwitchの電源を抜き差しするとそのうちに何故か繋がったりするので、「何かファームのバグだろう」と思っていたのだが、こうなってくると何らかの原因があるようだ。


これまで、十数回も繰り返している「WemoSwitchの初期化」だが、実はWemoアプリも一旦アンインストールしないと何かの設定情報がアプリ側に残るらしく、きちんと設定できない為、毎回アンインストール&インストールを繰り返して居る。

さらに試行錯誤しながら初期化&初期設定を繰り返したが解決せず。

そんなときにGoogle先生に言われて見つけたのがこのサイト
MPP App Suite
どうやらWemo向けにアプリを作成している人のサイトらしい。
この「Wemoが見つけられない場合はこうします」という文章の一部を訳してみると以下の通り


(1)1つのチャンネルに滞在するために、あなたのWiFiを設定してください-「オートチャンネル」を使用不可にしてください
(2)どの特殊文字なしでWIFIパスワードを使わないでください(手紙と数だけ)
マルチキャストを可能にしてください-wemo発見プロトコルはマルチキャストに基づきます。
(3)あなたのキー更新を1時間(3600)に設定してください。 これは、ルータwifiに周期的に再接続することをwemosに強制します。
(4)120へのあなたのTCPタイムアウト、およびUDPタイムアウトを、 これが、wemosが非常に多くの接続を使い果たすことを防止することを手助けする30s.に設定してください。
(5)それらが発見されるまで、ネットワークの同じ部分にあなたの電話およびWemoの接続を保証してください:


この情報をみていて、気がついたことがある。

じつは、Wemoアプリでスマホからは繋がらないにもかかわらず、「IFTTT」(後述予定)で作ったトリガーでのメールは送信されてくる、ということは?
WemoSwitch自身はネットには続しているが、Wemoアプリから見えていない事になる。


では、何故見えないのかというと「IPアドレスが変わってしまうと見られないのでは無いか?」という疑問になる。その為、WemoSwitchのIPアドレスを固定する方法が無いかを調べた所、ここで「WM340」が思った以上に出来る奴だったことが判明する。
MACアドレスを元に、静的IPアドレスを振ることが出来た。
Qキャプチャ


これと、一応Wifiパスワードも「英数字」のみにしてみた所、無事想定通りのIPが振られ、Wemoアプリからも見失う事は無くなった。

ようやく、これで運用できるかな?

ああ〜長かったが、まだ繋がっただけ。本来の目的の「実家のお袋のみまもり」という目的が果たされていない。

また後日

※後で解ったのだが、ルーター「WM340」では「UpnP」を無効にしてあるんだが、これを有効にするとWemoアプリから見えなくなったりはしないのかな?・・・これは検証してない。