このGW一度くらいは釣りに行きたい。
と言うことで、一番混んでいないだろうと、天気予報が雨である日に狙いを定めて大アジを求めに出かけた。

現場に着いたのが16時頃。有料釣り場は閉鎖で、人気突堤も人が一杯ということだったが、港内の端っこに釣り座を確保できた。
6043998758569

早速、仕掛けを投げ入れるがうんともすんとも言わない、針に付けたオキアミすら無くならないような状態がそのまま18時頃、真っ暗になった頃、隣のアジ釣りの仕掛けにアジが掛かる。
10cmそこそこの小ぶりだがアジは居るようだ、よし、期待しよう。

しかし、次ぎにアジが掛かるのも隣の竿、さらに次ぎも・・・・無いやらオカシイ。恥を忍んで棚を聞いてみたが何故か掛からない、そのままオキアミが戻ってくる始末。

「一体どうなっているんだ!」

どう棚を変えても、隣人そばに投げても、遠くに投げても、近くに投げても釣れず、久しぶりに焦った。
結局小一時間ほど試行錯誤したが、こうなれば最終手段。
もしかしてと言うことで、3本バリのカゴ釣り仕掛けを廃棄し、7本バリのLongサビキにチェンジ!!

すると不思議なことに、直ぐにアジが掛かる。確かにサイズは小さいが直ぐに釣れた・・・が時既に遅し。
その後、21時頃まで粘ったが結局全然釣れず、小さなアジを3尾のみ持ち帰る事になってしまった。

意気消沈も腹が減った。この時間ではやっている店も限られてくるその時に思い出したのが、信濃町にある「そば処ふじさと」。

当然ながら、そば屋としては営業しているわけでは無く、目的は自販機。
この店はいわゆる昭和レトロ自販機が現役で置いてある、日本でも数少ない場所の一ヶ所だったんだ。

以前から知ってはいたが、なかなか食べに来る機会も無く(ただ、忘れていただけ)ようやく食べることが出来る。

まずは、30年以上も経過する古い機械なので、現在きちんと動作しているか解らない。
到着してみると有りました。なんだか懐かしい自動販売機。
IMG_20170506_223852


電灯が灯っているから、動作しているんでしょう。
早速購入します、うどんも有りましたが、ここはそば屋さんなのでやはり、「250円のそば」を選択。100円を入れても直ぐもどっせきてしまうコイン投入口に苦労しながらも、なんとか購入で来た。

IMG_20170506_223942


取り出し口からなにやら湯が垂れてくる。後で調べて見ると湯切りしたお湯が垂れているらしいが、経年劣化の生だろうか?
そんなんで、おもむろに取り出し口に鎮座した発砲の器。少々取り出しりだし辛いのを引っ張り出してみた、見かけは普通だ。
IMG_20170506_224028

さすがそば屋さんが仕込んだタネだからか、もちろん「手打ちそば」というカテゴリーで見てしまえば劣ってしまうが、「立ち食いかけそば」というカテゴリーからするとかなり美味い。

オススメです、また来ようっと。